水原ゆう紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みずはら ゆうき
水原 ゆう紀
生年月日 (1953-08-30) 1953年8月30日(65歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府箕面市
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ

水原 ゆう紀(みずはら ゆうき、本名:小畠英子[1]1953年8月30日 - )は、大阪府箕面市出身[1]女優、元歌手占星術師である。宝塚歌劇団56期生。妹は女優の水原明泉

来歴・人物[編集]

聖母被昇天学院高等学校を卒業後、宝塚歌劇団に入団(芸名:畠 亜里紗(はた ありさ))する。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ[2]で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は70人中63位[2]1971年3月8日[2]月組配属。同年4月29日[2]をもって退団。その後、掲載された週刊誌のグラビアが自主制作映画出身の高林陽一監督の目に留まり、高林監督の秘蔵っ子として『本陣殺人事件』、『金閣寺』に出演[1]。その後も清純派女優としてテレビドラマや映画で活躍した。

1979年日活ロマンポルノ天使のはらわた 赤い教室』に出演。教育実習生時代に不良生徒たちから輪姦されたことをきっかけに性の地獄に転落していく女・名美を演じて大胆なヌードを披露し、それまでの清純派のイメージをかなぐり捨てた体当たりの演技で、第一回ヨコハマ映画祭の主演女優賞を獲得した[1]

それ以降も、谷崎潤一郎の『痴人の愛』を題材とした『ナオミ』や『赤いスキャンダル 情事』などでヌードとなった他、オリジナルビデオやヌード写真集などでも活躍した。現在も女優活動は続けているものの、占星術師を本業としている。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ番組[編集]

写真集[編集]

音楽活動[編集]

シングルレコード[編集]

  • 風色の部屋 / ブルース通り角の店(エキスプレス、1975年4月)
  • 恋のラストチャンス / 私が家を捨てる朝(エキスプレス、1975年11月)
  • O嬢の物語 / 幸せを写そう(エキスプレス、1976年)
  • 揺れながら、愛 / Please, call me again(ポリドール、1981年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年6月27日号 p.36
  2. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、80-81頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]