福嶋麻衣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふくしま まいこ
福嶋 麻衣子
生誕 (1983-08-10) 1983年8月10日(33歳)
日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
別名 もふくちゃん
出身校 東京芸術大学音楽学部卒
職業 プロデューサー
実業家

福嶋 麻衣子(ふくしま まいこ、1983年8月10日[1][2] - )は、日本アイドルプロデューサー[1]音楽プロデューサー[3]実業家[1]でんぱ組.incのプロデューサーであり[1]萌え系ライブ&バー秋葉原ディアステージ」、アニソンDJバー「秋葉原MOGRA」を運営していた[1][4]。2017年現在、合同会社テキトーカンパニー代表社員[5]。別称は、もふくちゃん[1][4]東京都出身[2][6]

略歴[編集]

3歳からピアノを始め、ピアニストを志望して国立音楽大学附属音楽高校ピアノ科に入学しクラシックピアノを学ぶも[7]、ピアニストになる夢を諦める[1]。高校を卒業後、別の活路を見出す事を目的として芸術も勉強できる東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科に入学[7]

大学ではノイズミュージック[4][7]アートを探究した後、マイケル・ジャクソンディズニーランドといった大衆が熱狂するコンテンツの力に関心を移す[1][4]。この経緯から「ポップカルチャーの歴史に残ることをやりたい」と決意[1][6]。また、自分で勉強してサーバを立てて自身のパフォーマンスプロジェクト「喪服の裾をからげ」でウェブ上の生配信を行っていた[7]。これをきっかけにもふくちゃんと呼ばれる様になる[7]

また、大学生頃より徐々にオタクのコンテンツに熱中し、コミケ同人イベントM3」や音楽の同人販売に行き始め[4]、音楽ではニコニコ動画巫女みこナースなどに衝撃を受け、電波ソングアニメソングアイドルソングへの関心から秋葉原という街に興味を持つようになる[4]。また、メイド喫茶との出会いが大きいとしており、メイド喫茶を通じて秋葉原の様々な文化を学んだ[4][7]

大学を卒業後、現代美術ギャラリーに就職。その後、出版業界でウェブの制作やグラビア雑誌、ファッション雑誌の編集を務める[8]。後に知人と「秋葉原でライブハウスをやりたい」という話になり、プロダクションを作ってアイドルのプロデュースをしたいという思いがあった事から飲食経験のある人達で店の基盤を作り、自身はアイドル、アーティストのコンテンツを加えていき[4]、株式会社モエ・ジャパンを創立し、代表取締役社長に就任[7]

2007年12月、秋葉原にライブ&バー「秋葉原ディアステージ」を開店。客の反応がとても良く可能性を感じた事に加え、ディアステージで働いていた古川未鈴から「どうしてもアイドルユニットがやりたい」と何度も相談され[9]、古川と2人で相談しながら手探りででんぱ組(現:でんぱ組.inc)のプロデュースを手掛ける事になったことから、「勝負をかけるならここだな」と思い、借金して2008年9月に店舗を移転させる[4][10]。同年12月にでんぱ組の1枚目のシングル「Mirror Magic?」をディアステージで発売[4][6]。同作品は200枚をプリンターで刷ってカッターで切って作るなど、完全な自主制作であった[6]。以後ディアステージを拠点とするでんぱ組の活動をプロデュースする[11]

2010年にDJバー「秋葉原MOGRA」をディアステージ移転前の場所に開店[4]。2011年11月、トイズファクトリーと共同で音楽レーベル「MEME TOKYO」を立ち上げ[6]、クリエイティブディレクターに就任[2]。でんぱ組.incを同レーベルに所属させる。

人物[編集]

血液型はA型[2]。高校生の頃にPファンクパーラメントの音楽に強い影響を受ける[3][12]。何でも許される感じが良いとしてモットーは「グルーヴ感」。人との空気感や場所の空気感を大事にし、ストイックに枠にはめるのが苦手であるとしている[3]。座右の銘は、「破天荒[3]

プロデューサーとして[編集]

アイドルが好きであった一方で、男性が作っている歌詞や恋愛の曲に女性として共感できない部分が多く、衣装についても歯がゆく感じることも多かったが、こんなにも凝り固まっているということは、逆に崩しやすいとして「これはチャンスだ」と思ったとしている[4]

