妄想キャリブレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
妄想キャリブレーション
基本情報
別名 妄キャリ
出身地 日本の旗 日本 東京都秋葉原
ジャンル J-POP
活動期間 2013年 -
レーベル MOSO RECORDS(2013年 - 2015年)
Sony Music Records(2016年 - )
事務所 DEARSTAGE Inc.
共同作業者 Wicky.Recordings
公式サイト mosoclbr.com
メンバー 胡桃沢まひる
桜野羽咲
星野にぁ
雨宮伊織
水城夢子
旧メンバー 一之瀬えみり
神堂未祐奈
双葉苗
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

妄想キャリブレーション(もうそうキャリブレーション、Moso Calibration、略称:妄キャリ)は、日本の5人組女性アイドルグループ[1]

メンバー[編集]

※加入順。以下、公式プロフィール通りに記載[2]

名前 誕生日 出身地 担当色 加入年月日 アメーバブログ名
胡桃沢まひる
(くるみざわ まひる)
1993年11月27日 東京都 ピンク 結成メンバー 天使になるためのきろく
桜野羽咲
(さくらの うさ)
1995年1月11日 東京都 ホワイト 2013年6月22日 羽咲の日常のようなもの
星野にぁ
(ほしの にぁ)
1994年6月21日 宮崎県 イエロー 2013年6月22日 いつまでたってもはんこうき
雨宮伊織
(あまみや いおり)
1993年8月3日 富山県 ネイビー 2014年10月18日 雨のち伊織ちゃん
水城夢子
(みずき ゆめこ)
1996年4月22日 富山県 グリーン 2014年10月18日 寝ても覚めても夢の中~

旧メンバー[編集]

  • 一之瀬えみり(いちのせ えみり、在籍期間:結成 - 2013年7月11日)
  • 神堂未祐奈(しんどう みゆな、在籍期間:結成 - 2014年10月17日)
  • 双葉苗(ふたば なえ、在籍期間:2013年6月22日 - 2017年3月31日)

略歴[編集]

結成 - メンバーの変遷[編集]

2013年3月6日、秋葉原ディアステージでのイベント「まひるごはん3」にてユニット結成およびメンバー(神堂未祐奈、胡桃沢まひる、一之瀬えみりの3名)を発表[3]。3月17日にユニットお披露目ライブ「妄想キャリブレーション第0回公演〜妄想ミーティング〜」を開催[4]。6月22日、主催ライブ「ぶいえす!Vol.01 〜妄想キャリブレーション×ANNA☆S〜@高円寺HIGH」にて、新メンバー3名(双葉苗、桜野羽咲、星野にぁ)の加入を発表[5]。7月11日、「妄想キャリブレーションBAR」にて一之瀬えみりが卒業[6]

2013年10月から2014年2月にかけて、計4枚のシングル「妄想が止まらない」、「いつだって世界にファイティングポーズ」、「初めてだよこんな気持ちにさせてくれたのは恋。」、「人生はいじわるなの…かな?」をライブ会場限定(各1,000枚限定)で発売し、いずれも発売後即完売する[7][8][9]

2014年5月15日、渋谷WWWにて1stワンマンライブ「妄想が止まらない! 2014〜初ワンマンライブは最高なの…かな?〜」を開催し[9]、6月16日には初の全国流通音源となる5枚目のシングル「何故なら私、妄想少女ですの」を発売(自身初のミュージックビデオが収録されたDVDも付属。)[8]。表題曲は『ミューサタ』(フジテレビ)の同年9月度のエンディング・テーマに採用された[10]

8月19日、これまでのシングルの表題曲、カップリングの全楽曲と新曲2曲を収録した1枚目のアルバム『妄想少女00』を発売[11]。9月20日には、でんぱ組.incとのコラボレーションユニット「宇宙は11次元で出来ている」として、シングル「Stand〜ここにいるよ〜」をLoppiHMV限定で発売。表題曲は、同日より公開の映画『劇場版 稲川怪談 かたりべ』の主題歌に採用され、「撮影現場で怪談に巻き込まれた新人アイドルユニット」という役柄で映画にも出演[11]

