安藤咲桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あんどう さくら
安藤 咲桜
プロフィール
愛称 さくちん
生年月日 2001年3月23日
現年齢 18歳
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 156.5 cm / kg
スリーサイズ 82[1] - 61 - 83 cm
活動
デビュー 2013年
所属グループ つりビット
活動期間 2013年 -
事務所 Sugar&Spice
レーベル Kisspoint Records
アイドル: テンプレート - カテゴリ

安藤 咲桜(あんどう さくら、2001年3月23日 - )は、日本の女性アイドル。元つりビットのメンバー。愛称はさくちん。担当色はピンク。釣りたい魚はカジキマグロ。

略歴[編集]

2013年5月22日、つりビットのメンバーとしてデビュー。デビュー楽曲は『スタートダッシュ』[2][3]

2014年9月20日、「ツリラブ」にて、二代目釣りセンターとして発表された。同年10月10日(釣りの日)にリリースされた配信シングル『Go!Go!Fishing』にて、センターを務めた [4]

2016年5月12日発売の週刊ヤングジャンプに『サキドルエースSURVIVAL』企画内で水着グラビアを掲載。

2016年7月4日発売の週刊プレイボーイに水着グラビアを掲載[5]

2017年5月8日、「@JAM EXPO 2017」(神奈川・横浜アリーナにて8月26、27日開催)のオフィシャルナビゲーター就任を発表。[6]

2017年5月27日、阿部夢梨(SUPER☆GiRLS)、一ノ瀬みか(神宿)と結成した同イベント限定ユニット「サクラノユメ。」がZepp DiverCity TOKYOで開催のポップカルチャーイベント「@JAM 2017」でお披露目された。

2017年6月16日、サクラノユメ。の新曲「ドリーム☆ロード」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。[7]

2018年10月10日に初の電子書籍写真集『さくちん』を発売[8]

2018年12月06日発売集英社『週刊ヤングジャンプ』 2019年1/1号 にて初の表紙&巻頭グラビアを飾る。

2019年1月10日、週刊ヤングジャンプ創刊40周年を記念した「SS ELEVEN」に選抜される[9]

2019年6月2日、ドラマ日曜劇場集団左遷!!」第7話に出演[10]

2019年6月12日、我妻桃実ハコイリムスメ)のトークイベント「ぽにょのともだち100人できるかな?」にゲスト出演[11]

2019年7月4日、SHOWROOM「安藤咲桜のさくらラウンジ」の隔週木曜日配信がスタート。

人物[編集]

  • つりビットのMC&ボーカル隊長。
  • 特技は書道。
  • 左利きである。
  • 自転車に乗れない。
  • 兄の影響でWWEが好きで、一番好きなレスラーはランディ・オートン。ほかにもジョン・シナザ・ロックも好き[12]。また、プロレスを観ることでアイドルとしての技量も培った[13]
  • サッカーでは横浜F・マリノスを応援しており、好きな選手は齋藤学選手。
  • 少年漫画が大好きで、週刊少年ジャンプを愛読。アニメでは『鋼の錬金術師』を一番好きなアニメに挙げている。
  • アイドル好きを公言しており、後述のアイドル番組MCを務めている縁もあり、様々なアイドルとの親交がある。
  • つりビットのメンバー内で唯一ソロ楽曲『アイツのひざだっこ』がある。ライブでは曲の間奏で客席にラリアットを見舞うという演出がお決まりである[14][15]
  • ヤングジャンプ誌上では『○年に1人のごにょ☆○○』、『次世代の「○年に1人の美少女」』と紹介された[16][17]

出演[編集]

つりビットとしての出演は「つりビット」を参照。

イベント[編集]

  • ぽにょのともだち100人できるかな?(2019年6月12日、阿佐ヶ谷ロフトA)

