小松江里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小松 江里子
生誕 1962年(昭和37年)3月17日
大阪府松原市
国籍 日本の旗 日本
別名 伊藤 江里子
職業 脚本家
受賞 橋田賞2008年(平成20年)】

小松 江里子(こまつ えりこ、本名:伊藤江里子 1962年3月17日 - )は、日本脚本家である。北海道を拠点に活動するスタイリストとは別人である。

人物[編集]

大阪府松原市出身。大谷女子大学卒業。

1986年に『部長刑事』(朝日放送)で脚本家デビュー。その後、『はいすくーる落書2』(TBS)や『ガッコの先生』(同)など数々のドラマの脚本を担当。主にNHKやTBSのテレビドラマを数多く担当する。

夫はTBSの伊藤一尋プロデューサー(現在は番組制作会社テレパックに出向中)で、コンビを組んだ作品が殆どである。さらに、同郷出身である俳優赤井英和KinKi Kids堂本剛は小松が脚本を担当したドラマに出演することが多かった[1]

2008年に橋田賞を受賞。2009年のNHK大河ドラマ『天地人』の脚本を担当し、2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』の明治編以降の脚本に途中から加わっている。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 赤井と堂本は小松脚本では『セカンド・チャンス』と『to Heart 〜恋して死にたい〜』の2作で共演経験がある。なお、両作とも伊藤一尋プロデュース作品である。
  2. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月18日閲覧。

関連項目[編集]