第39回日本アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本アカデミー賞
受賞対象 映画作品・監督・脚本・俳優・技術部門
開催日 2016年3月4日 (2016-03-04)
会場 グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール
日本の旗 日本
授与者 日本アカデミー賞協会
初回 1978年
最新回 2015年(対象作公開年度)
公式サイト http://www.japan-academy-prize.jp/
テレビ/ラジオ放送
放送局 日本テレビ
放送時間 金曜日21:00 - 22:54(『金曜ロードSHOW!』枠)

第39回日本アカデミー賞は、2016年3月4日発表・授賞式が行われた、日本映画賞。司会者は2014年から3年連続で務める西田敏行と、前回の同賞最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえで、宮沢は2004年に行われた第27回以来、2度目の司会担当となる[1]

発表の経緯[編集]

例年通り、東京地区の商業映画劇場にて有料で1日3回以上、2週間以上継続して上映された40分以上の映画作品のうち、2014年12月14日 - 2015年12月15日の期間に公開されたものを対象に選考される。

賞のうち、会長特別賞が第33回以来の該当者なしとなった。

受賞者[編集]

最優秀作品賞[編集]

優秀作品賞[編集]

最優秀アニメーション作品賞[編集]

優秀アニメーション作品賞[編集]

最優秀監督賞[編集]

優秀監督賞[編集]

最優秀脚本賞[編集]

優秀脚本賞[編集]

最優秀主演男優賞[編集]

優秀主演男優賞[編集]

最優秀主演女優賞[編集]

優秀主演女優賞[編集]

最優秀助演男優賞[編集]

優秀助演男優賞[編集]

最優秀助演女優賞[編集]

優秀助演女優賞[編集]

話題賞[編集]

俳優部門[編集]

作品部門[編集]

  • 『バクマン。』[2]

新人俳優賞[編集]

最優秀音楽賞[編集]

優秀音楽賞[編集]

最優秀撮影賞[編集]

優秀撮影賞[編集]

最優秀照明賞[編集]

優秀照明賞[編集]

最優秀美術賞[編集]

優秀美術賞[編集]

最優秀録音賞[編集]

優秀録音賞[編集]

最優秀編集賞[編集]

優秀編集賞[編集]

最優秀外国映画賞[編集]

優秀外国作品賞[編集]

会長特別賞[編集]

(該当者なし)

協会特別賞[編集]

協会栄誉賞[編集]

授賞式中継[編集]

いずれの放送も授賞式部分は事前録画(ラジオは録音)だが、スタジオ部分は生放送となる。時間はJST

スタッフ[編集]

  • 主催:日本アカデミー賞協会
  • イベント演出:後藤範之
  • 構成:町山広美、安部裕之
  • 制作進行:須藤大介
  • 演出:上田崇博/高木悟、橋本和明
  • プロデューサー:吉田尚代、萩野健、江尻直孝、佐藤友美、阿河朋子
  • チーフプロデューサー:森實陽三
  • 技術協力:NiTRo、東京音研、イエローフラッグ、ジャパンテレビ
  • 美術協力:日テレアート
  • 制作協力:AX-ON日企えすと
  • 製作著作:日本テレビ

テレビ[編集]

  • 日本テレビ系列
    • 3月4日(金)21:00 - 22:54[4]
    • スタジオ部分には坂上忍(俳優・タレント)、水ト麻美(日本テレビアナウンサー)が出演。
  • 日テレプラス(CS放送)
    • 3月5日(土)20:40 - 22:30(予定、地上波版の再放送)
    • 3月13日(日)21:30 - 25:00(予定、未公開シーンを加えた完全版)
    • 3月19日(土)26:40 - 06:10(予定、完全版の再放送)

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮沢りえ、12年ぶりの日本アカデミー賞司会に「背筋が伸びる思い」”. sシネマトゥデイ (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  2. ^ a b “ももいろクローバーZ「日本アカデミー賞」話題賞に輝く”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年2月12日). http://natalie.mu/music/news/175865 2016年2月12日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 日本アカデミー賞優秀賞発表!『海街diary』が最多12部門(2/2)”. シネマトゥデイ (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  4. ^ 関東ローカルで20:54 - 21:00に事前番組『もうすぐ 第39回日本アカデミー賞授賞式』を別途放送。
  5. ^ IBC岩手放送は23:00より開始
  6. ^ 東北放送は23:30で途中終了

外部リンク[編集]