堤通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 墨田区 > 堤通
堤通
—  町丁  —
東白鬚公園 南門(2015年9月)
堤通の位置(東京23区内)
堤通
堤通
堤通の位置
座標: 北緯35度43分27.78秒 東経139度48分42.04秒 / 北緯35.7243833度 東経139.8116778度 / 35.7243833; 139.8116778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Sumida, Tokyo.svg 墨田区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 6,683人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 131-0034[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

堤通(つつみどおり)は、東京都墨田区町名。現行行政地名は堤通一丁目及び堤通二丁目。郵便番号は131-0034[2]

地理[編集]

墨田区の北部西端部に位置し、南北に細長い町域を持つ。北で旧綾瀬川を挟んで対岸に足立区千住曙町、東で墨田及び東向島、南で向島、西で隅田川を挟んで対岸に荒川区南千住及び台東区橋場と隣接する。町域の北辺の旧綾瀬川を以て墨田区 - 荒川区境、西辺の隅田川を以て墨田区 - 荒川区・台東区境とする。町域東辺を墨堤通り、西辺に首都高速道路が南北に走る。町域中央部を東西に走る明治通りを境に南側に堤通一丁目、北側に同二丁目が置かれている。町域内には墨堤通りに併走するように、都営白鬚東アパートの高層集合住宅棟群が南北約1.2kmに渡り、巨大な壁のように連続して立ち並んでいる。

河川[編集]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

町域内に鉄道は引かれていないが、東武伊勢崎線東向島駅(東向島四丁目)及び鐘ヶ淵駅(墨田五丁目)が利用できる。

バス[編集]

道路[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
堤通一丁目 1,157世帯 2,351人
堤通二丁目 2,078世帯 4,332人
3,235世帯 6,683人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
堤通一丁目 全域 墨田区立第一寺島小学校 墨田区立墨田中学校
堤通二丁目 全域 墨田区立梅若小学校 墨田区立桜堤中学校

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月別世帯人口”. 墨田区 (2017年12月1日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 通学区域”. 墨田区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]