ピクシブ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピクシブ株式会社
pixiv Inc.
Pixiv logo.svg
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目23番5号
JPR千駄ヶ谷ビル6F
設立 2005年平成17年)7月25日
(ウェブッテネット株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 2011001046319 ウィキデータを編集
事業内容 インターネットメディア事業
Webアプリケーション開発
代表者 代表取締役 國枝信吾
資本金 1,250万円
主要株主 株式会社アニメイトホールディングス
関係する人物 片桐孝憲(創業者)
上谷隆宏(pixiv創設者)
永田寛哲(元社長)
青木俊介取締役(元取締役CTO)
外部リンク https://www.pixiv.co.jp/
テンプレートを表示

ピクシブ株式会社: pixiv Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置くネットベンチャー企業である。アニメイトホールディングスの子会社。イラストコミュニケーションサービスを提供する会員制ウェブサイト「pixiv」とその関連サービスを運営している。

歴史[編集]

  • 2005年7月25日 - ウェブッテネット株式会社として設立[1]
  • 2006年
    • 4月 - 容易にWebページを生成できる無料サービス「crooc(クルーク)」の提供を開始
    • 7月1日 - クルーク株式会社に社号変更。
  • 2007年
    • 5月29日 - CMSホスティングサービス「dotpot」をリリース[2]
    • 6月28日 - Webサービス「weime(ウィーアイミー)」をリリース[3]
    • 10月1日 - イラストコミュニケーションサービス「pixiv」の運営を開始[4]
  • 2008年11月1日 - ピクシブ株式会社に商号変更。
  • 2009年11月10日 - インターネット百科事典サービス「pixpedia(現:ピクシブ百科事典)」開始[5]
  • 2010年12月10日 - 世界202の国と地域からのアクセスと、月間20億PV、会員数260万を記録[6]
  • 2011年
    • 3月29日 - pixivのユーザー登録者数が300万人を突破[7]
    • 7月1日 - イラスト/漫画の累計作品投稿数が2000万枚を突破[8]
  • 2012年
    • 1月30日 - pixivユーザー登録者数が400万人を突破[9]
    • 6月6日 - コミック総合サイト「pixivコミック」をリリース[10][11]
  • 2013年
    • 3月1日 - NHN Japan株式会社(現:Aホールディングス株式会社)よりコスプレコミュニティサイト「Cure」「WorldCosplay」及びそれらに関する事業を譲受し、新たに100%出資による子会社「キュア株式会社」を設立[12]
    • 12月19日 - ショップ作成サービス「BOOTH(ブース)」リリース[13]
  • 2014年
    • 2月24日 - pixivユーザー登録者数が1000万人を突破[14]
    • 6月25日 - うごくイラスト『うごイラ』をリリース[15]
    • 10月16日 - Webマンガ配信プロジェクト「MANGA pixiv」をスタート[16]
  • 2015年
    • 2月5日 - グッズ制作サービス「pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)」をリリース[17]
    • 6月10日 - pixiv上の漫画作品閲覧に特化したスマホ向けアプリ『pixivマンガ』を配信開始[18]
    • 6月18日 - pixiv投稿作品を紹介する「pixivスポットライト」が創作系メディア「pixiv Spotlight(現:pixivision)」にリニューアル[19]
    • 6月29日 - お絵かきアプリ「pixiv Sketch」をリリース[20]
    • 12月10日 - 同人誌作成サービス「pixivFACTORY BOOKS」をリリース[21]
    • 12月16日 - 小説総合サイト「pixivノベル」をリリース[22]
  • 2016年
    • 3月1日 - 動画で学ぶお絵かき講座「sensei by pixiv」をリリース[23]
    • 9月10日 - pixivユーザー登録者数が2000万人を突破[24]
    • 12月2日 - 福岡オフィスを開設[25]
    • 12月13日 - さくらインターネット株式会社との業務提携により画像の変換・配信サービス「ImageFlux」 提供開始[26]
    • 12月31日 - 片桐孝憲が退任(取締役としては留任)、副社長の永田寛哲が会長、執行役員の伊藤浩樹が代表取締役社長に昇格[27]
  • 2017年
    • 4月1日 - 子会社キュア株式会社の「Cure WorldCosplay」事業を株式会社キュアに譲渡[28]
    • 4月11日 - 「pixiv Sketch」のWindowsユニバーサルアプリ版を提供開始[29]
    • 4月24日 - 「Pawoo(パウー)」のAndroidアプリ版をリリース[30]
    • 4月27日 - ユーザー登録者数10万人突破[31]
  • 2018年
    • 1月1日 - 片桐・伊藤が取締役を退任、永田が代表取締役社長に就任[32]
    • 1月4日 - 配信機能を提供開始[33]
    • 2月13日 - pixivのユーザー登録数が3,000万人を突破[34]
    • 3月15日に - 講談社とピクシブの共同漫画アプリ「Palcy」をプレリリース[35]
    • 4月5日 - pixivでグッズの販売・購入ができる機能をリリース[36]
    • 4月26日 - 月額制ファンコミュニティ 「pixivFANBOX」を全クリエイター向けに提供開始[37]
    • 6月6日 - 永田が代表取締役社長を辞任。國枝信吾が代表取締役社長に就任[38]
    • 7月19日 - 「pixivFANBOX」におけるクリエイターへの累計還元額が1億円を突破[39]
    • 8月3日 - 3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」β版を一般公開[40]
    • 12月21日 - 3Dキャラクターモデルの投稿・共有プラットフォーム「VRoid Hub」提供開始[41]
  • 2019年
    • 2月15日 - ピクシブ株式会社と株式会社ツインプラネットの共同ギャラリー『pixiv WAEN GALLERY by TWIN PLANET × pixiv』を東京・表参道にオープン[42]
    • 4月26日 - pixivのユーザー登録数が4000万人を突破[43]
    • 10月31日 - 「pixiv Sketch」への外部連携SDKを提供開始[44]
    • 12月2日 - Mastodonインスタンス「Pawoo(パウー)」を株式会社クロスゲートに譲渡[45]
    • 12月9日 - pixiv SketchのiOS版にライブ配信機能を提供開始[46]
  • 2020年4月28日 - pixivユーザー登録者数が5000万人を突破[47]
  • 2021年9月30日 - みんなの銀行と提携し、みんなの銀行内に「ピクシブ支店」を開設[48]