イベント限定ユニット「サクラノユメ。」

  • @JAM 2017(2017年5月27日、Zepp DiverCity(TOKYO))
  • アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜(2017年7月9日、横浜赤レンガパーク)
  • 六本木アイドルフェスティバル2017 DAY-1(2017年7月29日、六本木ヒルズアリーナ)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL2017(2017年8月4日、お台場・青海周辺エリア)SMILE GARDEN
  • @JAM EXPO 2017 OFFICIAL BOOK EVENT Vol.3(2017年8月12日、HMV&BOOK TOKYO 7F)
  • OTODAMA×@JAM SPECIAL COLLABORATION LIVE 2017(2017年8月18日、OTODAMA SEA STUDIO)
  • @JAM EXPO 2017(2017年8月26日、横浜アリーナ)オレンジステージ、ストロベリーステージ「EXPO Special JAM Session③」
  • @JAM EXPO 2017(2017年8月27日、横浜アリーナ)キウイステージ
  • SUPER☆GiRLS定期公演Vol.10(2018年4月23日、横浜アリーナ)ゲスト出演

テレビ[編集]

  • アイドルお宝くじ 六本木アイドルフェスティバル (テレビ朝日、2017年8月7日) - サクラノユメ。
  • Kawaiian TV 二次元同好会 #3(2016年7月27日、Kawaiian TV)「HUNTER×HUNTER」を熱く語る。
  • 東京アイドル戦線(2017年8月24日、テレビ東京)@JAMについて、コメント、ライブ映像など - サクラノユメ。
  • 大谷ノブ彦 あなたの好きを聞かせて #3(2018年9月21日、Kawaiian TV)
  • ドラマ 日曜劇場「集団左遷!!」第7話(2019年6月2日、TBS)大手百貨店の販売員役

ラジオ[編集]

- 2013年4月18日 - 2016年4月14日 - 2017年8月10日 アシスタントMC

ネット配信[編集]

  • TOKYO IDOL 会議中〜TIF 2016 直前SP!!〜(2016年7月22日 、ニコニコ生放送)
  • 「@JAM EXPO 2017」直前ニコ生特番(2016年8月8日、ニコニコ生放送) - サクラノユメ。
  • TOKYO IDOL NET presents アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』 (SHOWROOM)
- 2016年12月13日 アイドルカメラ部発足!編
- 2017年4月21日 - 2017年8月23日 写真で夏を振り返ろう!編 - 2017年12月26日
- 2018年9月28日 - 2018年11月5日
- 2019年1月18日 - 2019年2月15日 - 2019年3月15日 - 2019年7月26日
  • 安藤咲桜のさくらラウンジ (2019年7月4日~ 隔週木曜日、SHOWROOM)

雑誌等[編集]

  • 『週刊プレイボーイ 2013年8/10号』集英社(2013年10月15日) グラビア1点掲載
  • 『週刊プレイボーイ 2015年8/10号』集英社(2015年7月27日) グラビア1点掲載
  • 『週刊ヤングジャンプ No.24』集英社(2016年5月12日)「サキドルエースSURVIVAL SEASON5」にエントリー[18]
  • 『TopYell NEO』竹書房(2016年6月30日)トークテーマ「私とプロレス」インタビュー記事
  • 『週刊プレイボーイ 2016年7/18号』集英社(2016年7月4日)グラビア7点
  • 『週刊プレイボーイ×TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 公式BOOK ナツ☆イチッ!〜この夏、輝くアイドル全員集合〜』集英社(2016年7月25日) YJ連動企画「サキドルエースは誰だ!?」
  • 『ファミ通』エンターブレイン(2016年12月28日)
  • 『BIG ONE GIRLS No.37』近代映画社(2017年1月30日)
  • 『週刊アスキー 2017年4月号 秋葉原限定版』(2017年3月31日発行)表紙の人
  • 『週刊ヤングジャンプ No.1825』集英社(2017年5月18日)巻末グラビア[19]
  • 『週刊プレイボーイ 2017年11/20号』集英社(2017年11月6日) 巻頭7ページ
  • 『週刊ヤングジャンプNo.14』集英社(2018年3月8日) 巻末グラビア
  • 『週刊プレイボーイ 2018年9/10号』集英社(2018年8月27日)グラビア
  • 『週刊ヤングジャンプ』 2019年1/1号 集英社(2018年12月06日発売)表紙&巻頭グラビア
  • 『週刊ヤングジャンプ No.6・7合併特大号』集英社(2019年1月10日) 表紙&巻頭&巻末グラビア 2019SS級ELEVEN
  • BUBKA(ブブカ) 2019年3月号』白夜書房(2019年1月31日)インタビュー