9月15日、SHOWROOMでの冠番組『妄showタイム』内で新メンバーの加入を発表し[12]、9月21日には同番組内で神堂未祐奈の脱退を発表[13]。理由は「グループの成長に心がついていけなかったため」。10月17日、渋谷DUO MUSIC EXCHANGEにて「妄想キャリブレーション 神堂未祐奈 卒業ライブ〜みんなにつたえるありがとうのカタチ〜」を開催[14]。このライブをもって神堂未祐奈が卒業し[15]、翌18日のイベント「アイドルジェネレーション vol.20」出演より、雨宮伊織、水城夢子が加入[16]

悲しみキャリブレーション -[編集]

11月18日、6枚目のシングル「悲しみキャリブレーション」を発売し、表題曲は『実在性ミリオンアーサー』(tvk ほか)にエンディングテーマとして使用された[15]。11月27日には東京キネマ倶楽部にて2ndワンマンライブ「2回目だね♡こんな気持ちにさせてくれたのは…」を開催[9]。また、12月17日に新宿BLAZEにて開催されたアイドル2組によるツーマンライブイベント『DOUBLE COLOR session5』にアップアップガールズ(仮)と共に出演[17]

2015年4月7日、7枚目のシングル「魔法のジュース」を発売し[18]、5月15日には赤坂BLITZにて3rdワンマンライブ「妄想キャリブレーション LIVE2015春 妄想ファンタジア in 赤坂BLITZ」を開催[19]。このライブのアンコールでは初の全国ツアーとZepp Tokyoでのワンマンライブの開催がサプライズ発表され、事前に知らされていなかったメンバーはうれし涙を流しながらファンに感謝の言葉を伝えた[19]。8月4日に8枚目のシングル「幻想恋花火」を発売し[20]、8月15日にSUMMER SONIC 2015[21]、8月29日に「@JAM EXPO 2015」に出演した[22]

10月4日、代々木第二体育館で開催されたアイドル運動会「妄想大運動会」に出場し、優勝[23]。10月14日にはアルバム『妄想少女00』をメンバー6人バージョンで再編した『妄想少女00 (2015 ver.)』を配信で発売[24][25]。10月23日の渋谷DUO MUSIC EXCHANGE公演より、初の全国ツアー「妄想キャリブレーションLIVE TOUR2015〜はじめてNIPPON♡ちゅYOUをちぇっくします!〜」を開始[26][27]

2016年5月12日発売、集英社ヤングジャンプ」No.24に掲載された、「サキドルエースSURVIVAL SEASON5」に妄想キャリブレーション代表として雨宮伊織がエントリー[28]

6月1日、9枚目のシングル「ちちんぷいぷい♪」をSony Recordsから発売し、メジャーデビューを果たした[29]

12月25日、全国ツアーの最終日にテレビアニメ「タイムボカン24」のエンディング曲となる「激ヤバ∞ボッカーン!!」を初披露[30]

2017年1月21日に開幕したアイドル対抗フットサルリーグ『バロンiドール杯』に参加[31]

備考[編集]

クリエイティブ・ディレクターもふくちゃん、サウンドプロデュースをWicky.Recordings[注 1]が務めている[10][11]。ファンの総称は「妄想族」であり[19]、ライブについて双葉は「メンバーと会場のみんなが一緒になって作っていく熱さがある」、「初めて観る人も巻き込んでいくのが特徴だと思う」、雨宮は「ファンの人たちも、負けないぞ!っていう感じで向かってくる。その絆がすごい」と話している[32]。なお、ライブでは「妄想ストーリー」と題した寸劇が演じられる事もある[19]

同じ秋葉原ディアステージ所属である事からでんぱ組.incの妹分として紹介されているが[11]、ディアステージではでんぱ組.incとの接点が多かった訳ではなく、胡桃沢がディアステージに入店した頃には既にでんぱ組.incはグループでの仕事が増えていた[33]。なお、胡桃沢は相沢梨紗の歌をディアステージで聴いたことをきっかけにディアステージで働くことを決めたと話している[33]

作品[編集]

