アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
アイドルの穴
〜日テレジェニックを探せ!〜
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 毛利忍(プロデューサー兼)
プロデューサー 毛利忍(演出兼)
藤井淳(CP)
出演者 出演者候補生を参照
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト
2009(第1シーズン)
放送時間 日曜日1:20 - 1:40(20分)
放送期間 2009年4月12日 - 6月28日(12回)
2010(第2シーズン)
放送時間 日曜日1:20 - 1:50(30分)
放送期間 2010年4月11日 - 6月27日(12回)
エンディング 「義風堂々!!」角田信朗(#1-#8)、「あなたにしかできないこと feat. タイナカサチ帆乃佳(#9-#12)
2011(第3シーズン)
放送時間 日曜日1:20 - 1:50[1](30分)
放送期間 2011年4月3日 - 6月18日(12回)
オープニング 「穴♥谷♥逢いたくて」日テレジェニック2011候補生
エンディング 「てのひらぎゅっと」日テレジェニック2011候補生
2012(第4シーズン)
放送時間 日曜日2:05 - 2:35(30分)
放送期間 2012年4月8日 - 6月24日(12回)
オープニング 「穴♥谷♥逢いたくて」日テレジェニック2012候補生
エンディング 「てのひらぎゅっと」日テレジェニック2012候補生
2013(第5シーズン)
放送時間 日曜日1:20 - 1:50(30分)
放送期間 2013年7月7日 - 9月29日(12回)
エンディング 「ガチヤッタモンガチ」日テレジェニック2013候補生
2014(第6シーズン)
放送時間 日曜日1:20 - 1:50(30分)
放送期間 2014年4月6日 - 6月22日(12回)
次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう! Let's be Hot!
放送時間 金曜日1:29 - 1:59(30分)
放送期間 2015年7月3日 - 9月18日(12回)
テンプレートを表示

アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』(アイドルのあな にっテレジェニックをさがせ)は、2009年から2014年の4 - 6月期[2]日本テレビで放送されていたバラエティ番組である。地上波ではハイビジョン制作であるが、CS放送ではレターボックス放送。後継番組にあたる2015年7 - 9月期放送の『次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう!』もこちらにまとめる。

概要[編集]

2009年で12年目となる日テレジェニックが、初めて全メンバーを視聴者の投票による「サバイバルオーディション」で選ぶこととなった。

日テレジェニックを目指すアイドルの卵たちが、視聴者へのアピールの為毎週さまざまな課題にチャレンジする。放送後、携帯サイトで配信される「待受画像コンテンツのダウンロード数」を基本とし、「マシェリ(ライブチャット)での獲得ポイント」、「ライブイベントの集客」や「物販ポイント」「着うたダウンロード数」などを総合的に判断してランキングを作成。その週最下位となった候補生が毎週数名ずつ脱落し、最終回まで残った者が日テレジェニックの正式メンバーとなる。

第1回となる2009年シリーズでは、決定した正式メンバーが次番組『日テレジェニックの穴』のレギュラーとなるという特典も設けられた(一部の脱落メンバーも「有吉じぇにっく」「反逆同盟」という名目で出演している)。

番組内では90年代を髣髴とさせる字幕テロップを多用している。なおCS放送日テレプラスで地上波放送翌日の23:50 - 24:10と翌週金曜日の24:30 - 24:50に再放送される(2009年シリーズ)。2010年6月16日より、CS放送日テレプラスにて2010年シリーズの放送が始まった。なお、地上波放送分(4月 - 6月)の映像をそのまま利用しているので、すでに終了している当時の告知内容については募集を終了したという旨の表示を追加して放送している。長崎国際テレビでも、9日遅れ(月曜24:29 - 24:59)でレギュラー放送されている。

『アイドルの穴2011』では、初めて番組テーマ曲が制作され、候補生25名全員が歌っている(オープニングテーマは「穴♡谷♡逢いたくて」、エンディングテーマは「てのひらぎゅっと」)。なおテーマソングには各候補生がソロで歌ったバージョンもあり、着うたとして配信(ダウンロード数は脱落レースに含まれる)された。

2015年度はリニューアルされサバイバル要素が無くなった、『次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう![3]が放送された。

関連イベント[編集]

ライブチャット

マシェリというサイトで行われる生ライブチャットイベントの視聴者参加ポイントも脱落レースに関係してくる。チャットイベントでは、当日参加者からリクエストをもらい生写真を撮ってもらえるコーナーや、生写真をダウンロードできるページが、マシェリ内に備わっている。

