第29回東京国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第29回東京国際映画祭
オープニング マダム・フローレンス! 夢見るふたり
クロージング 聖の青春
会場 日本の旗 日本 東京都港区六本木
六本木ヒルズ
EX THEATER ROPPONGI
創設 1985年
主催者 公益財団法人ユニジャパン
(第29回東京国際映画祭実行委員会)[1]
期間 2016年10月25日 - 11月3日
ウェブサイト http://2016.tiff-jp.net/ja/

第29回東京国際映画祭(だい29かい とうきょう こくさい えいがさい)は、2016年10月25日)から11月3日)の10日間に開催された東京国際映画祭

概要[編集]

第29回東京国際映画祭は、2016年4月15日から7月8日の間にコンペティション部門の作品エントリーを受け付けた[2]。応募総数は1502本だった[3]

5月12日、アニメーション特集として『映画監督 細田守の世界』が、Japan Now部門内で『監督特集 岩井俊二』が行われることが発表される[4]

Cast & Crew from "Itazurana Kiss THE MOVIE in High School" at Opening Ceremony of the Tokyo International Film Festival 2016 (32799786254).jpg

8月23日、オープニング作品に『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』、クロージング作品に『聖の青春』が決定したことが発表された[5][6]

クラシック部門では『歌舞伎座スペシャルナイト』の開催も発表された[6]

新部門として3歳から小学生を対象にした『TIFFチルドレン』、中高生を主人公や主題にした作品を集める『TIFFティーンズ』の設立が発表され、10月31日に東京国際フォーラムでアニメソングのイベント『TIFFアニ!!』の開催も発表された[6]

9月21日には、インドネシア映画の特集として「国際交流基金アジアセンターpresents『CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア』」が発表された[7]

9月26日にラインナップ発表会が行われ、全ラインナップとコンペティション部門の審査員が発表された[8]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
7分間 7 Minutes
7 MINUTI
ミケーレ・プラチド イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
天才バレエダンサーの皮肉な運命 After You're Gone
Posle tebya
アンナ・マティソン ロシアの旗 ロシア
誕生のゆくえ Being Born
Be Donya Amadann
モーセン・アブドルワハブ  イラン
ビッグ・ビッグ・ワールド Big Big World
Koca Dünya
レハ・エルデム トルコの旗 トルコ
ブルーム・オヴ・イエスタディ The Bloom of Yesterday
Die Blumen von Gestern
クリス・クラウス ドイツの旗 ドイツ
 オーストリア
ダイ・ビューティフル Die Beautiful ジュン・ロブレス・ラナ フィリピンの旗 フィリピン
フィクサー The Fixer
Fixeur
アドリアン・シタル  ルーマニア
フランスの旗 フランス
アズミ・ハルコは行方不明 Japanese Girls Never Die 松居大悟 日本の旗 日本
ミスター・ノー・プロブレム Mr. No Problem
(不成问题的问题)
メイ・フォン 中華人民共和国の旗 中国
パリ、ピガール広場 Paris Prestige
Les Derniers Parisiens
モハメド・ブロクバ (アメ)
エクエ・ラビティ (エクエ)
フランスの旗 フランス
私に構わないで Quit Staring at My Plate
Ne gledaj mi u pijat
ハナ・ユシッチ クロアチアの旗 クロアチア
 デンマーク
サーミ・ブラッド Sami Blood
Sameblod
アマンダ・ケンネル  スウェーデン
 デンマーク
 ノルウェー
シェッド・スキン・パパ Shed Skin Papa
(脫皮爸爸)
ロイ・シートウ 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
空の沈黙 The Silence of the Sky
Era el Cielo
マルコ・ドゥトラ ブラジルの旗 ブラジル
雪女 Snow Woman 杉野希妃 日本の旗 日本
浮き草たち Tramps アダム・レオン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アジアの未来[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
バードショット Birdshot
Birdshot
ミカイル・レッド フィリピンの旗 フィリピン
カタールの旗 カタール
ケチュンばあちゃん Canola
(계춘할망)
チャン 大韓民国の旗 韓国
エヴァ EVA ハイム・タバックマン イスラエルの旗 イスラエル
I America I America アイヴァン・アンドリュー・パヤワル フィリピンの旗 フィリピン
ブルカの中の口紅 Lipstick Under My Burkha
Lipstick Waale Sapne
アランクリター・シュリーワースタウ インドの旗 インド
底辺から走り出せ Nirvana
(走出塵埃)
シエ・シャオドン 中華人民共和国の旗 中国
四十年 Ode to Time
(四十年)
ホウ・チーラン  台湾 ドキュメンタリー映画
サラワク Salawaku プリタギタ・アリアヌガラ  インドネシア
八月 The Summer Is Gone
(八月)
チャン・ダーレイ 中華人民共和国の旗 中国
雨にゆれる女 A WOMAN WAVERING IN THE RAIN 半野喜弘 日本の旗 日本