アイドルは可愛いだけが売りではないとしており、共感・共有できるストーリーをいかに持てるかが大事としている[1]。「持たざる者のほうが共感を得やすい時代(2013年現在)」としており、人物が抱える挫折がむしろ武器になるという考えを持っている[1]。「アイドルはメンバーが命だと思う」としており、1人でもスターが入ってくればそれだけで人気がグッと上がると思うと述べている[13]

女性目線でアイドルをプロデュースするという点について、男性スタッフに気に入られないといけないというアイドル側が持つ「媚」が無く、等身大でいられるとしている。また、女の子が見て可愛いと思うものを作りたいと常々考え[6]、女性に愛されるアイドルが理想としている[4]

音楽そのものは無料でも良いと考えており、その代わりに音楽に関わるコミュニケーションの価値を重要視しており、音楽ビジネスはどんどんコミュニケーションを重視したものになっていくと思っていると述べている[14]。また、「アイドルは常に形を変えながら、どの時代にも必ず存在する」として、時代に合うアイドルを輩出していきたいと述べている[1]

2014年より、ピクシブによるアイドル育成プロジェクトから生まれたユニット虹のコンキスタドールのプロデュースに携わっており、約1年間ぐらいのロードマップみたいなものを作りそこから逆算する方式でプロデュースを手掛けている[15]

でんぱ組.incのプロデュース[編集]

でんぱ組.incのプロデューサーとして同グループのファン層の拡大に成功した事でプロデューサーとしての知名度を上げる[1]。自身が初めて手がけたアイドルであったため、最初の頃はなにもかも手探りでとにかくやりたいことを次から次へと試し、メンバーと一緒に作り上げていっている感覚であったと述べている[4]アキバカルチャーを世界に発信したいと考えていたことから[11]、デビュー当初から海外向けのアイドルユニットにしようと、日本的なものを意識して取り入れていた[11]

また、「電波ソング」を中心にしたアイドルは過去にはないのではないかと思い、電波ソング界で活躍していた人々に楽曲制作を断られる覚悟で依頼したところ、承諾される[9]。以降ディアステージの従業員からメンバーを増やしていく[9]。かつての辛かった経験として、アニソンライブに出演すると「でんぱ組はアニソンじゃない」と拒否反応され、アイドルとの対バンライブに出演すると「でんぱ組はアイドルじゃない」と拒否され、常に居場所がなかったと振り返っている[9]

「ひきこもり」や「いじめ」といったメンバーの過去を打ち出した事で話題を呼んだ楽曲「W.W.D」を発表するにあたっては、あまりアイドルにそういうことをさせたくないという思いがあったため不安な部分があったが、トイズファクトリーの社長以下スタッフのみんなが好反応を示した為、それを信頼して発表するに至った[16]

メンバーによると福嶋は女性ならではの注意点が多く、自撮りをいっぱいして練習をして写真写りをよくしろと言われていたと述べており、「もふくちゃんの言うことはいつも間違っていなかった」として言いつけは守るように努力していたと述べている[17]

夢眠ねむは元々アイドル志望ではなかったが、福嶋は夢眠にディアステージでアイドルとして活動する事を要求すると同時に10キロ[注 1]痩せる事を指示する。後のオーディションででんぱ組.incのメンバーとなる[18]成瀬瑛美も元々はアイドル志望ではなかったが、「センスがあるもふくちゃんが言うなら、きっと間違いない」と思いでんぱ組.incへの加入を決めたとしている[17]

相沢梨紗は福嶋について、「言ったことを実現に持っていく力がある人」、「0から1を作れる」と述べ、その例として「秋葉原ディアステージを、フランスに持って行きたい」と福嶋が予てから発言していたが、その後でんぱ組.incがフランスのイベント「Japan Expo」に出演した事を挙げている[19]

後に福嶋はでんぱ組.incのプロデュースを「壮大な実験」であったと振り返っている[4]

主なプロデュース[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • NEWS WEB(23:30 - 24:00 月曜日・2014年度「ネットナビゲーター・第3期生」、NHK総合) - 2015年度からは不定期・祝日

ラジオ[編集]

  • 妄想科学デパート AKIBANOISE(2013年4月3日 - 2015年3月25日〈24日深夜〉、TOKYO FM)レギュラー[23]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後に7キロに変更