ライブイベント

都内のライブスペースを借りて候補生によるイベントを開催している。入場客に投票券を渡し、その投票が脱落レースに影響する。

撮影会

候補生をモデルとした撮影会を実施している。参加人数によって脱落レースに影響する。

出演者[編集]

シーズン キャップ・MC 秘書 アシスタント[4]
2009年 有吉弘行 -
2010年 清水ゆう子(日テレジェニック2009) 上田まりえ
2011年 中村知世(日テレジェニック2010) 水卜麻美
2012年 中村葵(日テレジェニック2011) 徳島えりか
2013年 塚地武雅ドランクドラゴン 今野杏南(日テレジェニック2012) 杉野真実
久野静香
2014年 浜田由梨(日テレジェニック2013) 郡司恭子
後藤晴菜
中島芽生
2015年 千鳥 -

候補生とランキング結果[編集]

2009年[編集]

  • 以上の結果、小泉麻耶、清水ゆう子、小池唯、米村美咲、齊藤夢愛が日テレジェニック2009の正式メンバーに選ばれ、翌年のバンクーバーオリンピックのサポーターガールを務めることと同時に東京マラソンにエントリーされた。
  • 脱落した11人には準日テレジェニック2009の称号が与えられた。
  • 上原みなみ、岡本みづき、新生かな子は脱落後、『ミスFLASH2009』にエントリーした。
  • 水上桃華は脱落後、同局で同じスタッフによって放送されている『アイドル☆リーグ!』に出演している。

2010年[編集]

  • 以上の結果、中村知世、木村好珠、内田理央、伊藤れいこ、滝川綾、浅倉結希が日テレジェニック2010の正式メンバーに選ばれた。
  • 脱落した15人には準日テレジェニック2010の称号が与えられた。
  • 小野由華は体調不良により第7回を最後にリタイア扱い。
  • 吉田桃子は同時期に『ミスマガジン2010』にもエントリーした。
  • 浅居円は脱落後、『ミスFLASH2011』にエントリーした。
  • 大杉亜依里は脱落後、『ミスヤングチャンピオン2010』にエントリーした。

2011年[編集]

  • 以上の結果、広瀬玲奈、中村葵、高嶋香帆、大矢真夕、緑川静香、広村美つ美が日テレジェニック2011の正式メンバーに選ばれ、翌年の東京マラソンにエントリーされた。
  • 脱落した19人には準日テレジェニック2011の称号が与えられた。
  • 井上小百合はベスト妹賞を受賞した[6]
  • 黒沢ちさは体調不良により第3回を最後にリタイア扱い。
  • 安藤遥は同時期に『ミスマガジン2011』にもエントリーした。

2012年[編集]

  • 以上の結果、桜子、栗田恵美、白河優菜、柴小聖、今野杏南、船岡咲が日テレジェニック2012の正式メンバーに選ばれ、ロンドンオリンピックのサポーターガールを務めた。
  • 脱落した39人には準日テレジェニック2012の称号が与えられた。
  • この年は全員が関東圏出身者の選出者。
  • 中村友美は学業専念により第1回を最後にリタイア扱い。
  • 番組DVDに封入されている投票券による人気ランキングにより櫻井ゆりのが第9回に復活した。

2013年[編集]

  • 以上の結果、末永みゆ、古野あきほ、浜田由梨、権藤葵、黒田万結花、日野麻衣が日テレジェニック2013の正式メンバーに選ばれ、翌年のソチオリンピックのサポーターガールを務めた[7]
  • 7 - 20位には、準日テレジェニック2013の称号とそれぞれに賞が、21 - 50位には、準日テレジェニック2013敢闘賞が贈られた。
  • 第4回まで勝ち残った候補生は、翌年の東京マラソンにエントリーされた。
  • 候補生は99人で5月からスタート[8]し、番組開始前の公開オーディションにて50人に絞られている。
  • 8月24日は『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』放送のため、番組自体は休止になったものの、24時間テレビの深夜企画に出演した[9]
  • 西野真悠は、体調不良により収録を欠席。
  • 湯川舞は、収録を欠席、諸事情により辞退。
  • 主なタイトルホルダー
  • 週刊ヤングマガジンコラボグラビア掲載者(第7回から選考):権藤葵、高崎聖子、日野麻衣、古野あきほ
  • 放送中に他のオーディション関連に並行してエントリー(脱落者も含む)
    • 2013ミスヤングチャンピオングランプリ:小田島渚
    • ぷるるんサバイバル2013 16代目ぷるるんQUEEN:糸山千恵(8月期勝ち抜きで条件を満たす)
    • ニチブンアイドルクイーン準グランプリ:古野あきほ
    • EXMAX THEパーフェクト第3期:黒田万結花(1期4位→2期2位で3期継続出演)、福滝りり(1期8位→第2期出演枠決定戦2位→2期6位で3期継続出演)
    • バクNEWクイーンsabla賞:渡辺万美(第1期7位)
    • 2013ミスヤングチャンピオンファイナリスト:誉田みに
    • FLASHグラビア争奪バトル#3ファイナリスト:内山水稀
    • ミスFLASH2014ファイナリスト:あべみほ、糸山千恵、渡辺万美(敗者復活)
    • ミスアクション2014 2ndステージ:逢月ひな(東京選抜)
    • ワッチミーナ2014予選クール:片山花菜、新海令奈、りょうか(グランプリ獲得)
    • 週プレの扉:福滝りり(11月1位)

