三菱ウェルファーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三菱ウェルファーマ株式会社(みつびしウェルファーマ、英文:Mitsubishi Pharma Corporation)は、かつて存在した三菱グループとタケダグループ及び、日本の大手医薬品メーカーである[要説明]

会社概要[編集]

  • 21世紀が始まった[要説明]三菱東京製薬株式会社」(三菱化学株式会社の医薬事業部門と東京田辺製薬株式会社が1999年(平成11年)10月1日に合併)と、「ウェルファイド株式会社」(武田薬品グループ系列の子会社であった吉富製薬株式会社と株式会社ミドリ十字1998年(平成10年)4月1日に実質上救済合併、後に2000年(平成12年)4月1日付で社名を変更)を前身に、2001年(平成13年)10月1日に会社設立した。
  • 2005年(平成17年)10月3日、親会社だった三菱化学と共同で持株会社の「株式会社三菱ケミカルホールディングス(三菱ケミカルHD)」を設立し、株式移転により同社の完全子会社となった。
  • 旧:東京田辺製薬株式会社から引き継いだ一般用医薬品(外用消炎鎮痛剤「サロメチール」などの大衆薬)販売事業については、2004年(平成16年)3月1日に「佐藤製薬株式会社」へ譲渡・撤退した。
  • 旧:株式会社ミドリ十字の製品は販売中止のものがあるが、血液製剤の殆どはすべて子会社の「株式会社ベネシス」(現:田辺三菱製薬株式会社)に製造承認権が移管されている(販売については三菱ウェルファーマ → 田辺三菱製薬が引き続き担当。また、製造が「ファイザー株式会社」で、旧:ウェルファイド株式会社が販売を担当していた抗リウマチ薬「サラゾピリン」のみが継承したが、現在はファイザー株式会社が販売も行っている)。現在の田辺三菱製薬が発足するまで、合併が何度も繰り返された。
  • 主力製品であった血液製剤の製造上の不備から端を発した「薬害エイズ事件」や「フィブリノゲン問題C型肝炎感染)」は1990年代に大きな社会問題となったが、両方の事件・問題は被害者との間で和解が順次成立している。

田辺製薬との合併[編集]

  • 2007年(平成19年)2月2日に「旧:東京田辺製薬株式会社」の源流企業である「田辺製薬株式会社」と合併することを両者が発表し、2007年10月1日に『田辺三菱製薬株式会社』となった。
  • 上場会社である旧:田辺製薬株式会社を存続会社とし(三菱ウェルファーマ株式会社は解散)、三菱ケミカルHDが引き続き株式の過半数を取得する形で上場を維持する。

沿革[編集]

