大阪王将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社大阪王将
OSAKA OHSHO Co.,Ltd.
大阪王将道頓堀本店
大阪王将道頓堀本店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川4丁目12番8号
品川シーサイドイーストタワー15階
本店所在地 573-0137
大阪府枚方市春日北町1丁目10番10号
設立 2020年5月25日
業種 食料品
法人番号 9120001229329 ウィキデータを編集
事業内容 外食事業のFC本部及び直営店の運営 他
代表者 代表取締役社長 植月剛
資本金 9000万円
主要株主 株式会社イートアンドホールディングス
外部リンク www.osaka-ohsho.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示
本社所在地の品川シーサイドイーストタワー
本店所在地のイートアンドホールディングス関西工場

大阪王将(おおさかおうしょう)は、イートアンドホールディングスの子会社である株式会社大阪王将が日本を中心に展開している日本の中華料理店チェーンである。

餃子の王将のれん分けに端を発するが、両者間の争議などもあり現在は競合関係にある。

概要[編集]

王将フードサービスの創業者である加藤朝雄と親類にあった文野新造が、餃子の王将からのれん分けする形で、1969年9月に大阪府大阪市都島区京橋で営業を開始[1][2][3]。1号店はJR京橋駅近くの裏通りにオープンし、当時のメニューは、餃子、チャーハン、ラーメンの3品であったが、無料試食券などの販促により、連日学生たちが押し寄せ繁盛していたという[4]

1号店開業から半年後の1970年には、業務形態を「餃子専門店」に変更。メニューを餃子1品に絞り、「大阪初の餃子専門店チェーン」を謳いチェーン展開を開始した[4]1977年8月に大阪王将食品株式会社(現イートアンドホールディングス)として法人化し、同時にチェーン展開を本格化させた[5][4]。1982年には総店舗数100店舗を達成[3]1988年には日本全国展開。2004年より香港1号店の開店を機に日本国外に進出。現在に至る。

また、『大阪王将』ブランドでの冷凍食品を生協および市販で販売している他[6]、2017年よりカット野菜や仕込み済み食材の使用による調理作業の効率化、調理機械やタブレット端末の導入を直営店舗で試験的に実施。2018年にはフランチャイズ店舗への導入を予定している[7][8][9]

商標問題[編集]

大阪王将は餃子の王将からのれん分けした創業初期の頃、『餃子の王将』を店舗名としてそのまま使用していたが[2]、餃子の王将の営業区域である京都府に出店したことにより商標の使用を巡って裁判となり、1985年12月2日、店舗名を現在の『大阪王将』に改めることで一時は和解に至った[10][11]

しかし2005年12月、運営会社のイートアンドは商標とその指定商品の類似を理由に、餃子の王将を運営する王将フードサービスを相手取り、『餃子の王将』の商標登録を無効とする審判を特許庁に請求。特許庁は当時王将フードサービス側が使用していた商標2つのうち一つは一部無効、もう一つは非類似のため請求不成立の審決を下したが、これに対し両者はそれぞれの審決結果を不服として提訴。2007年7月19日、知的財産高等裁判所は特許庁の審決を2つとも取り消し、訴訟の費用については両者側がそれぞれ負担するという判決を下した[10]

沿革[編集]