2014年[編集]

  • 以上の結果、葉月あや、石岡真衣、前田美里、藤村椿、市川咲、小泉ここが日テレジェニック2014の正式メンバー数に選ばれた。葉月、前田、小泉にはVAP賞が贈られ、ソロDVDの発売(9月24日予定)が決定。小泉は2015年公開予定の映画『FIX』への出演も決まった。[10]
  • ファイナリスト(7位)には、準日テレジェニック2014の称号とそれぞれに賞が贈られた。
  • 候補生は34人で3月からスタートし[11]、番組開始前の公開イベントにて22人に絞られている。
  • 藤村椿(2012年敢闘賞・21位)、市川咲(2013年ベスト笹沼賞・18位)は2回目の出演。倉持由香(2013年ベスト巨尻賞・13位)が第3回にゲスト出演。
  • タイトルホルダー:藤村椿(汐留グラビア甲子園2011特別賞)
  • 途中辞退者:長島瑞穂(本人の意向)
  • 週刊ヤングマガジンコラボグラビア掲載者(第6回から選考):小川まりな、小泉ここ、葉月あや、町田みゆう
  • 2015年公開予定のオムニバスショートムービー『TOKYO CITY GIRLS』の中の1話の主役出演権(第9回から選考):石岡真衣
  • 放送中に他のオーディション関連に並行してエントリー(脱落者も含む)
    • ミスアクション2014ファイナリスト:中原未來
    • FLASHグラビア争奪バトル#4ファイナルステージ2位:町田みゆう
    • ヤングマガジン黒BUTA GIRL 2014ファイナルラウンド10位:宮本彩希
    • 水着グラビアDVDリリース争奪オーディション決勝:葉月あや
    • FLASH presents 写真集争奪オーディション#2決勝第1ラウンド:葉月あや

2015年(人気者になろう!)[編集]

はMVP、は高評価(個人・チーム)

候補生 取材会 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回
青山ひかる
赤澤杏奈
大澤玲美 欠席
加藤智子 欠席
熊江琉唯
高崎聖子 欠席
橘花凛
菜乃花
久松かおり 欠席
萌木七海 欠席
里々佳 欠席 欠席
  • 以上の結果(番組内発表順)、高崎聖子、久松かおり、菜乃花、橘花凛、大澤玲美、熊江琉唯が日テレジェニック2015の正式メンバー数に選ばれた[12][13]。菜乃花は大悟ジェニックも受賞。レギュラー番組「人気者になろう!NEXT」の配信、メモリアルフォトブック作成、ユニットで歌デビュー、翌年の東京マラソンの出場などが予定されている。
  • 番組開始前にオーディションで11人に絞られている。落選者への称号や部門賞は無かった。初めて10代がいない選出者となった[14]。また熊江は初の海外出身の選出者となった。
  • 候補生のスキャンダル発覚があったが[15][16][17]、高崎聖子がジェニック受賞を辞退することとなった[18][19]。これによりジェニックは5人となるが、補充昇格はせず活動していく予定である。
  • 高崎聖子(2013年ベスト美乳賞・9位)、は2回目の出演[20]。倉持由香、水月桃子(2012年候補生)、鈴木咲が第12回にスポット出演。
  • 主なタイトルホルダー
    • 加藤智子:ミスFLASH2014 8代目グランプリ
    • 高崎聖子:プロが選ぶアイドルDVD賞2013新人賞・2014MVP、アサ芸Secretグラドルアワード2013最優秀新人賞
    • 青山ひかる:第1回“ジガドル”コンテスト リリー・フランキー賞、汐留グラビア甲子園2014ファン特別賞、プロが選ぶアイドルDVD賞2014新人賞
  • 週刊ヤングマガジンコラボグラビア掲載者(第7回から選考):青山ひかる、大澤玲美、橘花凛、菜乃花
  • 日本テレビ地上波スポーツ番組出演者(第8回から選考):高崎聖子
  • 日本テレビラグビー班と番組がコラボし、候補生が出演したラグビールールVTRが製作されたが、「内容が不適切」との指摘を受け削除され[21]、その映像の一部を紹介した第8回も配信停止(日テレオンデマンドhulu)となっている。また高崎のジェニック辞退により、日テレプラスでの番組再放送が第2回以降中止となった[22]
  • 放送中にDVDをリリース
    • 7月:里々佳
    • 8月:大澤玲美、菜乃花、青山ひかる
    • 9月:高崎聖子

