のれん分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

のれん分け(のれんわけ)とは、日本において、奉公人が主家から許されて出店することを意味する概念[1]。主家と同一またはそれに近い屋号を染め抜いたのれんの使用を認めたことからこの名があり江戸時代に盛んに行われた[1]

無償方式のフランチャイズのような性格があるが、江戸時代ののれん分けと現代のフランチャイズ・システムには事業対象や契約関係、身分関係などに大きな相違がある[1]。のれん分けは江戸時代には盛んにおこなわれたが、時代が下るにつれ、身分制度や雇用形態の変化、経済構造の変化などに伴って少なくなった[1]。ただ、現代でも従業員の士気高揚策や販売網拡充策として用いられることがある[1]

飲食店における暖簾分け[編集]

のれん分けした店舗は、支店ではなく独立した店となり、本店に屋号の使用料を納めることはない。少なくとも1960年代に日本にフランチャイズという考え方が持ち込まれるまでは、独立に際して名前の使用許可をもらうことはあっても、それ以上の要求をするような習慣はなかったとされている[2]

また、独立したら材料の仕入れも味付けもメニュー構成も各店の自由となっており[2]、その点がフランチャイズ・システムとは異なっている。

のれん分けの例[編集]

飲食業、小売業、製造業[編集]

サービス業[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 山本誠「会計用語としてののれん概念について」『大阪商業大学論集』第12巻第1号、大阪商業大学商経学会、2016年6月、 1-11頁、 ISSN 0287-0959NAID 1200064589802021年10月30日閲覧。
  2. ^ a b 北尾トロ 『夕陽に赤い町中華』集英社インターナショナル、2019年6月10日。ISBN 978-4797673746 

関連項目[編集]