お花茶屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 葛飾区 > お花茶屋
私立共栄学園

お花茶屋(おはなぢゃや)は、東京都葛飾区中部にある町名。現行行政地名はお花茶屋一丁目から三丁目。住居表示実施済み区域である。

地理[編集]

京成電鉄お花茶屋駅の所在地は宝町。同駅南側が宝町であり、北側にお花茶屋が広がる。駅前から伸びる商店街には、共栄学園が所在する。

隣接する地域は、北が西亀有、東が白鳥、南が宝町、西が東堀切である。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、お花茶屋3-23-6の地点で29万5000円/m2となっている。 [1]

歴史[編集]

隣接する白鳥との間に、かつては曳舟川葛西用水路)が流れていた。この川は、江戸時代に用水路として開削された。また、荷物を載せた舟を土手から縄を引いて運ぶということが行われ、江戸時代の流通の一つとなっていた。これが川の名称の由来となっている。その様子は歌川広重作の浮世絵「名所江戸百景 四ツ木通用水引きふね」で描かれている。高度経済成長期は、生活雑排水や近隣に多かったメッキ町工場の排水の影響で、水質が極めて汚染され、悪臭がただよっていた。1989年平成元年)に、下水道網が整備[2]されたこともあり、曳舟川は埋め立てられ現在では曳舟川通りと曳舟川親水公園となっており、せせらぎや多くの植物を見ることができる。

地名の由来[編集]

江戸時代江戸幕府八代将軍の徳川吉宗が鷹狩りに興じていた際に、腹痛を起こした。その時、名をお花という茶屋の娘の看病により快気したとの言い伝えがある。この出来事により、現在の地名を賜ったとされている。

施設[編集]

  • お花茶屋図書館
  • 葛飾区お花茶屋地区センター
  • 葛飾区亀有学び交流館
公園
  • 曳舟川親水公園
  • お花茶屋公園
  • 上千葉南公園
  • 柳田公園
  • お花茶屋児童遊園(2011年5月をもって閉園)

教育機関[編集]

  • 東光幼稚園
  • 葛飾区立双葉中学校
  • 私立共栄学園(幼稚園、中学校、高校)

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  2. ^ 下水道普及率資料 8P 全体人口と下水道普及率の推移参照 (PDF)

関連項目[編集]