日本映画スプラッシュ[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題 監督 製作国 備考
14の夜 14 That Night 足立紳 日本の旗 日本
At the terrace テラスにて At the terrace 山内ケンジ
かぞくへ Going the Distance 春本雄二郎
島々清しゃ Sound of Waves 新藤風
退屈な日々にさようならを Same Old, Same Old 今泉力哉
太陽を掴め Grab the Sun 中村祐太郎
ハローグッバイ Hello, Goodbye 菊地健雄
プールサイドマン POOLSIDEMAN 渡辺紘文

日本映画スプラッシュ・場外乱闘編[編集]

以下の3作品は、コンペティション外作品として上演。

上映題
(劇場公開題・DVD題)
監督 製作国 備考
俺たち文化系プロレスDDT マッスル坂井
松江哲明
日本の旗 日本
星くず兄弟の新たな伝説 手塚眞
変態だ 安齋肇

特別招待作品[編集]

日本の主要映画興行会社で映画館上映が決まった映画作品を上映。

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
マダム・フローレンス! 夢見るふたり Florence Foster Jenkins スティーヴン・フリアーズ イギリスの旗 イギリス オープニング作品
聖の青春 Satoshi: A Move for Tomorrow 森義隆 日本の旗 日本 クロージング作品
いきなり先生になったボクが彼女に恋をした My Korean Teacher 朝原雄三 日本の旗 日本
イタズラなKiss THE MOVIE itazurana Kiss THE MOVIE in High School 溝口稔 日本の旗 日本
この世界の片隅に In This Corner of the World 片渕須直 日本の旗 日本 劇場アニメ
ネオン・デーモン The Neon Demon ニコラス・ウィンディング・レフン フランスの旗 フランス
 デンマーク
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種まく旅人〜夢のつぎ木〜 The Sowing Traveller 3 佐々部清 日本の旗 日本
バース・オブ・ネイション The Birth of a Nation ネイト・パーカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マイ・ベスト・フレンド Miss You Already キャサリン・ハードウィック イギリスの旗 イギリス
ミュージアム Museum 大友啓史 日本の旗 日本
メッセージ Arrival ドゥニ・ヴィルヌーヴ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

特別上映[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
五日物語-3つの王国と3人の女- Tale of Tales マッテオ・ガローネ イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
GANTZ:O GANTZ:O さとうけいいち(総監督)
川村泰
日本の旗 日本 劇場アニメ。
英語吹替版での上映。
黒い牡牛英語版 The Brave One アービング・ラッパー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年の映画。
ダルトン・トランボ脚本。
スター・チャンネル協賛。
CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章 CYBORG009 CALL OF JUSTICE Chapter1 柿本広大 日本の旗 日本 劇場アニメ。
SACRED〜いのちへの讃歌 SACRED トーマス・レノン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
大唐玄奘 Xuan Zang
(大唐玄奘)
フォ・ジェンチイ 中華人民共和国の旗 中国
ヒッチコック/トリュフォー HITCHCOCK/TRUFFAUT ケント・ジョーンズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
ドキュメンタリー映画。
乱鶯 Stray Nightingale いのうえひでのり 日本の旗 日本 ゲキ×シネシリーズ。
笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ Two Journalists: One Century 河邑厚徳 日本の旗 日本 ドキュメンタリー映画。
うつくしいひと The Gift of Memory 行定勲 日本の旗 日本

