押上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 墨田区 > 押上
押上
—  町丁  —
東京スカイツリー
押上の位置(東京23区内)
押上
押上
押上の位置
座標: 北緯35度42分37.99秒 東経139度48分49.19秒 / 北緯35.7105528度 東経139.8136639度 / 35.7105528; 139.8136639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Sumida, Tokyo.svg 墨田区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 10,391人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 131-0045[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立
押上通り商店街

押上(おしあげ)は、東京都墨田区の地名。現行行政地名は押上一丁目から三丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は131-0045。

地理[編集]

東で文花、西で吾妻橋、南で北十間川を挟んで対岸に業平、北で向島と隣接する。町域中央部を東京都道465号深川吾嬬町線が通る。

河川[編集]

歴史[編集]

この間、押上は東京の下町で最も繁華な街の一つを形成していた。

この間、押上は商業が衰退していった。

  • 2003年3月19日 - 押上駅に半蔵門線と東武伊勢崎線(両線も相互直通運転)が開通。再びターミナル駅となる。
  • 2006年3月25日 - 業平橋駅と押上駅の間にある伊勢崎線の操車場跡地が新東京タワーの建設地に決定(事業主体は東武鉄道)。
  • 2008年3月7日 - 押上・業平橋駅周辺地区に関する都市計画が決定。これに基づき、周辺区域の大規模な再開発が行われた。
  • 2012年5月22日 - 東京スカイツリータウンが開業。押上駅の副駅名として「スカイツリー前」を導入。

地名の由来[編集]

押上村から。江戸時代以前から存在していた地名であるが、現在の押上より東側にあったという。また、隅田川沿いで土や砂が堆積していく様子を地名にしたともいわれているが、これには疑問も持たれている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
押上一丁目 1,314世帯 2,204人
押上二丁目 2,082世帯 3,886人
押上三丁目 2,282世帯 4,301人
5,678世帯 10,391人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
押上一丁目 1番1〜71号 墨田区立小梅小学校 墨田区立墨田中学校
17〜19番
31〜35番
44〜47番
49〜52番
墨田区立押上小学校 墨田区立文花中学校
その他 墨田区立業平小学校 墨田区立本所中学校
押上二丁目 1〜12番
15〜17番
18番10〜17号
墨田区立小梅小学校 墨田区立墨田中学校
27〜29番
34番2〜6号
36番2〜11号
39〜43番
墨田区立押上小学校 墨田区立文花中学校
30〜33番
34番1号
34番7〜13号
35番
36番1号
37〜38番
墨田区立第一寺島小学校 墨田区立墨田中学校
その他 墨田区立言問小学校
押上三丁目 全域 墨田区立押上小学校 墨田区立文花中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

押上駅地上に東武鉄道本社が所在する。なお、この本社は2009年までは現在の東京スカイツリーイーストタワー2008年建設開始の翌年に移転)の位置に所在していた。また、かつては京成電鉄本社も押上駅地上に所在したが、2013年9月17日千葉県市川市八幡へ移転した。

バス[編集]

東京スカイツリーが開業する以前は、都営バスでの運行が中心であった。東京スカイツリーの開業後、東武バスセントラル京成バス京成タウンバスJRバス関東京浜急行バス等の路線が一気に開業した。

現在、押上からは錦糸町駅亀戸駅平井駅新小岩駅亀有駅浅草駅上野駅森下駅門前仲町駅月島駅東京駅羽田空港東京ディズニーリゾートお台場などへ直通で行くことができる。

道路・橋梁[編集]

道路
橋梁

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月別世帯人口”. 墨田区 (2017年12月1日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 通学区域”. 墨田区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]