スタッフ[編集]

アイドルの穴[編集]

※2014年時点

  • 構成:桜井慎一、笹沼大(「三沢っぽい人」と呼ばれている)、林田晋一(主に「お兄ちゃん」名義で出演している)、森本雅也、平田喜之
  • ナレーション:坂巻亮祐
  • 技術:テイクランド
  • カメラ:竹内浩司
  • 音声:井口雅夫
  • 編集:和田智昭、上田裕介
  • MA:鳥居拓也
  • 音効:澤田崇
  • メイク:Reo
  • タイトル:じなん(以前はイラスト)
  • デスク:府川麻衣子
  • アイドルの穴2014製作委員会:宮木宣嗣、篠田大暢、茶ノ前香、松瀬真一郎、樽崎慶直、鈴木可奈江、皆川陽介、石井崇、林健太、佐藤麻美、中島彰則、新明智之
  • AP:早坂香里
  • AD:清野誠
  • ディレクター:小泉浩之、高橋政光、高橋佐和巳、山口貴由
  • プロデューサー:神村賢治、田中大輔、菅沼明子
  • 演出・プロデューサー:毛利忍
  • チーフプロデューサー:藤井淳
  • 制作協力:CREP
  • 企画制作:日本テレビ
  • 製作著作:アイドルの穴2014製作委員会

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:塩村文夏(「ナンシー塩村」として出演もしていた)2009〜2011、永井ふわふわ
  • 編集:落合勇、島田金治、川口達也、太田健二
  • MA:小野寺淳、稲葉清香、川原崎智史(以前は編集)
  • 宣伝:鎌田淳平
  • 編成企画:植野浩之
  • 編成:脇山浩一、横田崇、西川大助
  • アイドルの穴 製作委員会:藤川和彦、小林将高、二ノ坂悟志、宮崎孝行、林哲志、宮本哲哉、照屋秀吾、尾崎源太、菊池龍一、原田渉、田中七瑞、松原洋三
  • AP:鈴木麻美、三田村奈緒子
  • AD:今橋慎也
  • ディレクター:流石英昭、保野洋子、武田聡志、今泉哲也、藤井良記、櫛山慶
  • プロデューサー:野田義人
  • 統轄プロデューサー:森實陽三
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎、面高直子、福田博之
  • 制作協力:SION

人気者になろう![編集]

  • プロデューサー:糸井聖一(チーフ)、中村博行(統括)、井原亮子、毛利忍(コンテンツ)
  • 演出:藤井良記、小泉浩之
  • 構成:林田晋一
  • 企画制作:日本テレビ
  • 制作協力:シオン
  • 製作著作:「人気者になろう!」製作委員会

テーマ曲[編集]

関連グッズ[編集]

DVD

  • 2009年の放送全12回を完全収録(未公開映像も含む)したコンプリートDVD-BOXが、2009年8月21日にVAPから発売された。
  • 2010年のDVD-BOXも同様、2010年8月1日VAPから発売された。
  • 2010年より番組放送中にDVDを発売している。2010年はDVD2本、第2話の水泳大会と第3話の大運動会がそれぞれ番組放送中にDVD化された。
  • 2011年6月には4月に放送された番組内容を1つのパッケージにまとめてVAPから発売された。
  • 2013年は7月に公開オーディション中心、8月以降は番組本編、11月に16期生ソロイメージ作が発売された。
  • 2014年は5月より順次発売。

脚注[編集]