■は旧:三菱東京製薬、▲は旧:ウェルファイドの沿革を参照。

  • 1999年(平成11年)10月1日 - ■「三菱化学株式会社」と「東京田辺製薬株式会社」 (TOKYO TANABE CO., LTD.) が合併し、「医薬事業部門」を分社化・統合したうえで「三菱東京製薬株式会社」(Mitsubishi-Tokyo Pharmaceuticals., Inc.)に会社設立。2支社では「東日本支社」と「西日本支社」を開設。
  • 2000年(平成12年)2月7日 - ■馬油成分配合の医薬部外品 石鹸夕顔夢美人』を発売。
  • 2000年(平成12年)3月9日 - ■天然型ビタミンEを配合したビタミン主薬製剤『ビタプレEU錠』を発売。
  • 2000年(平成12年)4月1日 - ■三菱東京製薬株式会社(旧:東京田辺製薬株式会社)の社長を浅井一平から冨澤龍一に就任[要説明]
  • 2000年(平成12年)4月1日 - ▲社名を、「吉富製薬株式会社」から『ウェルファイド株式会社』(Welfide Corporation)に社名変更。関連会社「吉富薬品株式会社」を会社設立。
  • 2000年(平成12年)4月3日 - ▲事業所であった「埼玉支店」と「千葉支店」を統合し、「東京第二支店」に発足。
  • 2000年(平成12年)4月7日 - ■外用消炎鎮痛薬『サロメチールL』、鎮痒消炎薬『サロメチールかゆみ止め』を発売。
  • 2000年(平成12年)7月5日 - ▲韓国にある海外関連会社「株式会社緑友製薬」の株式全株取得。
  • 2000年(平成12年)8月1日 - ■インドメタシン配合外用消炎鎮痛薬『サロメチールパップM』を発売。
  • 2000年(平成12年)10月1日 - ▲韓国に本社を置く海外関連会社「株式会社緑友製薬」の社名を『ウェルファイド コリア株式会社』に社名変更。
  • 2000年(平成12年)10月1日 - ■「かずさ研究所」と「横浜研究所」が事業統合され、『医薬総合研究所』に発足。
  • 2000年(平成12年)10月1日 - ■各事業所では営業所と出張所を「各オフィス」に昇格。
  • 2000年(平成12年)11月1日 - ■▲「合併契約書」を調印発表される。
  • 2000年(平成12年)12月22日 - ▲関連会社「旧:国際試薬株式会社」の株式を『シスメックス株式会社』に一部事業譲渡。
  • 2001年(平成13年)2月1日 - ■ビタミンCを配合したビタミン主薬製剤『アスコル2000』を発売。
  • 2001年(平成13年)2月9日 - ▲吉富薬品株式会社が大日本住友製薬株式会社(旧:住友製薬株式会社)と抗精神病薬『ルーラン錠』の共同プロモーション開始。
  • 2001年(平成13年)2月28日 - ▲「ニプロ株式会社」(旧:株式会社ニッショー)の合弁会社株式会社バイファ』の資本参加となる。
  • 2001年(平成13年)3月22日 - ■スキッとクールな強い清涼感が持続する点眼薬『メポタフレッシュ』を発売。
  • 2001年(平成13年)3月31日 - ▲輸液事業部門および「富山工場」を「株式会社大塚製薬工場」に一部事業譲渡
  • 2001年(平成13年)4月1日 - ■ヨーロッパ及びロンドンに本社を置く海外関連会社『MTPヨーロッパ社』を会社設立。
  • 2001年(平成13年)6月1日 - ■医療用向け製品として、世界初で唯一のフリーラジカルスカベンチャー脳保護剤『ラジカット注30mg』を発売。
  • 2001年(平成13年)7月1日 - ▲事業所であった「関東物流センター」と「東京物流センター」の機能を統合し、「東日本物流センター」を発足。
  • 2001年(平成13年)9月26日 - ▲『カデックス軟膏0.9%』を発売。
  • 2001年(平成13年)
    • 10月1日 - 『三菱東京製薬株式会社』と『ウェルファイド株式会社』の企業合併により、『三菱ウェルファーマ株式会社』が会社設立。存続会社は「旧:ウェルファイド株式会社」となり、本社ビル社屋は大阪府大阪市中央区平野町二丁目に。また、「旧:三菱東京製薬株式会社」本社ビル社屋は同社の東京オフィス(東京本社)となる。
    • 10月1日 - ヨーロッパ及びロンドンにおける英国現地法人会社『三菱ファーマヨーロッパ社』と、アメリカにおける米国現地法人会社『三菱ファーマアメリカ社』を会社設立。
    • 12月1日 - 『中国上海事務所』に開設。
    • 12月17日 - 『スペリア錠200mg』、『クリアナール錠200mg』を発売。
  • 2002年(平成14年)
    • 3月11日 - 東京本社内に「医療薬学歴史文庫」を開設。
    • 3月31日 - 北海道にあった「中標津製造所」を閉鎖。
    • 7月 - 吉富薬品株式会社がグラクソ・スミスクライン株式会社と抗うつ剤『パキシル錠』の共同プロモーション開始。
    • 9月 - 注射用ニューキノロン系抗菌製剤『パズクロス注300mg』、『パズクロス注500mg』を発売。
    • 10月1日 - 「生物製剤製造部門」を分社化。血液製剤製造事業を新規設立関連会社の「株式会社ベネシス」(現:田辺三菱製薬株式会社)に移管・承継。
    • 10月1日 - 「吉富ファインケミカル株式会社」と、「三菱化学株式会社 機能化学品カンパニー医薬原体事業及びファインケミカル事業」の一部を事業統合し、「株式会社エーピーアイ コーポレーション」を会社設立。