ピクシブ株式会社への商号変更までの経緯[編集]

クルーク株式会社は当時、LinuxApacheMySQLPHP(いわゆるLAMP)などのオープンソースソフトウェアと自作サーバによる低価格なシステム開発やWeb制作の受託を中核事業に行っていた。しかし、2007年(平成19年)9月10日、クルークの社内サーバを社外協力者、上谷隆宏に提供し、開始した「pixiv」が同月、会員1万人に到達する急成長を見せ、同年10月1日、上谷が入社し、開発、運営の業務を開始した。2008年(平成20年)には、会員数38万人、月間3.6億PVに成長したため、事業内容の見直しを行い、「pixiv」を中核事業に変更し、商号も2008年(平成20年)11月1日、ピクシブ株式会社に再変更した[49]

事業内容[編集]

事業内容と収益構造[編集]

ピクシブ株式会社に商号変更後は、Webサービスの「pixiv」および姉妹サービス「drawr」、「ピクシブ通信」事業を一本化し、2008年(平成20年)末には、採算ラインに到達している。[50] ピクシブは早期から広報活動に積極的にTwitterを利用している企業の一つでもある[51]。「リアルとの連動」として「pixivフェスタ[52]pixivマーケット[53]などのイベント開催や、書籍など各種グッズの制作販売[54]にも手を広げている。

「pixiv」のインフラ設備及び運営[編集]