※最高位はオリコンチャート週間ランキングによるもの[34]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
インディーズ(MOSO RECORDS)
1st 2013年10月19日 -
2nd 2013年11月16日 -
3rd 2013年12月7日 -
4th 2014年2月22日 -
5th 2014年5月12日 MOSO-1 64位
6th 2014年11月18日 Type-A:MOSO-0003
Type-B:MOSO-0004
78位
7th 2015年4月7日 初回限定生産盤 Type-A:MOSO-0005
初回限定生産盤 Type-B:MOSO-0006
通常盤:MOSO-0007
22位
8th 2015年8月4日 初回盤A:MOSO-0008
初回盤B:MOSO-0009
通常盤:MOSO-0010
30位
メジャー(Sony Records)
9th 2016年6月1日 初回生産限定盤:SRCL-9056/7
通常盤:SRCL-9058
17位
10th 2016年9月28日 初回生産限定盤:SRCL-9175/6
通常盤:SRCL-9177
8位
11th 2016年12月14日 初回生産限定盤:SRCL-9237/8
通常盤:SRCL-9239
17位
12th 2017年3月8日 激ヤバ∞ボッカーン!! 初回生産限定盤:SRCL-9338/9
通常盤:SRCL-9340
期間生産限定盤:SRCL-9341
17位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 2014年8月19日 51位
2nd 2016年1月1日 37位

未発売曲[編集]

  • 夢のカケラ、愛のカタチ

コラボレーション[編集]

  • 宇宙は11次元で出来ている - 「Stand〜ここにいるよ〜」(2014年9月20日、LoppiHMV限定[35]
    でんぱ組.incとの限定ユニット「宇宙は11次元で出来ている」による楽曲

映像作品[編集]

ライブ収録

  • 初!ワンマンライブは最高なの…かな?(2014年7月20日)
  • 2回目だね♡こんな気持ちにさせてくれたのは…(2015年2月27日)
  • 妄想キャリブレーション LIVE 2015 春 〜妄想ファンタジア in 赤坂BLITZ〜(2015年10月)
  • 妄想キャリブレーション LIVE TOUR 2015/16 はじめてNIPPONちゅYOUをちぇっくしました! in Zepp Tokyo(2016年4月)

その他

  • 妄キャリDVDマガジン vol.1(2014年2月13日)
  • 妄キャリDVDマガジン vol.2(2015年2月14日)
  • 劇場版 稲川怪談 かたりべ(2015年4月2日)

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • 妄想科学デパートAKIBA NOISE(2014年6月、TOKYO FM
  • YOKOHAMA DELIGHT(2014年8月、FMヨコハマ
  • 「妄想キャリブレーションの乙女の妄想∞無限大♥」(毎月第1水曜日。2016年4月5日 - 、FM-FUJI)- 同局水曜21時からの「J POP N' ROCKs」に内包[36]

インターネット放送[編集]

  • 妄showタイム(2014年3月 - 、SHOWROOM
  • オバケンゾンビキャンプ(2014年8月、ニコニコ生放送) - 胡桃沢、双葉のみ
  • 生のアイドルが好き(2015年4月、ニコニコ生放送)
  • ゲーム実況バラエティHangameLive3(2015年5月 - 、ニコニコ生放送)雨宮のみ

映画[編集]

  • 劇場版稲川怪談 かたりべ(2014年[37]
  • 劇場版白魔女学園 オワリトハジマリ (2015年)

パチンコ[編集]

  • 怪談パチンコ CR稲川淳二(2014年、高尾[38]

書籍[編集]

写真集[編集]

ライブ[編集]

