でんぱch.・〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「でんぱch.♥〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
でんぱch.♥〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜
愛称 でんぱちゃん
ジャンル トーク
放送方式 収録
放送期間 2015年4月2日 -
放送時間 金曜 1:00 - 1:30(30分)
放送局 TOKYO FM
パーソナリティ 古川未鈴藤咲彩音
提供 パソナテック(2018年9月毎水曜日・10月15日、限定)
リクルートSUUMO』(2019年2月毎火曜日、限定)
三菱地所(2019年2月毎水曜日、限定)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

でんぱch.♥〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜』(でんぱちゃんトーキョーデンパインターナショナル)は、日本TOKYO FM2015年から放送されているラジオ番組

概要[編集]

番組のコンセプトは「NIPPONのラブを世界にお届け!」[1]でんぱ組.inc古川未鈴藤咲彩音がメインDJとして、日本が世界に誇る素晴らしいカルチャー、素晴らしい情報、素晴らしい人物などなど…世界にもっとLOVEしてほしい日本のモノを、でんぱ組.inc独自の視点で紹介している[2]

また、二人が早口であり、情報量が詰め込まれていることも特徴となっている[3]。 略称は「でんぱch.♥」(でんぱちゃん)。

来歴[編集]

『妄想科学デパート AKIBANOISE』の枠を引き継いで[4]2015年4月2日にスタートし、当初放送時間は毎週木曜(水曜深夜)の1:00 - 1:30であった。 その一方で同年7月31日より、『TuneIn』との連携で開設された外国人向けの多言語情報配信チャネル『TOKYO FM WORLD』にて、『DEMPA ch.』英語版など4番組のポッドキャストが試験配信された[5]。 10月5日には地上波TOKYO FMにて従来の深夜枠から移動し、新番組『TOKYO FM WORLD』内に組み込まれる形で、毎週月曜 - 水曜の21:00 - 21:15に放送された[6][7]

2015年9月17日(16日深夜)に生放送を実施[8]。 同年の大晦日18時には「今年はのびしろ・来年はおみごとスペシャル」を放送。

2016年4月10日、「緊急生放送〜EARTH×HEART LIVE 2016直前・でんぱ de 特電 SP」と題して、でんぱ組.incメンバーがチケット特電のオペレーターにチャレンジし、ニコニコ生放送でも配信された。

2017年1月7日、幕張メッセイベントホールにて『でんぱ組.inc検定 in幕張』の後に『でんぱch.♥』公開収録が開催された。

2016年秋から約1年間に渡って三才ブックス発行の『ラジオ番組表』が募集した第10回「好きなDJランキング」では、古川と藤咲の二人が1096票を獲得してFM部門の第1位に輝き、2017年秋号の誌上にて発表されインタビューが掲載された[9]。二人は同誌の表紙を飾るとともに、TOKYO FMにおいても共通の写真とロゴで合わせた、念願の番組ポスターとなって貼り出された[10]

2018年2月11日、都立井の頭恩賜公園 西園にて『東京2020ライブサイト in 2018[注 1]』の一環として公開収録イベントを実施。当日の模様は、2月21日に21時30分までの拡大版で放送された。

同年3月26日には、緊急生放送が21時30分までの拡大版で実施された。

4月2日からは、放送の曜日はそのままで、時間帯が15分遅い21:15 - 21:28に移動された[11]

9月の1ヵ月間は、水曜のみパソナテック提供で放送が行われた[12]。9月25日には「パソナテック presents でんぱch.♥放送500回記念〜届け!働きちゃん公開収録SP〜」が、東京のTRAVEL HUB MIXにて開催され、メンバー全員が登壇した。9月限定企画だった「働きちゃん」コーナーの特別版で、この模様は10月15日に21時開始の拡大版で放送された。

9月25日から、特別企画『でんぱch.♥ロゴ選手権!!』として番組のロゴデザインを募集。Twitter上での応募や投票を経て、10月29日の番組中に決定した優勝作品は、番組公式Twitterのヘッダーとなった。

11月26日には、21時開始の拡大版で生放送され「幻の13曲目は何だ選手権」を開催した[注 2]

