水元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 水元
水元
—  町丁  —
葛飾清掃工場
水元の位置(東京23区内)
水元
水元
水元の位置
座標: 北緯35度46分55.78秒 東経139度51分28.06秒 / 北緯35.7821611度 東経139.8577944度 / 35.7821611; 139.8577944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
地域 水元地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 13,462人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 125-0032[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立
※座標は葛飾区水元体育館付近[4]

水元(みずもと)は、東京都葛飾区の地名。現行行政町名は水元一丁目から五丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は125-0032(葛飾新宿郵便局管区)[2]

地理[編集]

葛飾区の北部、水元地域の中央に位置する。北および東で東水元三・四・五・六丁目、北で埼玉県八潮市古新田、南で南水元二・四丁目、西で西水元一・五・六丁目・大場川を挟んで埼玉県八潮市大瀬と隣接する。

主に住宅地として利用される。町域は東京都道307号王子金町江戸川線で四方を画し、町域内は直線状の道路が格子状に整備された計画的な町並みが見られる。地区南辺の都道沿いには葛飾清掃工場が立地し、その青と白のコントラストが映える高い煙突が、水元だけでなく周辺地域の特徴的なランドマークとなっている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、水元3-10-13の地点で21万6000円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

1889年(明治22年)の町村制施行時点では南葛飾郡水元村大字下小合・上小合・小合新田・猿ヶ又のそれぞれ一部であった。1932年(昭和7年)に水元村は東京市に編入され、水元村大字下小合・上小合・小合新田・猿ヶ又はそれぞれ水元小合町・水元小合上町・水元小合新町・水元猿町となる。1981年(昭和56年)には住居表示が実施され水元小合町・水元小合上町・水元小合新町・水元猿町の一部が水元一-五丁目となって現在に至っている。

地名の由来[編集]

旧来の「水元村」に由来。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
水元一丁目 1,110世帯 2,501人
水元二丁目 1,340世帯 3,053人
水元三丁目 1,464世帯 3,278人
水元四丁目 1,353世帯 3,174人
水元五丁目 640世帯 1,456人
5,907世帯 13,462人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
水元一丁目 1~15番
17~24番
葛飾区立飯塚小学校 葛飾区立葛美中学校
その他 葛飾区立水元小学校
水元二丁目 全域
水元三丁目 3~8番
13~20番
葛飾区立水元中学校
その他 葛飾区立花の木小学校
水元四丁目 1~2番
7~26番
葛飾区立水元小学校
その他 葛飾区立葛美中学校
水元五丁目 1~10番
その他 葛飾区立水元中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

当地内には鉄道駅はないが、徒歩30分圏内に東京メトロ千代田線北綾瀬駅JR常磐線亀有駅金町駅京成金町線京成金町駅つくばエクスプレス青井駅六町駅八潮駅などがある。

路線バス[編集]

京成バスを中心としたバス路線網が充実している。小55系統JR小岩駅〜JR金町駅、小56系統JR小岩駅〜戸ヶ崎操車場。また、西水元地区では東武バスの路線も通る。

道路[編集]

施設・寺社[編集]

かつて存在した施設[編集]

水元出身の人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ Google Earthより
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  7. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。

関連項目[編集]