田中光敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか みつとし
田中 光敏
生年月日 (1958-09-24) 1958年9月24日(60歳)
出生地 日本の旗 北海道浦河郡浦河町
職業 映画監督  CMディレクター
ジャンル 映画
主な作品
映画
化粧師 KEWAISHI
精霊流し
火天の城
利休にたずねよ
サクラサク
海難1890

田中 光敏(たなか みつとし、1958年9月24日 - )は、日本の映画監督CMディレクター大阪芸術大学映像学科教授である。

来歴[編集]

北海道浦河郡浦河町出身。北海道浦河高等学校大阪芸術大学卒業。

電通映画社(現電通テック)、テレビマンユニオンCMを経て[1]、1984年にはクリエイターズユニオンを設立。

1995年 - 阪神・淡路大震災に被災[1]

2010年 - 浦河の観光大使に就任[2]

2015年 - 大阪芸術大学映像学科教授。

2016年 - 5月、和歌山県串本町トルコ記念館名誉館長に就任[3]

2017年 - 2月、越前あわら観光大使就任。

2017年 - 4月、和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員

その他[編集]

デビュー作『化粧師-kewaishi』は、第14回東京国際映画祭・コンペ部門出品(最優秀脚本賞受賞作品)、上海国際映画祭招待作品。

第2作目『精霊流し』は、さだまさし原作の小説を映画化し、第21回日本映画復興賞奨励賞受賞(第46回ブルーリボン賞助演男優賞受賞作品)。

第3作目『火天の城』は、歴史的主要人物ではなく裏方に焦点を当てた物語として新しい時代劇映画として高い評価を得、ムンバイ国際映画祭に招待される(第33回日本アカデミー賞優秀美術賞・第41回照明技術賞最優秀照明賞受賞作品)。

第4作目は第140回直木賞受賞作品である『利休にたずねよ』を映画化し、モントリオール世界映画祭のワールドコンペ部門において最優秀芸術貢献賞を受賞[4]。第30回山路ふみ子文化賞。第37回日本アカデミー賞優秀作品賞他、9部門にて優秀賞受賞(第37回日本アカデミー賞最優秀美術賞受賞作品)。

第5作目『サクラサク』は、さだまさしの短編小説を映画化した初めてのロードムービー。第38回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールドシネマ部門正式招待作品。第1回アジア国際映画祭 最優秀監督賞・最優秀女優賞・最優秀映画音楽賞受賞。

最新作『海難1890』は、念願の海外との合作映画(日本・トルコ合作映画)。第39回日本アカデミー賞にて最優秀美術賞・最優秀録音賞を受賞。またこの作品は優秀監督賞をはじめ、優秀作品賞等、10部門にて日本アカデミー優秀賞受賞[5]

受賞歴[編集]

  • 第39回日本アカデミー賞 優秀監督賞(『海難1890』)[6]
  • 第37回モントリオール世界映画祭ワールドコンペ部門 最優秀芸術貢献賞(『利休にたずねよ』
  • 第1回アジア国際映画祭最優秀監督賞(『サクラサク』)
  • 第9回おおさかシネマフェスティバル 監督賞
  • 第30回山路ふみ子文化賞(『利休にたずねよ』
  • 第21回日本映画復興奨励賞 (『精霊流し』
  • 平成28年和歌山県知事表彰(国際功労賞)

作品[編集]

TVCM[編集]

劇場映画[編集]

企業向けドラマ[編集]

  • イオン化粧品 「少年物語」 (ホール上映用映画)

MUSIC CLIP[編集]

PV[編集]

  • Panasonic 「HANA」 (海外向けPV)
  • Panasonic 「ブラックプール篇」 (海外向けPV)
  • Panasonic (中国向け) 2011 「3D VIERA」 Webムービー
  • シャープ AQUOS 「コッペリア イン アクオス」 (高画質デモ)

DVD[編集]

  • ジェリー・イェン (台湾 F4) オフィシャルプライベートDVD (ワーナー・ホームビデオ)
  • ヴィック・チョウ (台湾 F4) オフィシャルプライベートDVD (ワーナー・ホームビデオ)
  • ヴァネス・ウー (台湾 F4) オフィシャルプライベートDVD (ワーナー・ホームビデオ)
  • ロイ・チウ (台湾) オフィシャルプライベートDVD (ワーナー・ホームビデオ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]