大晦日には「でんぱ組.incニューアルバム発売直前!『ワレワレハデンパチャンダ・大晦日SP』」と題し、この時点でのメンバー全7名が出演、20時から1時間半にわたり生放送された[注 3]。また古川と藤咲は、年越して間もない午前1時からの2時間には「平成最後のお正月!TOKYO FM パーソナリティーが選ぶ『平成のベストソング』スペシャル!」の生放送でもMCを務めた。

2018年末に『TOKYO FM WORLD』が終了し、番組表でもその一部として位置付けられていた『でんぱch.♥』は、2019年頭からは独立した番組として記載されている。

2019年4月5日 (4日深夜) からは週一回の放送となり、毎週金曜日 1:00 - 1:30 (木曜深夜) に放送される。

出演[編集]

パーソナリティ[編集]

ゲスト[編集]

  • 相沢梨紗夢眠ねむ成瀬瑛美最上もが(第1回)[1] - でんぱ組.incのメンバーとして。
  • 中川翔子(2015年4月30日)[13]
  • でんぱ組.inc(2016年4月10日)-「EARTH×HEART LIVE 2016直前・でんぱ de 特電SP」[14]
  • まつおさん(2016年6月7日)- 放送後記メルマガ「でんぱCh.♥学園 ピンキーの居残りレポート」に先生役として登場する女性放送作家。
  • 相沢梨紗・成瀬瑛美(2017年1月)-「でんぱ組.inc検定」直後の公開収録。
  • 星野にぁ(2017年5月1日 - 3日)- 妄想キャリブレーション、ニァピンのメンバー。
  • ノーラ(2017年7月24日)- ピンキー!ノーラ&ペトラのメンバー。
  • 鹿目凛(2018年4月16日・25日)- ベボガ![注 4]、でんぱ組.incのメンバー。
  • 水戸しのぶ(2018年4月17日・23日)- ベボガ!のメンバー[注 4]
  • 葉月梨花(2018年4月18日・24日)- ベボガ!のメンバー[注 4]
  • 夢眠ねむ(2018年6月25日 - 27日)- ピンチヒッター出演。
  • 根本凪(2018年7月2日 - 4日)- 虹のコンキスタドール、でんぱ組.incのメンバー。ピンチヒッター出演。
  • 本間覚(2018年9月12日)- ゲーム開発会社CD Projekt RED ジャパン・カントリー・マネージャー[15]
  • 板垣祐介(2018年9月19日)- 作曲家、編曲家、ギタリスト。でんでんバンドのリーダー[16]
  • 篠田利隆(2018年9月26日)- アマナ異次元、映像監督[17]
  • 福嶋麻衣子・でんぱ組.inc[注 5](2018年10月15日)-アイドルプロデューサーと、メンバー。「パソナテック presents でんぱch.♥放送500回記念〜届け!働きちゃん公開収録SP〜」[18]
  • 成瀬瑛美(2018年11月26日)- 拡大版で生放送。
  • でんぱ組.inc(2018年12月31日)-「でんぱ組.incニューアルバム発売直前!『ワレワレハデンパチャンダ・大晦日SP』」[19]
  • MOSAIC.WAV(2019年1月9日)
  • 根本凪(2019年1月21日 - 23日)
  • 中村茉依(2019年2月4日)- 出版社KADOKAWA編集。『おひとりさま専用Walker』の企画・制作など。
  • 相沢梨紗(2019年2月11日・13日)

放送時間[編集]

  • 金曜(木曜深夜、週1回)1:00 - 1:30(2019年4月5日 - )

過去の放送時間[編集]

  • 木曜(水曜深夜)1:00 - 1:30(2015年4月2日 - 10月1日)[20]
  • 月曜 - 水曜 21:00 - 21:15(2015年10月5日 - 2018年3月28日)[6]- 2018年より番組本編の開始時刻と終了時刻が合計数分間ほど拡大された[注 6]
  • 月曜 - 水曜 21:15 - 21:30 (2018年4月2日 - 2019年3月27日)[注 7]