ワールド・フォーカス[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
アクエリアス Aquarius クレベール・メンドンサ・フィリオ ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
名誉市民 The Distinguished Citizen
El Ciudadano Ilustre
ガストン・ドゥプラット
マリアノ・コーン
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
フロム・ノーウェア From Nowhere マシュー・ニュートン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
グローリー Glory
Slava
クリスティナ・グロゼヴァ
ペタル・ヴァルチャノフ
 ブルガリア
ギリシャの旗 ギリシャ
オリ・マキの人生で最も幸せな日 The Happiest Day in the Life of Olli Mäki
Hymyilevä Mies
ユホ・クオスマネン  フィンランド
ドイツの旗 ドイツ
 スウェーデン
ヘヴン・ウィル・ウェイト Heaven Will Wait
Le ciel attendra
マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール フランスの旗 フランス
ネヴァー・エヴァー Never Ever
À jamais
ブノワ・ジャコ フランスの旗 フランス
ポルトガルの旗 ポルトガル
ノクトラマ/夜行少年たち Nocturama ベルトラン・ボネロ フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
 ベルギー
鳥類学者 The Ornithologist
O Ornitólogo
ジョアン・ペドロ・ロドリゲス ポルトガルの旗 ポルトガル
フランスの旗 フランス
ブラジルの旗 ブラジル
サファリ Safari
Auf Safari
ウルリヒ・ザイドル  オーストリア
ドイツの旗 ドイツ
シエラネバダ Sieranevada クリスティ・プイユ  ルーマニア
フランスの旗 フランス
ザ・ティーチャー The Teacher
Ucitelka
ヤン・フジェベイク スロバキアの旗 スロバキア
 チェコ
見習い Apprentice ブー・ユンファン シンガポールの旗 シンガポール
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
香港の旗 香港
カタールの旗 カタール
クラッシュ Clash
Eshtebak
モハメド・ディアーブ  エジプト
ダイアモンド・アイランド Diamond Island デイヴィ・シュー カンボジアの旗 カンボジア
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
タイ王国の旗 タイ
カタールの旗 カタール
ファイナル・ラウンド Final Round
Irudhi Suttru
スダー・コーングラー インドの旗 インド
ゴッドスピード Godspeed
(一路順風)
チョン・モンホン  台湾
痛ましき謎への子守唄 A Lullaby to the Sorrowful Mystery
Hele sa Hiwagang Hapis
ラヴ・ディアス フィリピンの旗 フィリピン
メコン大作戦 Operation Mekong
(湄公河行動)
ダンテ・ラム 香港の旗 香港
中華人民共和国の旗 中国
あなた自身とあなたのこと Yourself and Yours
(당신 자신과 당신의 것)
ホン・サンス 大韓民国の旗 韓国
キアロスタミとの76分15秒 76 Minutes and 15 Seconds with Abbas Kiarostami
76 Daghigheh va 15 Sanieh ba Abbas Kiarostam
セイフラー・サマディアン  イラン アッバス・キアロスタミ監督追悼として上映。
Take Me Home Take Me Home アッバス・キアロスタミ
牯嶺街少年殺人事件 A BRIGHTER SUMMER DAY
(牯嶺街少年殺人事件)
エドワード・ヤン  台湾 ディスカバー亜州電影として、デジタルリマスター版で上映。

CROSSCUT ASIA[編集]

国際交流基金アジアセンター presents 「CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア
上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
Cado Cado 〜研修医のトホホ日記 Cado Cado: Doctor 101
Catatan Dodol Calon Dokter
イファ・イスファンシャー  インドネシア
Emma' マザー Emma' (Mother)
Athirah
リリ・リザ
三人姉妹 Three Sassy Sisters
Ini Kisah Tiga Dara
ニア・ディナタ 1956年公開のインドネシア映画のリブート版。
フィクション。 Fiction.
Fiksi.
モーリー・スリヤ
珈琲哲學-恋と人生の味わい方-(仮題) Filosofi Kopi アンガ・ドゥイマス・サソンコ
ディアナを見つめて Following Diana
Sendiri Diana Sendiri
カミラ・アンディニ 2作併映。
舟の上、だれかの妻、だれかの夫 Someone's Wife in the Boat of Someone's Husband エドウィン 
ラブリー・マン Lovely Man テディ・スリアアトマジャ
タクシードライバー日誌 Something in the Way
アバウト・ア・ウーマン About A Woman
外出禁止令のあとで After the Curfew
Lewat Djam Malam
ウスマル・イスマイル ディスカバー亜州電影としてデジタル・リストア版での上映。