  • 定期公演第0回〜妄想ミーティング〜(2013年3月17日、秋葉原ディアステージ)
  • 定期公演第一回〜祝☆一之瀬えみり爆誕〜(2013年4月7日、秋葉原ディアステージ)
  • 定期公演第二回〜夢に向かって爆走!ミーティング〜(2013年4月20日、秋葉原ディアステージ)
  • 横浜開港記念イベント『ヨコハマカワイイパーク』(2013年5月3日・4日、横浜山下公園)
  • 主催ライブ『ぶいえす!』Vol.01(2013年6月22日、高円寺HIGH)
  • 定期公演第三回〜やる気しかない!〜(2013年7月14日、秋葉原ディアステージ)
  • 定期公演第四回〜妄想☆夏祭り〜(2013年8月10日、秋葉原ディアステージ)
  • 主催ライブ『ぶいえす!』Vol.02(2013年9月8日、高円寺HIGH)
  • AOMORI ROCK FESTIVAL'13〜夏の魔物〜(2013年9月14日、青森夜越山スキー場)
  • 定期公演第五回〜妄キャリ、始まってます!〜(2013年9月22日、秋葉原ディアステージ)
  • アイドル横丁新聞杯!!〜9月の陣〜(2013年9月29日、渋谷WWW)
  • 定期公演第六回選ばれし妄想少女〜舞い踊る偶像達の宴〜(2013年10月12日、秋葉原ディアステージ)
  • 主催ライブ『ぶいえす!』Vol.03(2013年10月14日、高円寺HIGH)
  • アイドル横丁新聞杯!!〜10月の陣〜(2013年10月27日、渋谷WWW)
  • アイドル横丁新聞杯!!〜11月の陣〜(2013年11月16日、渋谷WWW)
  • 主催ライブ『ぶいえす!』Vol.04(2013年11月30日、高円寺HIGH)
  • @JAM the Field vol.5(2014年2月16日、恵比寿LIQUIDROOM)
  • the GIRLS’FESTIVAL eve vol.4(2014年2月22日、なんばHatch)
  • アイドル祭り in 北海道(2014年3月9日、Zepp Sapporo)
  • 横浜開港記念イベント『ヨコハマカワイイパーク』(2014年5月3日・4日、横浜山下公園)
  • ワンマン「妄想が止まらない!2014〜初ワンマンライブは最高なの...かな?〜」(2014年5月15日、渋谷WWW)
  • AOMORI ROCK FESTIVAL'14〜夏の魔物〜(2014年7月21日、青森夜越山スキー場)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2014(2014年8月2日・3日、お台場・青海特設会場)
  • @JAM EXPO 2014(2014年8月31日、横浜アリーナ)
  • 妄想キャリブレーション 神堂未祐奈 卒業ライブ 〜ありがとうのカタチ〜(2014年10月17日、渋谷duo MUSIC EXCHANGE)
  • @JAM the Field vol.6(2014年11月24日、六本木ブルーシアター)
  • ワンマン「妄想キャリブレーション2ndワンマンライブ〜2回目だね♡こんな気持ちにさせてくれたのは...〜」(2014年11月27日、東京キネマ倶楽部)
  • DOUBLE COLOR session5(2014年12月17日、新宿BLAZE)
  • @JAM x TALE in HongKong 2017(2017年2月11日・12日 、香港・MUSIC ZONE)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 利根川貴之、Dr.USUI、坂和也からなる音楽制作集団

出典[編集]