コーナー[編集]

月曜[編集]

  • ピンキー!のでんぱch.♥占い(2015年7月9日開始)- 星座占い。BGM:"These Boots Are Made for Walkin'" / Velvet 99
  • でんカルチャー(2015年4月2日開始)- 番組が独自に調査したビックリな日本の最新カルチャーを紹介。世界に誇れる日本の文化なら「お見事」まだまだこれからなら「伸びしろ」を「藤咲ピンキー大先生」が判定。BGM:『カルメン』より「第1幕への前奏曲」/ ジョルジュ・ビゼー、12 Etudes, Op. 10: No. 12 in C Minor, "Revolutionary" (Arr. Wherry) / MakSim(「伸びしろ」のとき)、など。

火曜[編集]

水曜[編集]

  • メール祭り - 時間が許す限りリスナーからのお便りを紹介。BGM:「特攻野郎Aチームのテーマ」- "Theme From The A-Team" / マイク・ポスト、など。
  • 古川未鈴の「これから、ゲームする?」(2018年3月28日 - 不定期)- リスナーから、古川未鈴に訊きたいゲームに関する質問や疑問などをメールで募集し、これからゲームしたくなるトークを届ける。略称は「これゲー」。なお、他の曜日の場合もある。BGM:「東京論」/ RAM RIDER、など。
  • バック・トゥ・ザ・カルチャー(2016年2月10日 - 不定期)- 様々な年代にタイムスリップして、当時日本で流行っていたカルチャーを振り返っていく。
  • 空耳でんぱ(不定期)- でんぱ組.inc楽曲の空耳ソングをゆるく募集。BGM:「ラ・ヴィ・アン・ローズ」- "La Vie en rose"、など。
  • パソナテック presents 届け!働きちゃん(2018年9月5日 - 26日、10月15日)- 仕事に誇りと情熱をもつゲスト「働きちゃん」を迎え、仕事への想いを語ってもらう。初回はパーソナリティである古川と藤咲自らが「働きちゃん」として仕事への想いを語った。BGM:「ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23」/ ピョートル・チャイコフスキー、「Progress」/ kōkuaなど。
  • ラブ地元(2018年10月31日 - )- 全国各地に居るリスナーから送られた地元のLOVEな所を、藤咲が紹介し古川が判定する。BGM:「地元に帰ろう」/ GMT、など。
  • ROAD TO 丸の内駅伝2019(2019年2月6日 - 、限定)- 通常は1チーム5人で走る12kmを藤咲が1人で走り、その頑張りを番組でバックアップしてゆく。BGM:アイ・オブ・ザ・タイガー / サバイバー、など。

不定期[編集]

  • 夏目みりんのニュースどんぶらこ(2016年 - )- 情報化社会の現代に彷徨っているあらゆるニュースの中からピックアップ。
  • ねもぺろクリニック♥(2018年12月31日 - )-「最強の女医・ぺろりん先生が、あなたのお悩みをペロッと!解決」してくれる[23]。助手は根本凪。BGM:「ふたりの天使」/ ダニエル・リカーリ、など。

過去のコーナー[編集]

  • 新・3大でんぱ調査会(2015年 - )- 様々な日本の3大を調査して見つける。電波に乗せて紹介すべき日本のラブな人物をピックアップ。

※コーナーに関わらずよく使われているBGM:『ニュー・シネマ・パラダイス』より「トトとアルフレード」/ エンニオ・モリコーネ、"Hototogisu Never Dies" / ☆Taku Takahashi、"LONGING LOVE(カバー)" / The Standard Club、など。

エピソード[編集]

