この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

安藤サクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あんどう サクラ
安藤 サクラ
本名 柄本 さくら
生年月日 1986年2月18日(30歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2007年 -
配偶者 柄本佑(2012年 - )[1]
著名な家族 犬養毅(曽祖父)
犬養健(祖父)
緒方貞子(再従姉妹)
奥田瑛二(父)
安藤和津(母)
安藤桃子(姉)
事務所 ユマニテ
公式サイト 所属事務所プロフィール
主な作品
映画
愛のむきだし
ケンタとジュンとカヨちゃんの国
かぞくのくに
0.5ミリ
百円の恋

安藤 サクラ(あんどう サクラ、1986年2月18日 - )は、日本女優。結婚前の本名は、安藤 さくら(あんどう さくら)。

東京都出身。鈍牛倶楽部を経てユマニテ所属。学習院女子大学国際文化交流学部卒業。夫は俳優の柄本佑[1]

来歴・人物

父親は俳優の奥田瑛二、母親はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督の安藤桃子。映画デビューとなった『風の外側』には両親が出演しているほか、姉・桃子も助監督として参加している[2]2012年3月、俳優の柄本佑と結婚[1]

5歳の時に父の舞台を見て女優になろうと決意するが、芸能一家という周りの声が気になり小学2年生のときにその夢を一旦封印。学生時代にアルバイトなどの経験を積んだ後に高校生の時に女優の道へ進む[3]

2011年1月、第84回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞した。

2013年1月、映画『かぞくのくに』の演技が高く評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。また同賞で助演女優賞を受賞。主演女優賞、助演女優賞のダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めての快挙[4]

2014年12月、《キネマ旬報》日本映画の男優、女優ベスト10(映画雑誌「キネマ旬報」創刊95周年記念)の女優第8位に選出された[5]

2016年3月4日に行われた第39回日本アカデミー賞にて、2014年に主演した『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞した。

2016年4月スタートの『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)で連続ドラマ初ヒロイン役を務める予定[6]

エピソード

  • 義弟の柄本時生とは、NHK連続テレビ小説『おひさま』で夫婦役を演じていた。

出演

映画

テレビドラマ

舞台

ドキュメンタリー

CM

配信

  • WEBドラマ「MAKE THE LAST WISH」(2008年)
  • LISMOオリジナルドラマ「恋ばな〜スイカと絆創膏〜」(2009年)
  • NTTドコモ スマートフォン動画「東京モナムール」(2011年)
  • Miu Miuショートフィルムプロジェクト・女性たちの物語「SEED」(2016年) - 主演[9]

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “柄本佑&安藤サクラ、2世婚!大型芸能一家誕生”. サンケイスポーツ. (2012年3月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120317/mar12031705060001-n1.html 2012年5月14日閲覧。 
  2. ^ スポーツ報知web 2007年8月13日
  3. ^ 2度目の「ブルーリボン」 安藤サクラの“特異性”に絶賛の声 日刊ゲンダイ日刊ゲンダイ、2015年2月28日参照
  4. ^ 読売新聞 2013年1月11日、2013年1月11日参照。
  5. ^ キネマ旬報社 お知らせ 創刊95周年記念『オールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100』発売&ランキング発表! 2014年12月11日
  6. ^ 安藤サクラ、連ドラ初ヒロイン!クドカン脚本に「ワクワクです」スポニチアネックス、2016年3月9日参照
  7. ^ 2009年7/8から8/31までyahoo動画にて公開、2009年10月COREDO乃木坂(TALK&Live)にて上映,第35回湯布院映画祭、山形国際ムービーフェスティバル2009、お蔵出し映画祭2011にて上映
  8. ^ 安藤サクラ、連ドラ初ヒロインに! 宮藤官九郎脚本「ゆとりですがなにか」”. シネマカフェ (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  9. ^ 河瀬直美×安藤サクラ×サカナクション、ショートフィルム「SEED」公開”. 映画ナタリー (2016年2月17日). 2016年2月18日閲覧。

外部リンク