  • 1969年9月:文野新造が、大阪市都島区京橋にて1号店をオープン。
  • 1970年
    • 1月:店舗形態を餃子専門店に変更[3]
    • 3月:「大阪発の餃子専門店チェーン」として立ち上げ[3]
  • 1982年:総店舗数100店舗を達成[3]
  • 2001年4月:「大阪王将」の名を冠した初の市販用冷凍食品「大阪王将餃子」が販売開始[12]
  • 2003年11月:東京都新宿区に新宿店がオープン、関東圏に進出[3]
  • 2004年
    • 1月:全国展開を開始[3]
    • 12月:香港1号店がオープン、海外に進出[3]
  • 2005年3月:『大阪王将』ブランドの市販用冷凍食品「たれ付餃子」が発売開始[12]
  • 2006年6月:総店舗数150店舗を達成[3]
  • 2009年
  • 2011年
    • 4月:北9条店がオープン、北海道に進出[3]
    • 12月:総店舗数300店舗を達成[3][13]
  • 2012年
    • 4月:韓国1号店がオープン[14][15]
    • 5月:「大阪王将」ブランドのお取り寄せ用冷凍食品「こだわり餃子」および市販用冷凍食品「たれつき餃子」、調味料商品「餃子のたれ」がモンドセレクションにおいてそれぞれ銀賞・銅賞を受賞[16][17]
    • 8月:タイ1号店がオープン[3][18]
    • 11月:シンガポール1号店がオープン[3]
  • 2013年(平成25年)
    • 8月9日 - 東京オフィスを東京ヘッドオフィスに、本社を大阪オフィスに変更し、事実上東京に本社を移転
  • 2014年
    • 2月:フィリピン1号店がオープン[3]
    • 6月2日:宅配専門店舗「渋谷南店」「三田店」がオープン[19]
    • 8月:『大阪王将』ブランドの市販用冷凍食品「羽根つき餃子」が発売開始[12]
    • 11月:『大阪王将』ブランドの市販用冷凍食品「ぷるもち水餃子」が第4回食品産業技術功労賞において「商品・技術部門」を受賞[20][21][22]
  • 2015年
    • 4月7日:『大阪王将』ブランドの市販用冷凍食品「羽根つき餃子」「鰹仕立ての焼き餃子」「ぷるもち水餃子」がモンドセレクションにて、それぞれ金賞・銀賞を受賞[23]
    • 8月:ミャンマー1号店がオープン[3]
  • 2016年
    • 3月:ベトナム1号店がオープン[3]
    • 4月12日:『大阪王将』ブランドの市販用冷凍食品「羽根つき餃子」がモンドセレクションにて2年連続の金賞を受賞[24]
    • 9月:台湾1号店がオープン[3]
  • 2017年
    • 4月11日:『大阪王将』ブランドの市販用冷凍食品「羽根つき餃子」がモンドセレクションにて3年連続の金賞を受賞[25]
    • 5月:インドネシア1号店がオープン[26][27]
  • 2019年
    • 3月:焼肉と中華料理を提供する新業態となる「札幌王将苑」1号店を札幌市豊平区西岡に出店(旧大阪王将西岡店。運営会社はそのままであるため事実上のリニューアルオープン)[28]
  • 2020年
    • 10月1日:持株会社体制へ移行、イートアンド株式会社から株式会社イートアンドホールディングスへ商号変更。株式会社大阪王将が事業を承継[29]
  • 2021年
    • 6月18日:初の試みとして居酒屋チェーン「つぼ八」と一店舗を共同運営する西脇店(兵庫県西脇市)をオープン[30]

店舗展開[編集]

2017年時点では、日本全国におよそ360店舗が展開されているが[31]栃木県滋賀県山梨県には未出店。三重県からは撤退しており店舗が存在しない[32]中国台湾ミャンマーシンガポールインドネシアベトナムフィリピンタイの8か国・地域にそれぞれ出店している[32]。かつては韓国に出店していたこともある[14]

東京都内には店内に飲食スペースを設けず、テイクアウトと宅配専門の店舗が数店舗存在する。ただし、白山店(東京都文京区)は宅配専門店としながらも店内に飲食スペースを設けて店内での飲食も可能。

兵庫県西脇市の西脇店では居酒屋チェーン「つぼ八」と同一店舗を共同運営するシェアレストランのスタイルを取っている[30]。同場所でつぼ八を運営しているフランチャイジー企業が神戸市などで大阪王将のフランチャイズ展開も行っていたことから、つぼ八の店舗を改装しシェアレストランとしてリニューアルした[30]