  • 原稿は古川が、メールは藤咲が、それぞれ読むことを担当している。ただし、藤咲へ宛てたメールについては古川が読む場合もある。
  • エンディングの選曲と曲紹介を通常は月曜日に古川、火曜日に藤咲が担当。また、水曜日は主にでんぱ組.incの曲をかける。
  • 藤咲による星座占いである「でんぱch.占い」は当初、星座の書かれた割り箸を引く方法だったが、深夜帯に行われたのは2015年7月9日-2015年7月23日の3回のみで、現時間帯になってから今の方法で復活した。また、運勢の良い星座の確率が偏っているとの評判もあるが、藤咲へ向かって走ってきて真っ先に頭上のフラッグを取った星座が1位になるという。
  • 2015年8月20日に古川は、でんカルチャーにて『滝川ミリステル』なる新キャラクターとしてコーナーの進行を務めるが、新三大でんぱ調査会の『夏目未鈴』と違い、この回以降は登場する事なく現在に至る[注 8]
  • トークの途中で小芝居が織り込まれる回もあるが、スタッフが二人の性格を踏まえて楽しんで書く台本によるもの[9]
  • クイズ!ランキンクエストでの古川による趣旨説明には、藤咲による多種多様な「大好き!」、でんカルチャーでは「ビックリ!」が楽しめる。また、クイズ!ランキンクエストでは藤咲の正解に近い回答(トス)を受けて古川が正解(アタック)することが多く、藤咲はトス神とも呼ばれる。
  • 両者とも番組の初期に比べて成長し会話のキャッチボールが出来てきたというが、藤咲の持つ独自の世界観や感性からの表現もあり、古川にとって予想不可能な場合も多々ある[9]
  • でんカルチャーの判定にて聞ける「お見事」と「伸びしろ」は夢眠ねむの声。また、合間に挟まれる「でんぱちゃぁん!」ボイスは成瀬瑛美の声。オープニングトーク後の「今お聴きの放送局は、TOKYO FM でんぱch.♥でございます」は最上もがの声。「でんぱch.♥〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜」は藤咲彩音の声。
  • 古川は時折、好きなゲーム漫画の話題に火が着くと調子よく脱線し、予定されたコーナーが短縮や延期となることがある。特に水曜にその傾向が強く、メール祭なのにあまりメールが読まれずに終わることが多い[9]。古川のスイッチが入り、早口と隙のないトークが繰り広げられている時の藤咲の受け答えや相槌を楽しむのも一興である。
  • 2017年3月27 - 29日には、体調不良により1週間近くも休んだ後の仕事であったため人と話したくて仕方ない古川が、番組中の大半は話し続けてしまった。
  • 古川はメール祭にて命名した「和菓子処 お茶々」、イタリアン料理「バルバール」、マンションの「ベルセルク」、ペットの「ピッツ」、愛車「ビシソワーズ」などについて後に、黒歴史にならないかと懸念した。また、藤咲も番組内でカメの名前を「元(げん)ちゃん」と名付けている(「元気」が由来)。
  • 顔芸やダンスの振り付けの説明などを始めてしまい、パーソナリティとスタッフの笑い声は聞こえてくるが、何が起きているのかリスナーには一切伝わらない、という展開がしばしばある[24]
  • リスナーによる実況ツイートも盛んであり、でんぱch.勢と呼ばれ、しばしばTwitterの「日本のトレンド」にもランクイン。更にパーソナリティ本人が参加してくれることもある[9]
  • 2017年の一時期、オープニングトークにてリスナーのハンドルネームを数名読み上げる催しがあり、呼ばれた者は歓喜した。
  • 2018年6月中旬の収録日に、古川はE3の取材でロサンゼルスへ出張中のため欠席。その代打として、6月18日・25日に配信の英語版および6月第4週の日本語放送では、夢眠が藤咲とともにMCを務め、持ち前のトーク能力を発揮した[25]。続いて7月第1週の日本語放送では、根本凪が藤咲による進行のもとでMCを務め、独特な語彙力で新風を吹き込んだ[26]
  • 2018年8月29日の放送では、でんぱch.を応援してくれる企業としてパソナテックが番組史上初のスポンサーに付くことを明らかにした[27]
  • 9月25日の放送では、番組グッズを要望したメールの流れから、番組ロゴを公募する展開となった。指定の期間中、Twitter上にて「 #でんぱchロゴ選手権 」で応募、いいねで投票した。それを基に10月29日の番組内にて選考・決定した。また、後半の話し合い部分は早送りで放送した。
  • 11月26日には拡大版の生放送で、成瀬瑛美がゲスト。Twitterでの募集テーマ「ニューアルバムに入らなかった幻の1曲のタイトルは?」の回答を大喜利として紹介した。判定では成瀬の声による「いーね!」のSEが流れた。
  • 2018年の大晦日SPでは生放送の終了時刻は21時30分だったが、同じメンバー7人がその30分後の22時から『相沢梨紗のラジオ活動 大晦日スペシャル生放送』に出演するためスタジオに着いたのは開始2分前だった。