Japan Now[編集]

日本語題 英語題
(原題)
監督 製作国 備考
怒り RAGE 李相日 日本の旗 日本
君の名は。 your name. 新海誠 劇場アニメ
少女 NIGHT'S TIGHTROPE 三島有紀子
シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 庵野秀明
ダゲレオタイプの女 Daguerreotype
LE SECRET DE LA CHAMBRE NOIRE
黒沢清 フランスの旗 フランス
 ベルギー
日本の旗 日本
だれかの木琴 Somebody's Xylophone 東陽一 日本の旗 日本
団地 The Projects 阪本順治
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ TOO YOUNG TO DIE! 宮藤官九郎
淵に立つ HARMONIUM 深田晃司 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
湯を沸かすほどの熱い愛 Her Love Boils Bathwater 中野量太 日本の旗 日本
ハッピーアワー HAPPY HOUR 濱口竜介 317分・深夜上映
途中2回のインターミッション付き

監督特集 岩井俊二[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? Fireworks, Should We See it from the Side or the Bottom? 岩井俊二 日本の旗 日本
Love Letter Love Letter
スワロウテイル Swallowtail Butterfly
ヴァンパイア VAMPIRE
リップヴァンウィンクルの花嫁 A Bride for Rip Van Winkle

日本映画クラシックス[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
雨月物語 UGETSU 溝口健二 日本の旗 日本 4Kデジタル復元版で上映。
浮雲 he Floating Cloud 成瀬巳喜男 4Kデジタルリマスター版で上映。
キングコング対ゴジラ KING KONG VS. GODZILLA 本多猪四郎 4Kデジタルリマスター版で上映。
復活の日 VIRUS 深作欣二 4Kデジタル修復版で上映。
里見八犬伝 The Legend of Eight Samurai 4Kデジタル修復版で上映。
忠臣蔵 デジタル最長版 Chûshingura 池田富保

ユース[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
フロッキング Flocking
(Flocken )
ベアータ・ゴーデーレル スウェーデンの旗 スウェーデン
リトル・メン Little Men アイラ・サックス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 第66回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 上映作品
第42回ドーヴィルアメリカ映画祭 最高賞 受賞作品
アメリカから来たモーリス Morris from America チャド・ハーティガン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
第32回サンダンス映画祭 脚本賞 受賞作品
第32回サンダンス映画祭 審査員特別賞(演技賞) 受賞作品

歌舞伎座スペシャルナイト[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
忠臣蔵 デジタル最長版 Chûshingura 池田富保 日本の旗 日本 尾上菊之助による舞踊「鷺娘」つき[6]
「忠臣蔵 デジタル最長版」は片岡一郎が弁士を務める[9]
「血煙高田の馬場」は古舘伊知郎が弁士を務める[9]
血煙高田の馬場 伊藤大輔

アニメーション特集「映画監督 細田守の世界」[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
バケモノの子 The Boy and the Beast 細田守 日本の旗 日本
おおかみこどもの雨と雪 Wolf Children
サマーウォーズ SUMMER WARS
時をかける少女 The Girl Who Leapt Through Time
プロフェッショナル 仕事の流儀 - - NHK総合で放送されたドキュメンタリー番組
バケモノの子』の製作に密着した回(2015年8月3日放送)を上映
抽選の上、無料上映。
作家性の萌芽 1999-2003 (細田守監督短編集)
劇場版 デジモンアドベンチャー 細田守 日本の旗 日本
劇場版 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 
おジャ魔女どれみドッカ〜ン! テレビアニメ
第40話を上映
明日のナージャ テレビアニメ
オープニングとエンディングを上映
村上隆作品
SUPERFLAT MONOGRAM
ルイ・ヴィトン村上隆のコラボレーションの一環として製作された作品
村上隆作品
The Creatures From Planet 66 〜Roppongi Hills Story〜
六本木ヒルズのプロモーション用として製作された作品
細田守監督×堤大介監督 スペシャルトーク&『ダム・キーパー』『MOOM』上映
ダム・キーパー The Dam Keeper 堤大介 トークスペシャルイベントで上映
MOOM Moom