  1. ^ 第6 - 12回(5月7日 - 6月18日)は1:50 - 2:20。
  2. ^ 2013年は7 - 9月。
  3. ^ 千鳥、グラビアアイドル奮闘バラエティでMC「これが一番やりたかった」”. お笑いナタリー (2015年6月17日). 2015年7月6日閲覧。
  4. ^ 杉野と久野は隔週で出演。郡司・後藤・中島は週替わりで出演。
  5. ^ 2011年2月に高城樹衣に改名。
  6. ^ アイドルの穴2011”. 日テレジェニック総合ポータルサイト. アイドルの穴2011 製作委員会 (2011年). 2012年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月20日閲覧。
  7. ^ 【動画】日テレジェニック16期生6人決定 人気1位の末永みゆ感涙 - ORICON STYLE 2013年9月23日
  8. ^ 今年の日テレジェニックは、なんと候補者99名! - ゆるこいぶろぐ 2013年5月17日
  9. ^ ただし、生放送のため18歳未満の候補生は等身大パネル対応した。
  10. ^ HカップからBカップまでことしも水着美女が勢ぞろい! 日テレジェニック2014の6人が決定!! - webザテレビジョン 2014年6月16日
  11. ^ アイドルの穴2014が4月から放送開始決定! 今年は34名の候補生からサバイバルがスタート! - GirlsNews 2014年3月1日
  12. ^ 日テレジェニック2015、メンバー決定! - 日テレNEWS24 2015年9月10日
  13. ^ 日テレジェニック2015に6人が決定!熊江琉唯 橘花凛 大澤玲美 高崎聖子 久松かおり 菜乃花 - GirlsNews 2015年9月10日
  14. ^ このため、ボジョレーヌーボーのイベントに全員が参加した。
  15. ^ なだぎ武、グラドル萌木七海と真剣交際!22歳差カップル - スポーツ報知 2015年8月12日
  16. ^ 小島よしお、モデル大澤玲美と交際へ前進 食事デートの誘い成功 ORICONSTYLE 2015年8月17日
  17. ^ グラドル高崎聖子“愛人契約”流出動画を釈明 - 日刊スポーツ 2015年9月26日
  18. ^ 「援交動画騒動」高崎聖子が日テレジェニック辞退を正式発表 - 東スポWeb 2015年10月2日
  19. ^ ただし、東京マラソンのエントリーは辞退しなかった。
  20. ^ 赤澤杏奈は2013年候補生だったが番組開始前に落選している。
  21. ^ ラグビーセクシー解説動画掲載の日テレ、削除し謝罪 - スポーツ報知 2015年8月23日
  22. ^ 「援交動画騒動」高崎聖子の出演テレビ番組が放送中止に - 東スポWeb 2015年10月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

番組公式

日テレオンデマンド

選考チャットサイト

日本テレビ 日曜1:20 - 1:40枠
前番組 番組名 次番組
サタデーTVラボ
※0:55 - 1:55
2007年10月3日 - 2009年3月28日
アイドルの穴
〜日テレジェニックを探せ!〜
4月12日 - 6月28日
日テレジェニックの穴
※25:20 - 25:50
7月18日 - 9月26日
日曜1:20 - 1:50枠
女優力
2010年1月9日 - 3月27日
アイドルの穴2010
〜日テレジェニックを探せ!〜
4月11日 - 6月27日
ホンイキ!
7月3日 - 7月10日
読モ!
2010年10月9日 - 2011年3月26日
アイドルの穴2011
〜日テレジェニックを探せ!〜
4月3日 - 6月18日
しか〜も!!
5月7日 - 2012年3月24日
アイドルの穴2013
〜日テレジェニックを探せ!〜
7月7日 - 9月29日
裁判長っ!おなか空きました!
【ドラマ】
※25:20 - 25:35
10月6日 - 2014年3月30日
はじめの一歩 Rising
【アニメ】
※25:35 - 26:05
10月6日 - 2014年3月30日
裁判長っ!おなか空きました!
※25:20 - 25:35
はじめの一歩 Rising
※25:35 - 26:05
アイドルの穴2014
〜日テレジェニックを探せ!〜
2014年4月6日 - 6年22日
ネリさまぁ〜ず
7年13日 - 10月5日
日曜1:50 - 2:20枠
ゴースト
~天国からのささやき シーズン2~
※30分繰り下げで継続
2011年1月8日 - 7月2日
アイドルの穴2011
〜日テレジェニックを探せ!〜
5月7日 - 6月18日
臨死!!江古田ちゃん
【ドラマ】
※中断からの再開
6月25日 - 7月9日
日曜2:05 - 2:35枠
ポシュレデパート深夜店
【通販】
2005年10月8日 -
アイドルの穴2012
〜日テレジェニックを探せ!〜
2012年4月8日 - 6月24日
ポシュレデパート深夜店
※再開
- 2014年10月1日
金曜1:29 - 1:59枠
日テレプッシュ
【単発枠】
※30分繰り上げで継続
2014年10月3日 -
次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう!
2015年7月3日 - 9月18日
ルパン三世
10月2日 -