受賞歴[編集]

  • 第10回 読者が選ぶ好きなDJランキング FM部門 第1位(ラジオ番組表[9] - 古川と藤咲の二人が2017年秋号の表紙を飾った[10]

イベント[編集]

  • EARTH×HEART LIVE 2016(2016年4月20日、東京国際フォーラム)- 当日の模様を4月22日に放送[28]
  • でんぱ組.inc検定(2017年1月7日、幕張メッセイベントホール)- 第一部(特別試験監督:古川・藤咲)、第二部(特別試験監督:相沢梨紗・成瀬瑛美)、『でんぱch.♥』公開収録(出演:古川・藤咲・相沢・成瀬)[29]
  • TOKYO FM公開収録(2018年2月11日、都立井の頭恩賜公園 西園)-『東京2020ライブサイト in 2018[注 1]』の一環として実施[30][24]
  • パソナテック presents でんぱch.♥放送500回記念〜届け!働きちゃん公開収録SP〜(2018年9月25日、TRAVEL HUB MIX)- 当日の模様を10月15日に放送。

その他のメディア[編集]

  • DEMPA ch. TOKYO DEMPA INTERNATIONAL - 英語版。2015年7月31日の試験配信から[31]TuneIn Radioにて『TOKYO FM WORLD』とともに配信、毎週月曜日に更新される[2]。出演:古川未鈴・藤咲彩音・マシューまさるバロン[32]
  • でんぱCh.♥〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜 - 2015年6月に開始された、『ミュージックヴィレッジ』に含まれる番組スマホケータイサイト。放送後記のメールマガジン『でんぱch.♥学園 ピンキーの居残りレポート』は主に対話形式の記事やスナップ写真であり、教師役を放送作家の"まつおさん"が2018年12月5日配信まで担当し、その翌週からは小野塚愛美が引き継いだ[33]。また、タイムシフトリスニングにて今週の番組のディレクターズ・カット版が1週間限定で聴ける。「TOKYO FM+」サイト上では初期の番組ブログのアーカイブも読める[34][注 9]

備考[編集]

  • リスナーからのメール:パーソナリティへの質問・相談・苦情・むちゃぶり・番組への感想などを公式ホームページのメールフォームにて受け付けている。(後述
  • Twitterのメッセージ:ツイートに" #dempatfm "を付ける。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2020年東京オリンピック・パラリンピックの関連イベント。
  2. ^ 内容は#エピソードを参照
  3. ^ この7名は直後の22時 - 23時、FM-FUJIにて『相沢梨紗のラジオ活動大晦日スペシャル』にも生出演。
  4. ^ a b c 当時。
  5. ^ 相沢梨紗・夢眠ねむ・成瀬瑛美・鹿目凛・根本凪
  6. ^ 2018年初頭の頃からはTOKYO FMの番組表にも「でんぱch.♥」部分としての終了時刻については明記されておらずやや前後の変動もあった。
  7. ^ 当初、一部の公式媒体によっては終了時刻を「21:28」とする記述も幾つか見られた[21]
  8. ^ なお『滝川ミリステル』は同年7月27日、SHOWROOMの生番組『@JAM応援宣言! @JAM THE WORLD 2015』にゲスト出演した際の1コーナーでも演じている。
  9. ^ ただし、携帯キャリアのIDでログインが必要。

出典[編集]