当初「pixiv」のインフラ設備及び運営は、自社内にあるものに関してはクルーク株式会社時代のノウハウを活かし、ハードは合板に載せたむき出しマザーボードの自作サーバをオフィスの一角に設置、ソフトはLAMPと経費を最小限に抑えた通称『ベニヤ機』を利用していた。サーバは1台5万円のものが2009年11月の時点で170台、電気代は2009年8月の時点で月31.2万円であるという[55][56]

ユーザー数の増加に対応するため2010年からIDCフロンティアのデータセンターに既製品(ヒューレット・パッカード製)を設置している[57]

「社員犬チョビ」と「ピクシブたん」[編集]

本社オフィスで飼われている柴犬の「チョビ」(黒毛・メス。2007年(平成19年)10月23日生まれ)がマスコット。社内では「社員犬」という位置付け[58][59]で、pixivのメンテナンスの際にしばしば先述の自作サーバ群と共に画面に登場し、2009年(平成21年)3月6日以降のメンテナンスではFlashゲームのキャラクターとしても活躍[60]するなど、各所にモチーフとして用いられている。2009年(平成21年)2月と7月に東京・原宿で行われたpixivフェスタにも社員として参加している[52]

もう1つのキャラクターユーザー企画発祥[61]ピクシブたんで、その性質上一定の形態はないが、pixivロゴの水色を基調にした典型的な萌え擬人化として描かれることが多い。

「つくドル!プロジェクト」[編集]

2014年より始めた、声優、イラストレーター、コスプレイヤーなどクリエイターとして活動しながらアイドルとして愛される存在になる、「つくれるアイドル」=「つくドル!」を発掘、育成するためのプロジェクト[62]。 このプロジェクトの第1回オーディションにより、女性アイドルグループである虹のコンキスタドール(虹コン)が結成された。

2017年12月1日、虹コン、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)(2016年7月「ベースボールガールズ」より改名、ピクシブプロダクション所属となる)は2018年1月よりディアステージ所属となることが発表された。ピクシブプロダクションのアイドル部門を独立、ディアステージと合流し、同社内に「虹コン事業部」を新設する形となる[63]

不祥事[編集]

代表取締役によるセクハラ[編集]

2018年5月、代表取締役社長であった永田寛哲(当時)により、当時同社のマネジメントを受けていたアイドルグループ・虹のコンキスタドールの元メンバーに対するセクシャルハラスメントがあったことが表面化し、元メンバーによる永田への提訴に至った。これにより同年6月、永田は「現在係争中の訴訟に関する件がインターネット上等に掲載されていること」を受けて、現在の状況では代表取締役としての職責を果たすことが困難であることを理由に同社代表取締役を辞任した[64][65]

トランスジェンダー女性社員に対するSOGIハラ及びセクハラ[編集]

2022年5月、女性として生活しているトランスジェンダーの同社の社員は、SOGIハラスメントやセクシャルハラスメントにより精神的な被害を受けたとして、同社と元上司へ550万円余りの賠償を求めて東京地方裁判所に提訴した[66]。原告社員は2018年の入社直後から当時執行役員であった加害者から「なぜ女装しているんだ」などと言われたり、興味本位で体を触ったり猥褻な話をされたりするハラスメントを継続的に受けていた[67]。2019年に原告社員から申告を受け、ピクシブ側は加害者に対し執行役員の解任と減給処分、原告社員への接近禁止を約束したが、その後、2020年4月からの1年間は原告社員と加害者が同じ事業部に配属される状態になるなど約束が反故にされ、原告社員は精神疾患を発症し休職を余儀なくされ、復職したものの上司との慰謝料請求に関する交渉も不調に終わったことから、訴訟提起をするに至った[68]

ピクシブ側は提訴を受けて、2022年6月1日の同社Webサイトでのリリースでハラスメントの事実を認めたうえで謝罪し、「外部の専門家を招いた全社員参加必須のハラスメントに関する研修の実施、管理職に対しての別途追加での研修の実施、外部専門家を交えたハラスメント相談窓口の整備などを定期的に行っております。今後もより一層の改善に努めてまいります」とした[69]