メニュー[編集]

餃子を中心に、ご飯もの(天津飯やチャーハンなど)、ラーメン、一品料理といったメニューを提供している[33]。特に看板メニューである餃子には、普通のものよりにおいの成分を少なくしたニンニクが使用されている[34]。これは、収穫後に独自製法の肥料に漬けることにより、においの素となるアリインの酵素反応を抑え、においの発生を減らしたものであり、2012年より大阪王将を含めたイートアンド運営の飲食店で使用されている[34][2]。また、大阪王将で提供される餃子は、作る際に手離れを早くして劣化を防ぐために、ヒダは一つだけと定められている[35]

CM[編集]

2014年7月より、イメージキャラクターとしてモデル・タレントの鈴木奈々を起用している[36]。過去には、歌手の錦野旦を起用していたこともある[37]トミーズ(両方)と宇都宮まきが出演していた大阪王将CM「餃子家族」は現在でもCM曲として流している店もある[要出典]

CMへのクレーム[編集]

2017年10月に市販用冷凍食品「大阪王将 羽根つき餃子」のCM『これは羽根つき』篇が放送された際、同CMに出演する鈴木奈々が脚を大きく開いて腰を回す場面があることに対し、視聴者から「下品」または「不快」だとする苦情の声が上がり、一部で「餃子の王将」との混同も発生した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “【客を呼ぶ!フードビジネス最前線】「大阪王将」イートアンド社長・文野直樹さん(上)”. ZAKZAK (産経デジタル). (2009年12月7日). オリジナルの2018年1月6日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/nK1L1 
  2. ^ a b c 京都と大阪!「餃子の王将」と「大阪王将」あなたはどっち派?icotto、2018年1月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 大阪王将とは - 大阪王将2018年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c 大阪王将の店舗についてイートアンド 食料品販売事業ホームページ、2018年1月6日閲覧。
  5. ^ https://www.eat-and.jp/company/about/history.php
  6. ^ 商品情報イートアンド 食料品販売事業ホームページ、2018年1月6日閲覧。
  7. ^ 外食、苦肉の省力調理 杵屋は手打ちやめ製麺機”. 日本経済新聞 (2017年8月21日). 2018年8月8日閲覧。
  8. ^ 中華料理店が中華鍋をリストラ!? 大阪王将のハイテク「職人レス店舗」とは”. ITmedia ビジネスオンライン (2018年5月30日). 2018年8月8日閲覧。
  9. ^ 大阪王将が人手不足対策で”職人レス化”進める チャーハンを機械で調理、次世代型店舗を続々出店”. キャリコネニュース (2018年5月30日). 2018年8月8日閲覧。
  10. ^ a b 判決言渡 平成19年7月19日 (PDF) 知的財産高等裁判所、2019年11月30日閲覧。
  11. ^ 【続】『氷山事件』は怒っている-商標法第4条第1項第11号「商標の類似」と「取引の実情」について- (PDF) 日本弁理士会、2019年11月30日閲覧。
  12. ^ a b c イートアンドの歴史イートアンド株式会社、2018年1月6日閲覧。
  13. ^ 外食企業物語「イートアンド編」おなかいっぱいの幸せを 生活食文化の向上に貢献する - お客様に「プラスアンドの価値」をご提供する総合フードサービス企業:第1回 大阪王将誕生 - 暖簾わけで店舗拡大外食.biz、2018年8月17日閲覧。
  14. ^ a b 「大阪王将」韓国に1号店出店 イートアンド”. SankeiBiz (2012年4月26日). 2018年1月6日閲覧。