  1. ^ a b でんぱch.❤︎さんのツイート このあと、深夜1時からラジオ局TOKYO FMで、でんぱ組.incのラジオがスタートします! NIPPONのラブを世界にお届け!放送を聞きながら(#dempatfm)でツイートして下さい!”. Twitter (2015年4月2日). 2018年2月6日閲覧。
  2. ^ a b TFM 2015, p. 4.
  3. ^ 田橋一郎 「第10回 読者が選ぶ好きなDJランキング」『ラジオ番組表 - 2017年/秋号』 梅田庸介、三才ブックス〈三才ムック Vol.957〉、2017年11月1日、252・253頁。ISBN 978-4-86199-987-1
  4. ^ TOKYO FM『妄想科学デパート AKIBANOISE』、ありがとうございました。”. サンキュータツオ教授の優雅な生活 (2015年3月26日). 2018年2月9日閲覧。
  5. ^ TOKYO FM、外国人向け情報チャネルをtuneinに開設”. AV Watch (2015年7月31日). 2018年2月24日閲覧。
  6. ^ a b 【TOKYO FM 2015年10月改編のお知らせ】平日夜帯を“次世代開拓ゾーン”に設定し、新規リスナー獲得を強化! (プレスリリース)”. エキサイトニュース (2015年9月28日). 2018年2月12日閲覧。
  7. ^ 明太子とプリンの柔らかさ|でんぱ組.inc 藤咲彩音オフィシャルブログ「ピンキー!の踊ってみたら七変化!の巻」”. Ameba (2015年10月6日). 2018年2月10日閲覧。
  8. ^ 古川未鈴さんのツイート でんぱch.初の生放送でした!!みんなが言ってる体感短い!ってのがわかりました!! 聞いてくれてありがとうございました!!”. Twitter (2015年9月17日). 2018年2月10日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 田橋 2017, pp. 252-253.
  10. ^ a b <「第10回 読者が選ぶ 好きなDJランキング」結果発表!!>三才ブックス「ラジオ番組表2017秋号」を10月27日に刊行”. hamlife.jp (2017年10月25日). 2018年3月31日閲覧。
  11. ^ でんぱch.❤️さんのツイート 今週もでんぱch宜しくお願い致します。本日から9時15分からです!#dempatfm”. Twitter (2018年4月2日). 2018年9月3日閲覧。
  12. ^ でんぱ組.inc古川未鈴、「アイドルの仕事のおかげ」で変わったことは…? - TOKYO FM+”. TOKYO FM (2018年9月5日). 2018年9月6日閲覧。
  13. ^ 中川翔子 (2015年4月21日). “みりんちゃんとピンキーちゃんの、でんぱ.ch❤️にお邪魔しました!ラジオ! なんと番組初のゲストだったそうでありがたや!おなやみメールにみんなで答えを話し合ったりたのしかったあああ(^ω^) いっぱい会えて本当に嬉しいお! http://t.co/tKlr48Rv6D”. Twitter. 2019年2月12日閲覧。
  14. ^ でんぱch.♥ EARTH×HEART LIVE 2016直前・でんぱ de 特電SP〜ニコ生カメラが潜入スペシャル〜”. ニコニコ生放送 (2016年4月10日). 2018年2月9日閲覧。
  15. ^ でんぱ組.inc古川未鈴、藤咲彩音に言われて“赤面”した一言とは?”. TOKYO FM+. エフエム東京 (2018年9月18日). 2018年10月10日閲覧。
  16. ^ でんぱ組.incの演奏で“一番疲れる楽曲”は…? バンマスが語る”. TOKYO FM+. エフエム東京 (2018年9月19日). 2018年10月10日閲覧。
  17. ^ でんぱ組.inc古川未鈴が「オタ仲間だね!」と認めた人は…?”. TOKYO FM+. エフエム東京 (2018年9月27日). 2018年10月10日閲覧。
  18. ^ アイドルプロデューサーが考える「仕事論」とは?でんぱch.公開収録レポート”. パソナテック (2018年10月15日). 2018年10月16日閲覧。
  19. ^ でんぱch.❤︎ (2018年12月31日). “"20時から生放送。待機お願い致します!#dempatfm 全員集合です!…"”. Twitter. 2019年1月19日閲覧。