9月8日に東京地裁で行われた第1回口頭弁論において同社は争わず、訴えを全面的に認め、賠償を全額支払う「認諾」を表明した[70]。一方で元上司は争う内容の答弁書を提出し、原告側に請求棄却を求めた[70]

資格・免許[編集]

  • 電気通信事業者(事業者番号:A-18-9070)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 由来は「ウェブってネットじゃん」(【トレビアン企業探訪】『pixiv』を運営するクルークに突っ込みインタビュー!”. 株式会社ライブドア (2008年5月21日). 2009年12月9日閲覧。)。
  2. ^ クルーク株式会社は、ウェブ管理もメールもワンストップで行える、CMSホスティングサービス「dotpot」を発表”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  3. ^ 「やること」を共有するWebサービス『weime(ウィーアイミー)』をリリース”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  4. ^ イラストを投稿・共有するSNSの「pixiv」( http://www.pixiv.net)、20日間で会員数1万人突破。”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  5. ^ pixivのタグ解説を投稿・閲覧できる「pixpedia」”. ITmedia NEWS. 2021年7月8日閲覧。
  6. ^ pixiv、世界202の国と地域からのアクセスを記録”. 2020年6月19日閲覧。
  7. ^ pixivのユーザー数が300万人を突破”. 2020年6月19日閲覧。
  8. ^ イラスト/漫画の累計作品投稿数が2000万枚を突破”. 2020年6月19日閲覧。
  9. ^ pixivのユーザー数が400万人を突破”. 2020年6月19日閲覧。
  10. ^ コミック総合サイト「pixivコミック」をリリース”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  11. ^ pixiv、電子書籍が読めるコミック総合サイト「pixivコミック」をリリース | GameBusiness.jp」『GameBusiness.jp』。2021年7月8日閲覧。
  12. ^ pixiv 大手コスプレ・コミュニティサイトの「Cure」を傘下に”. 2021年7月8日閲覧。
  13. ^ pixivと連携した“創作活動がより楽しくなる”ショップ作成サービス、BOOTH(ブース)12月19日にリリース/先行登録開始”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  14. ^ pixivのユーザー数が1,000万ユーザーを突破”. 2020年6月19日閲覧。
  15. ^ うごくイラスト『うごイラ』をリリース – アニメーションGIFにも対応”. 2020年6月19日閲覧。
  16. ^ pixiv、Webマンガ配信プロジェクト「MANGA pixiv」をスタート”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  17. ^ pixiv、“ものづくりがもっと楽しくなる”「pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)」リリース”. valuepress. 2021年7月8日閲覧。
  18. ^ pixiv上の漫画作品閲覧に特化したスマホ向けアプリ『pixivマンガ』を配信開始”. 2020年6月19日閲覧。
  19. ^ pixiv投稿作品を紹介する「pixivスポットライト」がリニューアル” (日本語). ITmedia eBook USER. 2021年7月8日閲覧。
  20. ^ pixiv、お絵かきアプリ「pixiv Sketch」をリリース”. 2020年6月19日閲覧。
  21. ^ pixiv、同人誌作成サービス「pixivFACTORY BOOKS」をリリース”. 2020年6月19日閲覧。
  22. ^ 小説総合サイト「pixivノベル」をリリース”. 2020年6月19日閲覧。
  23. ^ “pixivと連動した動画で学ぶお絵かき講座「sensei」のサービスがスタート! 3月31日までは全動画が無料!”. アニメイトタイムズ. (2016年3月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1456807229 2021年9月3日閲覧。 
