南水元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 南水元
南水元
—  町丁  —
東京都立葛飾総合高等学校
南水元の位置(東京23区内)
南水元
南水元
南水元の位置
座標: 北緯35度46分38.47秒 東経139度51分35.53秒 / 北緯35.7773528度 東経139.8598694度 / 35.7773528; 139.8598694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 13,985人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 125-0035[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

南水元(みなみみずもと)は、東京都葛飾区の地名。現行行政地名として南水元一丁目から四丁目。郵便番号は125-0035[2]

地理[編集]

葛飾区の北部、水元地域の南部に位置する。北で水元一丁目・三丁目、北東で東水元一丁目・三丁目、南西で東金町二丁目、南で新宿六丁目、西で中川を挟んで対岸に足立区中川と接する。。町域は東京都道307号王子金町江戸川線で北辺を画し、町域内は直線状の道路が格子状に整備された町並みが見られる。地区の西辺を南北に流れる中川には飯塚橋が架かり、対岸の足立区中川大谷田と連絡している。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、南水元4-23-4の地点で24万1000円/m2となっている。[4]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

旧来の「水元村」に由来。

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
南水元一丁目 1,831世帯 3,785人
南水元二丁目 1,295世帯 2,905人
南水元三丁目 1,460世帯 3,686人
南水元四丁目 1,669世帯 3,609人
6,255世帯 13,985人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
南水元一丁目 8~9番
16~17番
24~31番
葛飾区立飯塚小学校 葛飾区立金町中学校
その他 葛飾区立葛美中学校
南水元二丁目 全域
南水元三丁目 6番 葛飾区立原田小学校 葛飾区立金町中学校
その他 葛飾区立花の木小学校
南水元四丁目 全域 葛飾区立水元中学校

交通[編集]

バス[編集]

京成バス
  • 金01 アイリスループ・南水元循環(二丁目中央、飯塚小学校入口経由)

道路[編集]

道路
橋梁

施設[編集]

教育
文化
  • 水元社会教育館
公共
  • 葛飾清掃工場

史跡・寺社[編集]

  • 富士神社

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  6. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。