  20. ^ 4月になりまして!今日からラジオはじまります|でんぱ組.inc 古川未鈴オフィシャルブログ「みりんのメモ帳.txt」”. Ameba (2015年4月2日). 2018年2月10日閲覧。
  21. ^ でんぱ組.inc (2018年3月26日). “ラジオ『でんぱch.♥』をお聴き頂きありがとうございます‼…”. Twitter. 2019年1月19日閲覧。
  22. ^ でんぱ組.inc 『ワレワレハデンパグミインクダ』CDクレジット、Meme Tokyo、2019年
  23. ^ でんぱch.❤︎ (2018年12月31日). “【募集】 大晦日特番コーナー「ねもぺろクリニック♥」 今年の悩みは今年のうちに。…”. Twitter. 2019年1月19日閲覧。
  24. ^ a b でんぱ組・古川未鈴、東京五輪開会式へ胸躍らせ「演出気になる」/東京五輪”. MusicVoice(アイ・シー・アイ) (2018年2月11日). 2018年2月12日閲覧。
  25. ^ でんぱch.❤︎ (2018年6月25日). “今週も元気に宜しくお願い致します。収録時にみりんちゃんがLAに行っていたので、その代わりにねむちゃんが来てくれました! #dempatfm あり寄りのありでした。笑 tuneinにもねむちゃん出ているので合わせてチェック!…”. Twitter. 2018年6月27日閲覧。
  26. ^ ピンキー☆藤咲彩音 (2018年7月4日). “ねもちゃんの好きな曲でんぱ組.incの「まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡」を流しました💚 ねもちゃん3日間ありがとうねー! #dempatfm…”. Twitter. 2018年7月6日閲覧。
  27. ^ でんぱ組.inc (2018年8月29日). “『古川未鈴』と『藤咲彩音』がお送りしているラジオ『でんぱch.♥』に「パソナテック」さんがスポンサーとしてサポートして頂けることが決定しました✨番組史上初のスポンサー様ご提供の新コーナーを9/5にオンエア📻ゲストも迎えてお届けしますのでお楽しみに‼ https://t.co/77kJsizhNz #dempatfm”. Twitter. 2018年9月3日閲覧。
  28. ^ EARTH×HEART LIVE2016 - アースバイハートライブ”. TOKYO FM & JFN. 2018年2月9日閲覧。
  29. ^ 投稿 でんぱ組.inc検定”. DEARSTAGE (2016年12月17日). 2018年2月9日閲覧。
  30. ^ 東京都会場 都立井の頭恩賜公園 西園|東京2020ライブサイト in 2018”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2018年2月5日). 2018年2月8日閲覧。
  31. ^ TOKYO FM、外国人向け情報チャネルをtuneinに開設”. AV Watch (2015年7月31日). 2018年2月9日閲覧。
  32. ^ DEMPA ch. TOKYO DEMPA INTERNATIONAL 無料オンデマンドでポッドキャストを聴こう”. TuneIn (2018年2月5日). 2018年2月9日閲覧。
  33. ^ 小野塚愛美 (2018年12月5日). “「でんぱch.❤️」をお聴きの皆さま! はじめまして、小野塚愛美と申します…! 毎週水曜OA後に配信しているメルマガ「ピンキーの居残りレポート」をまつお先生から引き継ぎまして、新米教師小野塚として担当させていただきます( ¨̮ )!!! これからどうぞよろしくお願いします! #dempatfm… https://t.co/azj3GGaNLX”. Twitter. 2019年2月10日閲覧。
  34. ^ でんぱCh. TOKYO DEMPA INTERNATIONAL”. TOKYO FM MUSIC VILLAGE. 2018年3月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「特集 "でんぱ"でつなぐ、トーキョーとセカイ!」、『TOKYO FM マンスリータイムテーブル』、エフエム東京、2015年11月1日、 4頁。
  • 田橋一郎「第10回 読者が選ぶ好きなDJランキング 結果発表」、『ラジオ番組表 2017年/秋号』、三才ブックス〈三才ムック Vol.957〉、2017年11月1日、 252-253頁、 ISBN 978-4-86199-987-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]