  24. ^ pixivがリリース9周年・登録ユーザー2000万人突破を記念し、「黒歴史」を打ち上げる特別企画を開始”. 2020年6月19日閲覧。
  25. ^ 福岡オフィス開設のお知らせ”. 2020年6月19日閲覧。
  26. ^ 画像の変換・配信サービス「ImageFlux」 提供開始のお知らせ | さくらインターネット”. さくらインターネット株式会社. 2021年7月8日閲覧。
  27. ^ 代表取締役等の異動に関するお知らせ | ピクシブ株式会社 2016.12.06
  28. ^ ピクシブがコスプレコミュニティサイトから撤退 Cure WorldCosplayを事業譲渡”. アニメーションビジネス・ジャーナル (2017年3月15日). 2021年7月8日閲覧。
  29. ^ 「pixiv Sketch」のWindowsユニバーサルアプリ版を4月11日(火)より提供開始。PCでのお絵描きをもっと気軽で楽しく。”. 2020年6月19日閲覧。
  30. ^ ピクシブが運営する世界最大規模のマストドンインスタンス「Pawoo」のAndroid版アプリを4月24日より提供開始。創作活動や自由なコミュニケーションをより手軽に。”. 2020年6月19日閲覧。
  31. ^ ユーザー数10万人突破!ピクシブが運営するマストドンインスタンス「Pawoo」、iOS版アプリも提供開始。”. 2020年6月19日閲覧。
  32. ^ 代表取締役等の異動に関するお知らせ”. ピクシブ株式会社 (2017年12月29日). 2018年1月1日閲覧。
  33. ^ pixivにてクリエイターによるお絵かきライブ配信を開始。”. 2020年6月19日閲覧。
  34. ^ pixivのユーザー登録数が3,000万人を突破”. 2020年6月19日閲覧。
  35. ^ 講談社とピクシブ、マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」正式版をリリース!”. PR TIMES. 2021年7月8日閲覧。
  36. ^ pixivでグッズの販売・購入ができる機能をリリースしました。”. 2020年6月19日閲覧。
  37. ^ クリエイターの創作活動を支援するファンコミュニティ 「pixivFANBOX」を全クリエイター向けに提供開始”. 2020年6月19日閲覧。
  38. ^ 代表取締役交代について”. ピクシブ株式会社 (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  39. ^ ファンコミュニティ「pixivFANBOX」、 クリエイターへの累計還元額が1億円を突破。”. 2020年6月19日閲覧。
  40. ^ 3Dキャラクター制作ソフトウェア 『VRoid Studio』正式版が今夏リリース決定!誰でも使える新サンプルモデルを6/29(火)より無料配布開始”. PR TIMES. 2021年7月8日閲覧。
  41. ^ “3Dキャラクターモデルの投稿・共有プラットフォーム「VRoid Hub」提供開始。”. PR TIMES. (2018年12月21日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000035885.html 2021年7月8日閲覧。 
  42. ^ ピクシブとツインプラネットの共同ギャラリー『pixiv WAEN GALLERY』、表参道にオープン”. PR TIMES. 2021年7月8日閲覧。
  43. ^ pixivのユーザー登録数が4000万人を突破”. 2020年6月19日閲覧。
  44. ^ 「pixiv Sketch」への外部連携SDKを提供開始 〜第一弾として、フリーペイントツール「FireAlpaca」と連携〜”. 2020年6月19日閲覧。
  45. ^ 事業譲渡のお知らせ”. 2020年6月19日閲覧。
  46. ^ pixiv SketchのiOS版にライブ配信機能を提供開始。”. 2020年6月19日閲覧。
  47. ^ pixivのユーザー登録数が5000万人を突破”. 2020年6月19日閲覧。
