スエヒロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スエヒロとは大阪市で開業した「ビフテキのスエヒロ」(現:永楽町スエヒロ本店)をルーツとした各企業が営んでいるステーキなどの肉料理を主とした老舗の高級料理店(一部企業を除く)、ファミリーレストラン学生食堂及び、その屋号である。

現在は、スエヒロを営んでいる者たちを統括している「スエヒロ会」が存在する。

看板例
店舗例。現在は閉店している。
永楽町本店

概要[編集]

創業[編集]

創業者・上島歳末は、1910年3月10日、大阪市北区堂島上二丁目に、「弘得社」(こうとくしゃ)の名で洋食屋を開業した。 その後、1920年3月10日に、同じ地・堂島に「ビフテキのスエヒロ」を開業する。この開業が全国に広がるスエヒロの始まりである。 スエヒロ会では弘得社の創業日、ビフテキのスエヒロ開業をスエヒロの起源としている。2010年3月10日に、創業100周年を迎えた[1]

特徴[編集]

スエヒロは、前後で述べる通り、暖簾分けで全国に展開されている。そのため、運営会社によって店の雰囲気やシステム、価格などが全く違う。しかし、創業者の意思を引継ぐためスエヒロ会を発足させたり、タレなどスエヒロの伝統を各社が保っている。

暖簾分け[編集]

前述の通り、スエヒロは現在の永楽町スエヒロ本店をルーツに創業者の縁があるものから暖簾分けされ、関東と関西に数社存在する。また、スエヒロレストランシステムは日本ハムを経てあみやき亭に買収されているため、スエヒロ会の正式メンバーではない。

ブランド[編集]

永楽町スエヒロ本店
全国に存在するスエヒロの源流である。運営会社は株式会社永楽町スエヒロ。(大阪)
平野町スエヒロ
運営会社は株式会社平野町スエヒロ。(大阪)
淀屋橋スエヒロ
運営会社は株式会社淀屋橋スエヒロ。(大阪)
京都スエヒロ
運営会社は株式会社京都スエヒロ。(京都)
スエヒロ(銀座)
運営会社は株式会社スエヒロ。(東京)
銀座スエヒロカフェテリア
運営会社は株式会社スエヒロ(上記とは異なる)などを運営する銀座スエヒロカフェテリアグループ(東京)であり、コントラクトフードサービスを展開している。非スエヒロ会メンバー。関電系列にも出資している。
銀座4丁目スエヒロ
運営会社株式会社銀座4丁目スエヒロは、2013年12月よりスエヒロ商事株式会社の関連会社(A-pro)から株式譲渡と事業譲渡による分離独立別経営となっている。事業的には 「銀座4丁目スエヒロ」の商標を持ち、レストランメニューの商品化(ハンバーグ、カレー、シチュー、すき焼等)による通販関連事業を中心 にスエヒロブランドの育成運営をしている。
スエヒロ商事株式会社(東京) - 航空会館スエヒロも運営していた。1990年代半ば以降、バブル崩壊と価格破壊の波が老舗外食店を襲う構図が鮮明になり、中途半端な価格設定、コンセプトの位置付けによって低迷。BSE問題によってさらに需要が低下し、とどめとして福島第一原子力発電所事故の影響により東京電力社員による宴会が行われなかったため、結果として生命線であった航空会社スエヒロ店は売上高が4割も減り、利益の殆どが吹き飛ぶ事態となった。このような風評被害やイベントリスクに勝てず、2014年2月7日に破産手続き開始。破産後、関係者からは「経営陣が現場に姿を見せたことがほとんど無かった」と恨み節のような指摘が為された[2][3]
スエヒロ(埼玉、茨城)
運営会社は株式会社スエヒロフーズ(埼玉) - 同社の兄弟会社がコントラクトフードサービスを営んでいる。
スエヒロ館
運営会社は株式会社スエヒロ レストランシステム(神奈川)スエヒロ会非メンバー。あみやき亭の子会社。高級料理店ではなくファミリーレストラン、焼肉事業を軸にしている。

他にも、スエヒロをルーツとして屋号を掲げる店がいくつか存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スエヒロ会
  2. ^ スエヒロ商事/破産手続き開始決定、負債9億7200万円”. 流通ニュース. 流通ニュース (2014年2月12日). 2015年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月4日閲覧。
  3. ^ 藤森徹 『あの会社はこうして潰れた』 (初版) 日本経済新聞出版社日経プレミアシリーズ〉、2017年4月10日、39-45頁。ISBN 978-4-532-26337-9 

外部リンク[編集]