飯塚橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯塚橋
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
東京都道307号標識

飯塚橋(いいづかばし)とは、一級河川中川に架かる東京都の道路である。

概要[編集]

東岸の葛飾区南水元二丁目と、西岸の足立区大谷田一丁目・中川五丁目を結び、東京都道307号王子金町江戸川線を通す。足立区と葛飾区とを結ぶ唯一の車・人道橋であり、つねに多くの交通量を抱える。付近に同名のバス停留所もある[1]

橋の諸元[編集]

旧飯塚橋[編集]

1955年昭和35年)8月[3]に架橋されたが老朽化により取り壊された。

飯塚の渡し[編集]

両岸連絡用の渡し舟のこと。江戸時代より続けられ、近隣地域では中川両岸を結ぶ唯一の連絡交通手段として重宝されてきた。夜間は運行されなかったが、時に急患を対岸の病院へ搬送するために特別に出されることもあった。1955年(昭和35年)に旧飯塚橋が架橋されたため廃止された。

隣の橋[編集]

(上流) - 新中川橋 - 潮止橋 - 飯塚橋 - 常磐線 - 中川橋 - (下流)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 亀有警察署水元駐在所 - 警視庁、2018年6月24日閲覧。
  2. ^ a b 橋梁年鑑 飯塚橋 詳細データ - 日本橋梁建設協会、2018年6月24日閲覧。
  3. ^ 飯田橋1955-8 - 土木学会付属土木図書館、2018年6月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 飯塚橋 - 国土交通省 川の防災情報

座標: 北緯35度46分42.8秒 東経139度51分3.5秒