  48. ^ “【ピクシブ×みんなの銀行】国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」にパートナー支店第1号「ピクシブ支店」誕生! 〜あなたの”スキ”で創作活動をサポート!〜” (プレスリリース), ピクシブ, (2021年9月30日), https://www.pixiv.co.jp/2021/09/30/150000 2021年10月17日閲覧。 
  49. ^ クルーク株式会社、社名を"ピクシブ"に変更”. ZDNet Japan (2008年10月27日). 2009年12月9日閲覧。
  50. ^ 「損益とんとんになった。」「pixivと並行して続けてきた受託開発は新規契約をストップした。これからはpixiv1本でやっていく方針だ。」(「変化が激しすぎるかも」――急成長「pixiv」の1年を追う”. ITmedia (2008年12月25日). 2009年12月9日閲覧。
  51. ^ 理由として「最低限の告知」だけで済み、「フィードバックも早」く、「オープン」であることを挙げている(「pixivの産みの親と育ての親」ピクコレ製作委員会『pixiv girls collection』コアマガジン 2009 ISBN 978-4-86252-531-4, p.158)。
  52. ^ a b イラスト展示会「pixivフェスタ」開催 雪の中行列も”. ITmedia (2009年2月27日). 2009年12月9日閲覧。
  53. ^ ピクシブ、販売と展示ができる同人誌即売会「pixivマーケット」を開催”. MarkeZine (2009年7月27日). 2009年12月9日閲覧。
  54. ^ 事業内容”. ピクシブ株式会社. 2021年3月2日閲覧。
  55. ^ イラストを投稿・共有するSNSの「pixiv」、20日間で会員数1万人突破。”. CNET Japan プレスリリース (2007年10月1日). 2009年12月9日閲覧。
  56. ^ はてななどの各社担当者が自作サーバーのノウハウを紹介”. Impress Watch (2009年11月26日). 2009年12月9日閲覧。このサーバの写真はしばしばpixivのメンテナンス画面などにも登場する
  57. ^ pixiv開発者ブログ | pixivデータセンターを開設しました
  58. ^ 社員犬 チョビの紹介”. ピクシブ株式会社. 2009年12月9日閲覧。
  59. ^ 「社員犬」導入の今:ビジネス“ワン”が社員として活躍する日”. ITmedia (2009年5月9日). 2009年12月9日閲覧。
  60. ^ pixivメンテ画面に「チョビチョビゲーム」”. ITmedia News (2009年3月6日). 2009年12月9日閲覧。
  61. ^ ユーザー主導企画で盛り上がるpixiv――「ピキピキマシン猛レース」に「ピクシブたん」”. RBB TODAY (2008年2月12日). 2009年12月9日閲覧。
  62. ^ クリエイターアイドル「つくドル!」発掘オーディション開催”. ピクシブ株式会社ニュースリリース (2014年5月19日). 2015年3月4日閲覧。
  63. ^ 【虹コン・ベボガ!】ディアステージ所属に関するお知らせ”. 虹のコンキスタドール (2017年12月1日). 2018年1月1日閲覧。
  64. ^ アイドル「虹コン」元メンバーがセクハラ被害を証言 ピクシブの永田社長を提訴 - BuzzFeed News 2018年5月26日
  65. ^ ピクシブ代表取締役交代、セクハラ訴訟の報道うけて辞任 - KAI-YOU.net 2018年6月6日
  66. ^ 「隠部に顔を押し当てられた」トランスジェンダー女性が「SOGIハラ」として、ピクシブと元上司を提訴” (日本語). ハフポスト (2022年5月28日). 2022年5月29日閲覧。
  67. ^ 日本放送協会. “トランスジェンダーの会社員 セクハラなどで元上司と会社提訴 | NHK”. NHKニュース. 2022年5月28日閲覧。
  68. ^ 「男だから平気だと思った」セクハラ受けたトランス女性、会社と上司を提訴 - 弁護士ドットコム 2022年5月27日
  69. ^ ピクシブ社、トランスジェンダーへのSOGIハラを認め謝罪。提訴で声明発表 - ハフポスト NEWS 2022年6月1日
  70. ^ a b 「陰部に顔を押し当てられた」ピクシブ社、SOGIハラ認め全額賠償の意向。「深く傷つけてしまったことをお詫び」” (日本語). ハフポスト (2022年9月8日). 2022年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]