野外上映 Cinema Arena[編集]

六本木ヒルズアリーナにて無料上映。

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
キングスグレイブ ファイナルファンタジー15 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 野末武志 日本の旗 日本 3Dアニメーション映像作品
英語版(日本語字幕)の上映
アメイジング・スパイダーマン2 The Amazing Spider-Man 2 マーク・ウェブ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 英語版(日本語字幕)の上映
オデッセイ The Martian リドリー・スコット 英語版(日本語字幕)の上映
オブリビオン Oblivion ジョセフ・コシンスキー 英語版(日本語字幕)の上映
スター・トレック Star Trek J・J・エイブラムス 英語版(日本語字幕)の上映
愛と青春の旅だち An Officer and a Gentleman テイラー・ハックフォード 英語版(日本語字幕)の上映
ゴーストバスターズ Ghostbusters アイヴァン・ライトマン 英語版(日本語字幕)の上映
スタンド・バイ・ミー Stand by Me ロブ・ライナー 英語版(日本語字幕)の上映
トップガン Top Gun トニー・スコット 英語版(日本語字幕)の上映
フラッシュダンス Flashdance エイドリアン・ライン 英語版(日本語字幕)の上映

共催/提携企画[編集]

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015」作品上映[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
話す犬を、放す Good bye Talking Dog 熊谷まどか 日本の旗 日本 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016オープニング作品

みなと上映会[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
暗くなるまでこの恋を Mississippi Mermaid
La Sirène du Mississipi
フランソワ・トリュフォー フランスの旗 フランス
サイコ Psycho アルフレッド・ヒッチコック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

第13回文化庁映画週間[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
氷の花火 山口小夜子 Frozen Fireworks〜The legendary Japanese model Sayoko Yamaguchi〜 松本貴子 日本の旗 日本 文化記録映画大賞作品
招待制での上映
さとにきたらええやん Welcome to SATO 重江良樹 文化記録映画優秀賞作品
招待制での上映
ふたりの桃源郷 To End Our Days On The Mountain 佐々木聰 文化記録映画優秀賞作品
招待制での上映

日本映画監督協会新人賞 受賞作品上映[編集]

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
トイレのピエタ 松永大司 日本の旗 日本 2015年6月6日に日本で劇場公開
日本映画監督協会との提携企画
第56回日本映画監督協会新人賞受賞作品
上映終了後にシンポジウムあり

WOWOW映画工房 連動企画[編集]

「WOWOW映画工房×ジャパンプレミア feat. スター・ウォーズ in 東京国際映画祭」のタイトルで、「スター・ウォーズ」に関連した日本劇場未公開作品のオールナイト上映と、WOWOW映画工房に出演している斎藤工板谷由夏中井圭のトークショーが行われる。

日本語題 英語題 監督 製作国 備考
アイ・アム・ユア・ファーザー I AM YOUR FATHER トニ・ベスタルド
マルコス・カボタ
スペインの旗 スペイン 2015年公開
ダース・ベイダーのスーツアクターであるデヴィッド・プラウズの出演作
あなたのママになるために フリオ・メデム スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
2015年公開
スティーヴとロブのグルメトリップ マイケル・ウィンターボトム イギリスの旗 イギリス 2010年公開

その他[編集]

  • 第6回日本学生映画祭
  • アニメーション特別企画 TIFFアニ!!
  • MPA/DHUフィルムワークショップ
  • ウルトラマンシリーズ放送開始50年 特別企画:脚本家 金城哲夫

受賞結果[編集]