  1. ^ 妄想キャリブレーション”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年12月14日閲覧。
  2. ^ Member メンバー”. 妄想キャリブレーション公式サイト. ディアステージ. 2015年12月15日閲覧。
  3. ^ 胡桃沢まひる (2013年3月12日). “○まひるごはん3”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月15日閲覧。
  4. ^ [DS] 3/17(日) 妄想キャリブレーション第0回公演~妄想ミーティング~”. 秋葉原ディアステージ. ディアステージ. 2015年12月15日閲覧。
  5. ^ 胡桃沢まひる (2013年6月25日). “○ぶいえす-vol.1-”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月15日閲覧。
  6. ^ 胡桃沢まひる (2013年7月11日). “○妄キャリBAR”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月15日閲覧。
  7. ^ 妄想キャリブレーションの記事まとめ”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2015年12月14日閲覧。
  8. ^ a b 妄想キャリブレーション初の全国流通盤「何故なら私、妄想少女ですの」発売”. CDJournal. 音楽出版社 (2014年6月16日). 2015年12月14日閲覧。
  9. ^ a b c 妄想キャリブレーション”. ディアステージ. 2015年12月14日閲覧。
  10. ^ a b でんぱ組の妹分“妄想キャリブレーション” 満を持して配信スタート”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2014年9月17日). 2015年12月14日閲覧。
  11. ^ a b c d 妄キャリ初アルバム発売、でんぱ組コラボCDも”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年8月19日). 2015年12月14日閲覧。
  12. ^ 胡桃沢まひる (2014年9月15日). “○萌えろ@エンジェルちゃんと妄 show タイム”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月14日閲覧。
  13. ^ 胡桃沢まひる (2014年9月15日). “○未祐奈卒業発表と今日のまひる”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月14日閲覧。
  14. ^ 胡桃沢まひる (2014年10月17日). “○妄想キャリブレーション 神堂未祐奈 卒業ライブ~みんなにつたえるありがとうのカタチ~”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月14日閲覧。
  15. ^ a b 妄想キャリブレーション、新体制で失恋歌う”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年10月20日). 2015年12月14日閲覧。
  16. ^ 胡桃沢まひる (2014年10月18日). “○新体制妄キャリでのアイジェネ”. 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」. アメーバブログ. 2015年12月15日閲覧。
  17. ^ フィジカルNo.1はアプガ?妄キャリと“戦闘的”ライブ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年12月25日). 2015年12月14日閲覧。
  18. ^ スカートが光る!妄想キャリブレーション“青春の汗”歌う新曲PV”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年4月7日). 2015年12月14日閲覧。
  19. ^ a b c d 妄キャリ、魔法と妄想パワーで赤坂熱狂「たくさんの愛を倍返しに」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年5月18日). 2015年12月14日閲覧。
  20. ^ 妄キャリ、和テイストのニューシングルで幽霊と人間の恋を描く”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年8月4日). 2015年12月14日閲覧。
  21. ^ 「SUMMER SONIC 2015」熱演続いた2日間が終幕”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年8月22日). 2015年12月14日閲覧。
  22. ^ 横アリ「@ JAM」アイドル130組10時間熱狂ライブに幕”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年9月5日). 2015年12月14日閲覧。
  23. ^ 妄想キャリブレーションがアイドル運動会で初代女王”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年10月5日). 2015年12月14日閲覧。
  24. ^ 妄想キャリブレーション、1stアルバムの“2015ver.”を配信スタート”. CDJournal. 音楽出版社 (2015年10月14日). 2015年12月14日閲覧。
  25. ^ 妄想キャリブレーション メンバーチェンジを経て1stアルバム『妄想少女00』2015ver.配信スタート”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2015年10月14日). 2015年12月14日閲覧。
  26. ^ 妄キャリ、初の全国ツアー開幕!新曲初披露で“おもてなし””. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年10月29日). 2015年12月14日閲覧。
  27. ^ 妄想キャリブレーション念願の全国ツアーに「涙が」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年10月23日). 2015年12月14日閲覧。
  28. ^ グラビアアーカイブ/サキドルエースSURVIVAL SEASON5”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  29. ^ 「オタク女子だけどパフォーマンスは体育会系!」妄キャリがメジャーデビュー!”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2016年6月17日). 2016年6月7日閲覧。
  30. ^ 妄キャリ「タイムボカン」新曲初披露でツアー締め”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (12月25日). 12月26日閲覧。...
  31. ^ アイドル対抗フットサルリーグ『バロンiドール杯』が1月21日開幕!”. サッカーキング (2016年12月29日). 2017年1月30日閲覧。
  32. ^ 土屋恵介 (2015年10月15日). “【インタビュー】妄想キャリブレーション”. ローチケHMVニュース. ローソンHMVエンタテイメント. 2015年12月14日閲覧。
  33. ^ a b 古川朋久 (2015年4月6日). “でんぱ組.inc×妄想キャリブレーション「@JAM EXPO 2015」対談”. 音楽ナタリー Power Push. ナターシャ. p. 1. 2015年12月14日閲覧。
  34. ^ 妄想キャリブレーションのランキング”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2015年10月31日閲覧。
  35. ^ でんぱ組.incと妄想キャリブレーションのスペシャルユニット“宇宙は11次元で出来ている”!!”. ローチケHMVニュース. ローソンHMVエンタテイメント. 2015年12月15日閲覧。
  36. ^ 2017年3月27日までは同局GIRLS・GIRLS・GIRLS =FULL BOOST=で放送されていた。
  37. ^ スタッフ(「劇場版稲川怪談 かたりべ」公式サイト)
  38. ^ エピソード(「劇場版稲川怪談 かたりべ」公式サイト)

外部リンク[編集]