  15. ^ 韓国に初上陸した「大阪王将」に行ってみたエキサイトニュース、2018年1月6日閲覧。
  16. ^ 大阪王将のこだわり餃子『モンドセレクション2012』にて2年連続銀賞を受賞!”. atpress (2012年5月7日). 2018年1月6日閲覧。
  17. ^ 大阪王将「こだわり餃子」が、モンドセレクション銀賞を受賞”. マイナビニュース (2012年5月8日). 2018年1月6日閲覧。
  18. ^ 大阪王将/タイに1号店を出店”. 流通ニュース (2012年8月27日). 2018年1月8日閲覧。
  19. ^ 大阪王将 宅配専門店が続々オープン!”. PR TIMES (2014年6月2日). 2018年1月6日閲覧。
  20. ^ 第44回食品産業技術功労賞受賞に関するお知らせ (PDF) イートアンド株式会社(2014年11月13日)、2018年1月6日閲覧。
  21. ^ イートアンド、「大阪王将ぷるもち水餃子」が「第44回食品産業技術功労賞」を受賞。”. フードリンクニュース (2014年11月13日). 2018年1月6日閲覧。
  22. ^ イートアンド、「第44 回食品産業技術功労賞」を受賞 国内工場で製造している「大阪王将ぷるもち水餃子」が「商品・技術部門」で”. 外食.biz (2014年11月15日). 2018年1月6日閲覧。
  23. ^ 今話題の焼き餃子がモンドセレクション金賞受賞!「大阪王将羽根つき餃子」「大阪王将鰹仕立ての焼き餃子」”. PR TIMES (2015年4月7日). 2018年1月6日閲覧。
  24. ^ 2年連続モンドセレクション金賞受賞!「大阪王将羽根つき餃子」”. PR TIMES (2016年4月12日). 2018年1月6日閲覧。
  25. ^ 3年連続モンドセレクション金賞受賞!「大阪王将羽根つき餃子」”. PR TIMES (2017年4月11日). 2018年1月6日閲覧。
  26. ^ 大阪王将/インドネシアに進出”. 流通ニュース (2017年5月9日). 2018年1月6日閲覧。
  27. ^ 日本のギョーザで勝負 大阪王将1号店 プラザ・スナヤンに開店”. じゃかるた新聞 (2017年5月9日). 2018年1月6日閲覧。
  28. ^ 「大阪王将」から「札幌王将苑」へ、中華と焼肉で4月初旬再デビュー”. リアルエコノミー (2019年3月16日). 2019年11月30日閲覧。
  29. ^ 持株会社体制への移行に伴う分割準備会社の設立、吸収分割契約の締結、商号変更および定款変更に関するお知らせ (PDF)”. イートアンド株式会社 (2020年5月19日). 2021年4月20日閲覧。
  30. ^ a b c 「大阪王将」と「つぼ八」が合体! 全国初、両店のメニュー注文OK 兵庫・西脇” (Japanese). 神戸新聞NEXT. 2021年6月18日閲覧。
  31. ^ 「大阪王将」の魅力はメニューにあり「餃子の王将」との違いは?”. NEWSポストセブン (2017年12月19日). 2018年1月6日閲覧。
  32. ^ a b 店舗情報大阪王将、2018年1月6日閲覧。
  33. ^ メニュー大阪王将、2018年1月16日閲覧。
  34. ^ a b “餃子の『大阪王将』”の餃子はニンニクの臭いがしないらしい!?”. FRANJA (2012年9月11日). 2018年1月8日閲覧。
  35. ^ 全国350店舗の大阪王将 ギョーザのヒダは1つと定めている”. NEWSポストセブン (2014年1月24日). 2018年1月6日閲覧。
  36. ^ 大阪王将発、世界初のマンガリッツァ豚を使用した プレミアム餃子「絶品国宝豚餃子」新TV-CM 天真爛漫でハイテンションな鈴木奈々が 餃子の美味しさを全身を使って表現!「ジューシー」篇”. PR TIMES (2014年7月1日). 2018年1月6日閲覧。
  37. ^ にしきのあきらのCM出演情報ORICON NEWS、2018年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]