出展[編集]

  • 「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展」(2017年5月16日-30日、原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2F)[20]
  • 「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展」(2017年11月1日-14日、ヴィレッジヴァンガード渋谷本店)
  • 「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展 江の島 2018」(2018年5月25日-6月13日、原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2F)
  • 「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展 2018 冬」(2018年11月16日-29日、原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2F)
  • 「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展 2018 冬」(2019年1月5日-2月4日、原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2F、梅田 ロフト 正面1F入り口 第2ロフマ裏通路)

脚注[編集]

  1. ^ “胸が豊かな”アイドルグループメンバー大発表(1)全32組の中から選ばれた「神7」は?. アサ芸+  (2016年11月20日). 2017年5月5日閲覧。
  2. ^ テーマは“アイドル×釣り”!?「つりビット」が配信デビュー. 音楽ナタリー. (2013年5月13日) 2017年12月30日閲覧。
  3. ^ “PROFILE”. つりビット OFFICIAL WEB SITE 2017年12月30日閲覧。
  4. ^ 【速報】つりビットの「釣りセンター」は安藤咲桜”. BARKS (2014年9月21日). 2019年3月21日閲覧。
  5. ^ 安藤咲桜(つりビット)『高1だからってナメないで!』. 週プレNEWS (2016年7月3日). 2017年5月5日閲覧。
  6. ^ 「@JAM」限定ユニットにスパガ阿部夢梨、つりビット安藤咲桜、神宿一ノ瀬みか.音楽ナタリー (2017年5月8日). 2017年5月19日閲覧。
  7. ^ スパガ阿部、つりビット安藤、神宿一ノ瀬によるサクラノユメ。シングル曲MV公開.音楽ナタリー (2017年6月16日). 2019年3月21日閲覧。
  8. ^ “安藤咲桜(つりビット)『釣った魚の餌、解禁!!』 - グラビア” (日本語). 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]. (2018年9月30日). https://wpb.shueisha.co.jp/gravure/2018/09/30/107175/ 2018年9月30日閲覧。 
  9. ^ 今年注目の美女11人が水着で集結 豪華美ボディ競演 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2019年1月10日). 2019年1月10日閲覧。
  10. ^ ソロで連続ドラマに出演させていただくのはこれが初めて”. 安藤 咲桜 Twitter 2019年5月29日. 2019年6月13日閲覧。
  11. ^ 6/12(水)「ぽにょのともだち100人できるかな?」開催決定!!”. ハコイリムスメ公式サイト. 2019年6月13日閲覧。
  12. ^ 【MAGAZINE】6/30(木)発売 竹書房「TopYell NEO」 安藤咲桜掲載!. つりビットOfficial Website  (2016年6月22日). 2017年5月5日閲覧。
  13. ^ プロレスで見出したアイドル道~安藤咲桜(つりビット)の場合【多重ロマンチック的みんなのプロレス】. ぼくらのプロレス  (2016年6月30日). 2017年5月5日閲覧。
  14. ^ 6/7vs安藤咲桜(つりビット). 真夜中のハーリー&レイス|AM1422kHzラジオ日本  (2016年6月10日). 2017年5月5日閲覧。
  15. ^ 釣りアイドル・つりビットがアイドルファンに見つかる! 撮影可の初フリーワンマンで魅力を拡散. デ☆ビューニュース (2015年6月8日). 2017年5月5日閲覧。
  16. ^ 幼い顔立ちに不釣り合いなスタイルにドキ!「つりビット」安藤咲桜が逸材. モデルプレス (2017年5月18日). 2017年5月18日閲覧。
  17. ^ フォトビュアー - 安藤咲桜. 週刊ヤングジャンプ公式サイト (2017年5月18日). 2017年5月18日閲覧。
  18. ^ グラビアアーカイブ/サキドルエースSURVIVAL SEASON5”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト (2016年5月12日). 2016年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月12日閲覧。
  19. ^ グラビアアーカイブ/安藤咲桜 グラビアだって好候(ヨーソロー)!!”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト (2017年5月18日). 2017年5月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月18日閲覧。
  20. ^ 2017年5月16日(火)~30日(火)「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展」開催!. TOKYO IDOL NET (2017年5月16日). 2017年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]