六町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六町駅
Rokucho station exit A1 20130210a.jpg
A1出入口(2013年2月)
ろくちょう
Rokuchō
TX06 青井 (1.4 km)
(3.6 km) 八潮 TX08
所在地 東京都足立区六町四丁目1-1
北緯35度47分5.4秒 東経139度49分18.7秒 / 北緯35.784833度 東経139.821861度 / 35.784833; 139.821861座標: 北緯35度47分5.4秒 東経139度49分18.7秒 / 北緯35.784833度 東経139.821861度 / 35.784833; 139.821861
駅番号 TX07
所属事業者 首都圏新都市鉄道
所属路線 つくばエクスプレス
キロ程 12.0 km(秋葉原起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
13,324人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 2005年平成17年)8月24日
テンプレートを表示
配線図

六町駅(ろくちょうえき)は、東京都足立区六町四丁目にある、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス駅番号TX07

開業時は普通列車のみの停車駅であったが、駅周辺の開発により利用客が増加し、2012年のダイヤ改正で新設された通勤快速が停車し、さらに2020年のダイヤ改正で上りの通勤快速が当駅に特別停車する区間快速に置き換えられ、朝ラッシュ時の上りに限り全列車の停車駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 つくばエクスプレス 下り つくば方面[4]
2 上り 秋葉原方面[4]

ホームは地下深くに立地し、地上出入口からホームへはエスカレーターを4回、もしくはエレベーターを2回程乗り継ぐ。

地下のホームを列車が高速通過するため、駅構内には「列車風注意」の案内がある。

のりばの壁面は、駅名標が周りのタイルと合わせて「六」の字を構成するようなデザインとなっている[5]

利用状況[編集]

2021年度の1日平均乗車人員13,324人である[利用客数 1]

開業以来の1日平均乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
2005年(平成17年) 5,193 [* 1]
2006年(平成18年) 6,803 [* 2]
2007年(平成19年) 7,949 [* 3]
2008年(平成20年) 8,787 [* 4]
2009年(平成21年) 9,358 [* 5]
2010年(平成22年) 10,065 [* 6]
2011年(平成23年) 10,621 [* 7]
2012年(平成24年) 11,459 [* 8]
2013年(平成25年) 12,378 [* 9]
2014年(平成26年) 12,637 [* 10]
2015年(平成27年) 13,453 [* 11]
2016年(平成28年) 13,902 [* 12]
2017年(平成29年) 14,462 [* 13]
2018年(平成30年) 14,916 [* 14]
2019年(令和元年) 15,231 [* 15]
2020年(令和02年) 11,944
2021年(令和03年) 13,324

駅周辺[編集]

駅開設により周辺の宅地、商業地整備が急ピッチで進んでいる。

バス路線[編集]

A1出入口前にロータリーが整備されており、足立区コミュニティバス「はるかぜ」を含む路線バスが発着している。すべて東武バスセントラルによって運行されている。

乗場 系統 主要経由地・備考 行先
1 六18 花畑交番・あいぐみ公園前・花畑団地・花畑六丁目東 花畑桑袋団地(本数少)
六19 花畑交番・花畑六丁目・文教大学 文教大学循環
花22[6] 元渕江公園・保木間中央・文教大学 花畑桑袋団地
2 竹17 足立総合スポーツセンター・増田橋 竹の塚駅東口
3 綾24 足立車検場・保木間三丁目
4 梅32 【はるかぜ第7弾】神明一丁目・六ツ木都住 八潮駅北口(1日2便)
梅31・足39 【はるかぜ第7弾】神明一丁目 六ツ木都住(本数少)
北11・五28 南花畑三丁目 花畑車庫
5 綾24 青井六丁目・加平橋・綾瀬五丁目 綾瀬駅
6 梅31・梅32 【はるかぜ第7弾】平野住区センター・足立区役所 梅島駅入口(本数少)
足39 【はるかぜ第7弾】平野住区センター 足立区役所(1日1便)
北11・北12 加平町・千住四丁目 北千住駅
五28 加平町 五反野駅
  • 北11と五28の2系統は、2010年9月30日まで駅東側にあった「六町駅入口」停留所を経由していた。

隣の駅[編集]

首都圏新都市鉄道
つくばエクスプレス
快速・区間快速(平日朝ラッシュ時間帯の上り以外の列車)
通過
区間快速(平日朝ラッシュ時間帯の上り列車)・通勤快速(平日下りのみ運転)
北千住駅 (TX05) - 六町駅 (TX07) - 八潮駅 (TX08)
普通
青井駅 (TX06) - 六町駅 (TX07) - 八潮駅 (TX08)

脚注[編集]

記事本文[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月12日閲覧。 
  2. ^ “10月15日(月)にダイヤ改正を実施いたします。 〜輸送力を増やし、利便性の向上を図ります〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 首都圏新都市鉄道, (2012年7月26日), オリジナルの2014年8月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140814224107/http://www.mir.co.jp/company/release/upload/f80f456dc1e68440ef0b49400badfc71.pdf 2020年5月12日閲覧。 
  3. ^ “〜TX-3000系を導入、朝ラッシュ時間帯は25本運行へ〜 2020年3月14日(土)「ダイヤ改正」を実施します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 首都圏新都市鉄道, (2020年1月30日), オリジナルの2020年1月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200130135856/http://www.mir.co.jp/company/release/upload/992fa04038c8c6e6b89444312658ff0a_1.pdf 2020年2月9日閲覧。 
  4. ^ a b 六町駅|駅情報・路線図”. つくばエクスプレス. 首都圏新都市鉄道. 2021年5月4日閲覧。
  5. ^ 都市高速鉄道研究会 編 『つくばエクスプレス建設物語』成山堂書店、2007年3月18日、44頁。ISBN 978-4-425-96121-4 
  6. ^ 足立区社会実験バス「六町駅~花畑桑袋団地線」を新設いたします!

利用状況[編集]

私鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 乗車人員 - つくばエクスプレス
私鉄の統計データ
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]