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m <6>次世代アイドルの生みの親 福嶋麻衣子”. AERA 朝日新聞デジタル (2013年8月26日号). 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 福嶋麻衣子 a.k.a もふくちゃん”. DEARSTAGE inc.. 2015年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c d ICON vol.54 福嶋麻衣子 〜アイドルの常識を変えた 秋葉原の若きプロデューサー〜(2/2)”. アジアンビート アジアユースカルチャーセンター (2014年5月7日). 2015年8月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ICON vol.54 福嶋麻衣子 〜アイドルの常識を変えた 秋葉原の若きプロデューサー〜(1/2)”. アジアンビート アジアユースカルチャーセンター (2014年5月7日). 2015年8月1日閲覧。
  5. ^ 私としごと アイドルプロデューサー「もふくちゃん」のルーツは、ノイズミュージックとアートにあった”. CINRA.JOB (2017年2月17日). 2017年4月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f インタビュー:福嶋麻衣子(もふくちゃん)”. タイムアウト東京株式会社 (2013年6月3日). 2015年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g かわいすぎる代表取締役“もふくちゃん”こと株式会社モエ・ジャパン福嶋麻衣子さんインタビュー(前編)”. ガジェット通信 東京産業新聞社 (2011年4月14日). 2015年8月1日閲覧。
  8. ^ 福嶋麻衣子/もふくちゃん(株式会社モエジャパン代表取締役)”. Tokyo Art Research Lab 東京都歴史文化財団. 2015年8月1日閲覧。
  9. ^ a b c d 「 彼女たちは人生を懸けて、命を燃やしてやってくれてる」プロデューサー福嶋麻衣子(もふくちゃん)”. cakes 株式会社ピースオブケイク (2013年3月5日). 2015年8月1日閲覧。
  10. ^ でんぱ組.inc、武道館ライブを達成できたワケ もふくちゃん「我々よりも世間が変わっていった」”. リアルサウンド (2014年5月31日). 2015年8月2日閲覧。
  11. ^ a b c 飽和状態の国内アイドル市場、“海外輸出”が更に活発に!?”. オリコン (2014年9月5日). 2015年8月1日閲覧。
  12. ^ オタクが輝く聖地「MOGRA」美人オーナーもふくちゃん(3/4)”. アスキー・メディアワークス KADOKAWA (2011年6月11日). 2015年8月2日閲覧。
  13. ^ (2ページ目)ピクシブ発アイドル、虹のコンキスタドールが目指すものは? 永田P×もふくちゃんが対談”. リアルサウンド (2014年11月3日). 2015年8月1日閲覧。
  14. ^ かわいすぎる代表取締役“もふくちゃん”こと株式会社モエ・ジャパン福嶋麻衣子さんインタビュー(後編)”. ガジェット通信 東京産業新聞 (2011年4月15日). 2015年8月1日閲覧。
  15. ^ ピクシブ発アイドル、虹のコンキスタドールが目指すものは? 永田P×もふくちゃんが対談”. リアルサウンド (2014年11月3日). 2015年8月1日閲覧。
  16. ^ 「物語性の先に辿りつきたい」でんぱ組.incのプロデューサー・もふくちゃんが語るアイドル論”. リアルサウンド (2013年9月22日). 2015年8月2日閲覧。
  17. ^ a b でんぱ組.inc、海外活動から原点まで――今の心境とは!?”. オリコン (2014年10月1日). 2015年8月1日閲覧。
  18. ^ (2ページ目)でんぱ組.inc夢眠ねむ×もふくちゃんの大学院講義「アイドルのセルフプロデュース論」レポ”. リアルサウンド (2014年8月24日). 2015年8月1日閲覧。
  19. ^ インタビュー:でんぱ組.inc”. タイムアウト東京株式会社 (2013年5月24日). 2015年8月1日閲覧。
  20. ^ 妄キャリ初アルバム発売、でんぱ組コラボCDも”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年8月19日). 2015年12月14日閲覧。
  21. ^ LinQ、新作はもふくちゃん監修の“ウェッサイ””. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年8月3日). 2015年8月1日閲覧。
  22. ^ PUFFY新作「パフィピポ山」全貌明らかに、次回「愛の説教小屋」ゲストはでんぱ組”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年10月5日). 2015年10月6日閲覧。
  23. ^ 妄想科学デパート AKIBANOISE(アキバノイズ)”. エフエム東京. 2015年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]