お花茶屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お花茶屋駅
駅舎(2008年1月3日)
駅舎(2008年1月3日)
おはなぢゃや - Ohanajaya
KS07 堀切菖蒲園 (1.1km)
(1.6km) 青砥 KS09
所在地 東京都葛飾区宝町二丁目37番1号
駅番号 KS08
所属事業者 Keisei Logo.svg 京成電鉄
所属路線 KS 本線
キロ程 9.9km(京成上野起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
31,679人/日
-2015年-
開業年月日 1931年昭和6年)12月19日
テンプレートを表示
改札口付近(2008年1月3日)
改札口付近(2008年1月3日)
ホーム(2008年1月3日)
ホーム(2008年1月3日)

お花茶屋駅(おはなぢゃやえき)は、東京都葛飾区宝町二丁目37番1号にある、京成電鉄本線である。駅番号KS081931年昭和6年)12月19日に開業した。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。

エレベーターは改札外は駅北側道路横-コンコース間を、改札内はコンコース-1番線ホーム間を、エスカレーターは改札内コンコース-2番線ホーム間(上野寄り)をそれぞれ連絡している。なお、エスカレーターは上下2本並列であり、階段は併設されていない。

また、車椅子専用出口が各ホームに直結する形で設置されている。トイレは青砥方面ホームに1か所ある。改札外コンコースにはファミリーマートお花茶屋駅店[1]と、ゆうちょ銀行ATMコインロッカー、証明写真機が設置されている


のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KS 京成本線 上り 日暮里上野方面
2 下り 青砥船橋千葉成田空港金町印旛日本医大方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員31,679人であり[2]、京成線全69駅中14位。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1990年(平成02年) 16,477 [* 1]
1991年(平成03年) 16,697 [* 2]
1992年(平成04年) 16,770 [* 3]
1993年(平成05年) 16,690 [* 4]
1994年(平成06年) 16,362 [* 5]
1995年(平成07年) 15,915 [* 6]
1996年(平成08年) 15,611 [* 7]
1997年(平成09年) 15,408 [* 8]
1998年(平成10年) 15,014 [* 9]
1999年(平成11年) 14,798 [* 10]
2000年(平成12年) 14,499 [* 11]
2001年(平成13年) 14,556 [* 12]
2002年(平成14年) 29,016 14,641 [* 13]
2003年(平成15年) 29,344 14,760 [* 14]
2004年(平成16年) 29,467 14,797 [* 15]
2005年(平成17年) 30,160 15,082 [* 16]
2006年(平成18年) 30,643 15,329 [* 17]
2007年(平成19年) 31,030 15,557 [* 18]
2008年(平成20年) 31,202 15,647 [* 19]
2009年(平成21年) 30,922 15,482 [* 20]
2010年(平成22年) 30,576 15,315 [* 21]
2011年(平成23年) 30,060 15,057 [* 22]
2012年(平成24年) 30,429 15,244 [* 23]
2013年(平成25年) 31,250 15,671 [* 24]
2014年(平成26年) 31,141 15,614 [* 25]
2015年(平成27年) 31,679

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄りの停留所は「お花茶屋駅」である。以下の路線が乗り入れており、有57・有70系統は京成タウンバス、有71・有72系統(レインボーかつしか)は日立自動車交通により運行されている。

  • 有57上千葉砂原公園経由 亀有駅行/葛飾区役所・立石駅入口・タウンバス車庫(奥戸)行
  • 有70:すまいる亀有・亀有駅・金町二丁目経由 金町駅行/ウェルピアかつしか行/葛飾区役所・立石駅入口・タウンバス車庫(奥戸)行
  • 有71・有72:亀有駅・協栄児童遊園経由 金町駅行/ウェルピアかつしか行

上記のうち、レインボーかつしか路線は、駅東側のロータリーに停留所が設置されている。

ロータリー建設当初はタクシー乗り場だったが、ロータリーが駅に隣接していないばかりか、駅付近を南北を貫く曳舟川通りに直接アクセスすることが不可能で迂回が必要だったため、曳舟川通りにでるためですら時間と距離料金が必要で、ほとんど利用されることはなかった。そのためタクシーの待機も少なく、レインボーかつしかのバス停留所に改装された。そのため、ロータリーのカーブが狭く、通常サイズの路線バスではなく、一回り小さいコミュニティバスが使用されている。

ロータリーの地下には、有料自転車駐輪場が設置されている。また地上にコインパーキングタイムズが設置されている。

付記[編集]

  • 押上から当駅付近を経由して亀有方面へ延伸する都市高速鉄道8号線計画がある。
  • 京成線全線を1372ミリから1435ミリに改軌する際に、上野方面、成田方面からの列車をそれぞれ当駅で折り返し、仮設ホームを設置していた時期があった[6]

名前の由来[編集]

八代将軍の徳川吉宗が鷹狩りに興じていた際に腹痛を起こし、その際お花という名前の茶屋の娘に看病され快方したという言い伝えからである。 お花茶屋の項目参照。

隣の駅[編集]

Keisei Logo.svg 京成電鉄
KS 本線
快速特急・アクセス特急・特急・通勤特急・快速
通過
普通
堀切菖蒲園駅 (KS07) - お花茶屋駅 (KS08) - 青砥駅 (KS09)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京成電鉄の駅構内売店を ファミリーマート に転換 (PDF)
  2. ^ 京成電鉄 駅別乗降人員
  3. ^ 葛飾区統計書 - 葛飾区
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑
  6. ^ 週刊 歴史でめぐる鉄道全路線大手私鉄13 京成電鉄(朝日新聞出版刊)29ページの写真

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]