有吉くんの正直さんぽ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有吉くんの正直さんぽ
ジャンル 紀行番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 12:00 - 13:30
(4週に2回の割合で放送)
(90分)
放送期間 2012年4月21日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 武田誠司(フジテレビ)
演出 三木康一郎 ほか
プロデューサー 永盛健之
出演者 有吉弘行
生野陽子(フジテレビアナウンサー
ほか
字幕
オープニング 「正直に」(番組オリジナル曲)
テンプレートを表示

有吉くんの正直さんぽ(ありよしくんのしょうじきさんぽ)は、2012年4月21日からフジテレビ系列土曜日12:00 - 13:30に放送されている散策番組シリーズ『ぶらぶらサタデー』→『正直さんぽ』→『ぶらぶらサタデー』内で放送されているバラエティ番組

概要[ソースを編集]

有吉弘行とフジテレビの生野陽子アナウンサーが、下町や繁華街などを舞台に宣伝を兼ねた散策をする番組。毎回2組程度のゲストが登場し、2人とともに散歩を繰り広げる。

使用されているテーマ曲は両出演者によるオリジナルソングとなっている。

当初ランチからディナーまでの散歩だったが、生野陽子が夕方帯のニュース番組(「FNNスーパーニュース」→「みんなのニュース」)の担当になったため、2014年11月の放送より朝食からランチまでの散歩に変更された。

2015年3月までは『ぶらぶらサタデー』内にて「タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ」と2回の放送毎に交互(有吉→有吉→タカトシ→タカトシ→有吉に戻る)パターンで放送していた。2015年3月28日をもって『ぶらぶらサタデー』が「タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ」のみで月1回の放送に移行、4月からはこれとは別に『正直さんぽ』を放送することになった。『正直さんぽ』では、当番組と2014年12月27日に当番組の特別編として放送された「正直女子さんぽ」を放送することになった。こちらも2回の放送毎に交互(有吉→有吉→女子→女子→有吉に戻る)パターンで放送している。

2016年3月26日をもって『正直さんぽ』が終了し、2016年4月2日から1年ぶりに『ぶらぶらサタデー』が放送されることになった(同時に、「タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ」が土曜12時枠に復活、「正直女子さんぽ」は事実上終了)。これにより、『正直さんぽ』で放送されていた当番組が1年ぶりに『ぶらぶらサタデー』で放送されることになった。ただし、放送パターンは以前と異なり、1回ずつ交互(有吉→タカトシ→有吉→タカトシ の繰り返し)パターンとなっている。

構成[ソースを編集]

  • 朝からランチタイムまでの散歩を行う。場所は原則として都内近郊[1]
  • 通常時の番組の進行は、散歩スタート ➡ 第一ゲスト登場 ➡ 朝食 ➡ 第二ゲスト登場 ➡ 第一ゲスト退場 ➡ 昼食 ➡ エンディング(プレゼントの告知)。第一ゲストと第二ゲストが完全に入れ替わりで登場したり、第一ゲストが退場しないで最後までいる場合もある。
  • 朝食、昼食はゲストとともに店探しを行い、3店ほどの候補から1店を選び入店する。選ばれなかった店も「あきらめ〜店」として別途VTRで紹介する。ここでは、店主が自ら料理を試食し、「今回は残念ですが、次に○○を訪れた際は来てください」「何で来なかったんですか!」などと(来てくれなかったことに対する)悲哀や怒りを述べるのが通例。横には有吉が、候補としていながら結局来なかったために、ばつの悪そうな顔で映し出される。これらの演出は、「正直女子さんぽ」でも共通している[2]

出演者[ソースを編集]

レギュラー(MC[ソースを編集]

ナレーション[ソースを編集]

ゲスト[ソースを編集]

  • 毎回、数組の芸能人が出演。

放送リスト[ソースを編集]

ネット局[ソースを編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 土曜 12:00 - 13:30 制作局
静岡県 テレビ静岡 同時ネット
長野県 長野放送 日曜 12:00 - 13:30[10] 57日遅れ
近畿広域圏 関西テレビ 水曜 0:25 - 1:55(火曜深夜) 遅れネット
広島県 テレビ新広島 土曜 12:00 - 13:30[11]
日本全国 フジテレビONE CS放送 リピート放送

フジテレビONEでは視聴者プレゼントの代わりに地上波未公開映像を放送している。

スタッフ[ソースを編集]

  • 編成:武田誠司(フジテレビ、以前は編成企画)
  • 構成:塩沢航
  • 撮影:水谷奨
  • VE:佐々木信哉
  • CA:池田祐介(以前はVE担当も)
  • 照明:尾山隆之、徳竹邦彦、関根将志
  • CG:飯田仁、安居院一展、奥田真也
  • イラスト:中村サトル
  • 音楽:Laugh&Peace
  • 音響効果:赤津裕明
  • EED:田中友裕、山崎洋(2人共以前は編集)
  • MA:宝積伸示、土屋由香
  • デスク:小笠原有莉
  • TK:山本美衣
  • 広報:川本洋平(フジテレビ)
  • ヘアメイク:魚住真弓
  • 車両:NASH INC.
  • 技術協力:キャミックスフリーダム・オブ・ザックIMAGICA
  • AD:日野豪、鈴木圭一朗、井畑実香、植松正太
  • アシスタントプロデューサー:鯉江舞
  • 演出:中原嘉仁
  • プロデューサー:朝妻一(フジテレビ)、永盛健之
  • チーフプロデューサー:浜野貴敏(フジテレビ)
  • 制作協力:D:COMPLEX
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[ソースを編集]

  • 編成企画:濱潤・林英美→赤池洋文(フジテレビ)
  • VE:才沢誠二、朴昌根
  • CA:松崎卓巳
  • 音響効果:太田光則
  • 編集:堀内雅也、今井敏明、竹村和佳奈、石川雅彦
  • MA:橋本光平、松尾隆裕、船木優、指田高史
  • TK:松本曜子
  • 広報:鈴木良子(フジテレビ)
  • 協力:e-naスタジオ
  • アシスタントプロデューサー:鈴木美絵→大川幸子
  • ディレクター:佐藤謙治、目黒隆志
  • 演出:三木康一郎/有田武史、磯部修、後藤啓一、神田真一、保阪彰史、柴田琢朗

脚注・出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「正直女子さんぽ」は東京郊外が対象のため、棲み分けがされている(ただし、関根麻里の妊娠中は体調に配慮し、都内近郊を一時期範囲としていた。後に関根が産休で降板すると、東京郊外に戻った。)
  2. ^ 「正直女子さんぽ」では、正直3姉妹が同様にばつの悪そうな顔をする。
  3. ^ 番組後半で長谷川町子美術館を訪れ「アニメ サザエさん展」を特集したが、この展示が現在では終了しているため(同年9月9日まで)、この回はフジテレビONEの放送では欠番となっている。
  4. ^ ナビスコカップ決勝中継延長に伴い編成を変更し急遽放送。
  5. ^ この回のみ、テレビ西日本でも2013年3月2日の同時間帯に放送された。
  6. ^ 11:50 - 12:00に『FNNニュース』を挿入
  7. ^ 小石川後楽園東京ドームシティを訪問。ただし水道橋の正式な所在地は東京都千代田区。
  8. ^ 同年6月12日に終了。
  9. ^ 大久保は2度目の出演だが、光浦は初登場。
  10. ^ 「ぶらぶらサンデー」に改題し、同枠内にて放送。スポーツ中継等により、12:55終了となる場合がある。
  11. ^ 同時ネット局とは同時刻ネットではあるが、遅れネット。

外部リンク[ソースを編集]