中北千枝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかきた ちえこ
中北 千枝子
中北 千枝子
本名 田中 千枝子
たなか ちえこ
生年月日 1926年5月21日
没年月日 2005年9月13日(満79歳没)
出生地 日本の旗 日本・東京
死没地 日本の旗 日本東京都渋谷区
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1944年 - 1986年?
配偶者 田中友幸
主な作品
素晴らしき日曜日
『醉いどれ天使』で飯田蝶子(左)と

中北 千枝子(なかきた ちえこ、1926年5月21日 - 2005年9月13日)は、女優。夫は東宝のプロデューサーだった田中友幸

来歴・人物[編集]

日本映画学校 (戦前)卒業後1944年、東宝に入社。同年、『日常の戦ひ』でデビュー。1947年、『素晴らしき日曜日』(黒澤明監督)で夢と厳しい現実に行きつ戻りつする貧しい恋人同士を主演した他、『わが愛は山の彼方に』(豊田四郎監督)では準主役で東北の寒村の診療所で池部良扮する妻帯者である医師に献身的に尽くし個人的な愛と職業倫理感との葛藤に苦悶する看護婦役を演じる。その後『めし』、『浮雲』、『流れる』などの成瀬巳喜男監督作品にも出演するなど、主に名脇役として活躍。

1969年から1986年まで出演した日本生命のCM『ニッセイのおばちゃん』としても親しまれた。また、2009年頃より家庭教師のトライのCMに、かつてゲスト出演した刑事ドラマ『特捜最前線』の映像が使用されたものが複数バージョン放映されている。 2005年9月13日、急性心筋梗塞のため東京都渋谷区の自宅で死去。79歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]