コンペティション
  • 東京グランプリ/ 東京都知事賞:『ブルーム・オヴ・イエスタディ』(監督:クリス・クラウス)[10]
  • 審査員特別賞: 『サーミ・ブラッド』(監督:アマンダ・ケンネル)[10]
  • 最優秀監督賞: ハナ・ユシッチ(『私に構わないで』)[10]
  • 最優秀女優賞: レーネ=セシリア・スパルロク(『サーミ・ブラッド』)[10]
  • 最優秀男優賞: パオロ・バレステロス(『ダイ・ビューティフル』)[10]
  • 最優秀芸術貢献賞:『ミスター・ノー・プロブレム』(監督:メイ・フォン)[10]
  • 観客賞:『ダイ・ビューティフル』(監督:ジュン・ロブレス・ラナ)[10]
  • WOWOW賞:『ブルーム・オヴ・イエスタディ』(監督:クリス・クラウス)[10]
アジアの未来
  • 最優秀アジア映画賞:『バードショット』(監督:ミカイル・レッド)[10]
  • 国際交流基金アジアセンター特別賞:アランクリター・シュリーワースタウ(『ブルカの中の口紅』)[10]
日本映画スプラッシュ
  • 日本映画スプラッシュ作品賞:『プールサイドマン』(監督:渡辺紘文)[10]
“SAMURAI(サムライ)”賞
“ARIGATŌ(ありがとう)”賞
APNアワード 2016

審査員[編集]

コンペティション[編集]

イメージキャラクター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第29回東京国際映画祭 | 開催概要”. 第29回東京国際映画祭実行委員会. 2016年9月27日閲覧。
  2. ^ “【受付終了しました】第29回東京国際映画祭 コンペティション部門作品エントリー開始!! 【募集期間:4月15日(金)~7月8日(金)】”. 第29回東京国際映画祭公式サイト. (2016年7月9日). http://2016.tiff-jp.net/news/ja/?p=34646 2016年9月27日閲覧。 
  3. ^ “第29回東京国際映画祭ラインナップが決定 細田守監督、初の特集上映に感激”. 映画.com. (2016年9月26日). http://eiga.com/news/20160926/16/ 2016年9月27日閲覧。 
  4. ^ “東京国際映画祭で日本映画の2大特集、細田守と岩井俊二の作品を振り返る”. 映画ナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/eiga/news/186864 2016年9月27日閲覧。 
  5. ^ “メリル・ストリープとヒュー・グラント来日決定、東京国際映画祭オープニングで”. 映画ナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/eiga/news/199118 2016年9月27日閲覧。 
  6. ^ a b c d “東京国際映画祭クロージング作品「聖の青春」に決定、アニソンのイベントも開催”. 映画ナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/eiga/news/199136 2016年9月27日閲覧。 
  7. ^ “東京国際映画祭でインドネシア特集、男娼と娘の関係描く「ラブリー・マン」など11本”. 映画ナタリー. (2016年9月21日). http://natalie.mu/eiga/news/202608 2016年9月27日閲覧。 
  8. ^ a b c d “東京国際映画祭全ラインナップ発表、特集控える細田守「未来の映画について話したい」”. 映画ナタリー. (2016年9月26日). http://natalie.mu/eiga/news/203114 2016年9月27日閲覧。 
  9. ^ a b “古舘伊知郎、「歌舞伎座スペシャルナイト」でオリジナル活弁に挑戦”. 映画ナタリー. (2016年9月23日). http://natalie.mu/eiga/news/202784 2016年9月27日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k “第29回東京国際映画祭、グランプリはホロコースト問題扱うドイツ映画”. 映画ナタリー. (2016年11月3日). http://natalie.mu/eiga/news/207940 2016年11月14日閲覧。 
  11. ^ “マーティン・スコセッシと黒沢清が東京国際映画祭SAMURAI賞に決定”. 映画ナタリー. (2016年10月12日). http://natalie.mu/eiga/news/205114 2016年10月13日閲覧。 
  12. ^ a b c d “新海誠、高畑充希、妻夫木聡、ゴジラがARIGATO賞に輝く”. 映画ナタリー. (2016年10月22日). http://natalie.mu/eiga/news/206439 2016年10月24日閲覧。 
  13. ^ a b c “浅野忠信、アジア映画の出演が決定!?桜庭ななみや行定勲とAPNアワード受賞”. 映画ナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/eiga/news/206955 2016年10月27日閲覧。 
  14. ^ “第29回東京国際映画祭フェスティバル・ナビゲーターに松本花奈さんが就任!”. 第29回東京国際映画祭. (2016年9月12日). http://2016.tiff-jp.net/news/ja/?p=35336 2016年10月13日閲覧。 

外部リンク[編集]