森實陽三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森実 陽三(もりざね はるかず)は、日本テレビ情報・制作局担当局次長兼バラエティーセンター長。東京大学農学部獣医学科卒業。

人物[編集]

元々は吉田真チーフプロデューサーの下でバラエティ番組や音楽番組を担当。2004年6月に一度制作から離れたが、2005年12月に制作に復帰し梅原幹チーフプロデューサーの担当する番組に携わっていた。2008年7月1日付で上司の梅原が制作局(現在のバラエティー局)局次長(現在は熊本県民テレビ取締役←以前は、社長←KKT専務取締役・編成局長←情報カルチャー局長←BS日テレ常務取締役←報道局業務管理担当局次長←編成局次長兼編成戦略センター長)に栄転となったのと同時に制作局CCに昇格。

2010年CPに昇格と同時に大野彰作チーフプロデューサーが担当していた一部の番組を引き継ぐ。

2011年1月1日付で編成局編成戦略センター企画担当部長兼同部チーフプロデューサー。担当していた番組は、鈴木雅人チーフプロデューサーが引き継ぐ。

2011年7月1日付で編成局編成企画班チーフプロデューサー。

2013年12月1日付で制作局担当部長兼統轄プロデューサー。主に福田博之チーフプロデューサーの下で担当。担当していた番組は、福士睦(現:ストックコンテンツセンター長、元:編成局編成部担当部長、編成部長、制作局担当部長兼ドラマ担当CP)が引き継ぐ。

2014年6月1日付で制作局担当部長兼チーフプロデューサー。福田博之、安岡喜郎両チーフプロデューサーが担当していた一部の番組を引き継ぐ。

2014年12月1日付で藤井淳チーフプロデューサーが担当していた一部の番組を引き継ぐ。

2015年6月1日付で加藤幸二郎チーフプロデューサーが担当していた一部の番組を引き継ぐ。

2016年6月1日付で道坂忠久チーフプロデューサーが担当していた一部の番組を引き継ぐ。「読響-」のみ遠藤正累チーフプロデューサーが引き継ぐ。

2018年6月1日付で現職。[1]担当していた番組は伊東修横田崇、東井文太チーフプロデューサーが引き継ぐ。

現在の担当番組[編集]

スペシャル番組

過去の担当番組[編集]

ディレクター
プロデューサー
総合プロデューサー
チーフクリエイター
編成企画
統轄プロデューサー
チーフプロデューサー
制作

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文化通信2018年5月15日(火)付より。