仕入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仕入れから転送)
Jump to navigation Jump to search

仕入(しいれ)とは、消費者小売業者、卸売業者などへ販売したり製品化する目的で商品材料などをメーカー、卸売業者から購入すること。また、簿記経理用語として勘定科目の一つで、通常物品を購入した場合には借方に「仕入」として仕訳され、反対勘定にはによる仕入れの場合は「買掛金」、現金による購入の場合には「現金」勘定に仕訳される[1][2][3]

概要[編集]

商品や材料を調達する行為、およびその価格を指す。会計では、主要な勘定科目のひとつで、通常借方勘定となる。日常の仕訳では「仕入」と表現されるが、損益計算書上は「仕入高」と表記される。通常商品の仕入は売上原価に計上され、製品を生産する目的の原材料の仕入については製造原価に計上される。また、仕入れにかかる運送料などの費用は購入費とともに仕入れに計上されるのが一般的[4][1][3]

例えば、不動産会社が主たる事業で販売目的で土地建物をなどの不動産を購入した場合には、仕入勘定で処理をするが、一般の法人個人が、自己使用目的で購入した土地・建物を転売した場合は、購入代金は、仕入には計上できない[3]

仕入後の商品は販売までは、資産とみなされ、決算期には棚卸資産として貸借対照表に計上される。また決算整理時に、費用収益対応の原則の要請により、売上原価として算定し直される[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 簿記ナビ - 仕入とは
  2. ^ コトバンク - 仕入
  3. ^ a b c d 経済 簿記勘定科目一覧表
  4. ^ マネー辞典