    • 10月8日 - 『コレバインミニ83%』を発売。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月31日 - 兵庫県神崎郡福崎町にあった「福崎安全性研究所」を25年の歴史に閉鎖した。
    • 6月1日 - ドイツにおける現地法人会社「三菱ファーマドイツ社」を会社設立。
    • 7月 - 米国アルファ・テラピゥティク・コーポレーションの血漿分画事業をスペインに本社を置く海外現地法人会社「プロビタス・ファーマ S.A.」へ事業譲渡。
    • 10月 - 血漿分画事業を「米国バクスター・ヘルスケア・コーポレーション」へ事業譲渡し、長年に渡り米国血漿分画事業部門を撤退した[要説明]
    • 10月1日 - 自社原薬事業を「株式会社エーピーアイ コーポレーション」へ移管。
    • 11月1日 - 健康食品事業を「イワキ株式会社」へ譲渡。
    • 11月13日 - 食品用天然抗菌剤『ホップレックス』を発売。
    • 12月25日 - 「福岡証券取引所」の株式上場を廃止。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月1日 - 一般用医薬品事業を「佐藤製薬株式会社」へ事業譲渡
    • 4月1日 - ビタミンB2事業を「第一ファインケミカル株式会社」へ譲渡。
    • 4月 - 海外関連会社「廣州緑十字薬業有限公司」の全株式を取得する。
    • 7月1日 - 「北京事務所」と「中国上海事務所」を事業統合。
    • 7月28日 - 『セレニカR錠200mg』を発売。
    • 12月 - フィブリノゲン製剤を納入したとされる全国の医療機関名を同社資料などを基に「厚生労働省」より公表される[要説明]
  • 2005年(平成17年)
    • 3月23日 - 内痔核硬化療法剤『ジオン注』を発売。
    • 3月31日 - 44年間を持って、埼玉県にあった「東京研究所」を業務閉鎖[要説明]
    • 4月1日 - 「足利工場」と「吉富工場」を統合、製剤子会社「MPテクノファーマ株式会社」(現:田辺三菱製薬工場株式会社)に分社され会社設立[要説明]
    • 4月1日 - 包装物流子会社「MPロジスティクス株式会社」を会社設立。
    • 7月 - 選択的抗トロンビン剤『アルガトロバン』がドイツにおいて初の自社販売開始。
    • 9月27日 - 東京証券取引所及び大阪証券取引所株式第1部の上場を廃止し、非上場となる。
    • 10月3日 - 三菱化学株式会社との共同持株会社株式会社三菱ケミカルホールディングス」を会社設立。完全子会社となる。
  • 2006年(平成18年)
    • 1月1日 - 海外関連会社であった社名[要説明]を「廣州緑十字薬業有限公司」から「三菱製薬(広州)有限公司」に変更。
    • 2月20日 - 大阪支店及び営業所を大阪府大阪市中央区道修町一丁目から大阪府大阪市中央区淡路町二丁目(現在地)へ移転。
    • 8月 - 米国投資会社「MPヘルスケア ベンチャー マネジメント インク」を会社設立。
    • 10月 - 海外関連会社「三菱製薬研発(北京)有限公司」を会社設立。
  • 2007年平成19年)
    • 2月2日 - 上場会社「田辺製薬株式会社」を存続会社との合併契約書を両社が調印発表し、その様子を国内大手製薬会社メーカー業界に再編する。
    • 9月30日 - 約6年間の長い歴史に解散会社となったため幕を閉じた[要説明]

事業所一覧[編集]

2007年(平成19年)9月30日終了時点

本社[編集]

営業本部・営業部・支店[編集]

  • 営業本部
    • 〒541-0046 - 大阪府大阪市中央区平野町二丁目6番9号(現在は解体)
  • 北海道支店(北海道地方エリア担当)
  • 東北支店(東北地方エリア担当)
  • 東北支店営業第一部、東北支店営業第二部
    • 〒980-0811 - 宮城県仙台市青葉区一番町一丁目3番1号(日本生命仙台ビル)
  • 東京第一支店(東京都エリア担当)
    • 〒103-8405 - 東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号(現在は解体)
  • 東京第一支店営業第一部、東京第一支店営業第二部、東京第一支店営業第三部
    • 〒103-8405 - 東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号(現在は解体)
  • 東京第二支店(千葉県・埼玉県エリア担当)
    • 〒103-8405 - 東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号(現在は解体)
  • 東京第二支店営業第一部、東京第二支店営業第二部
    • 〒103-8405 - 東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号(現在は解体)
  • 関信越支店(北関東地方甲信越地方エリア担当)
    • 〒103-8405 - 東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号(現在は解体)
  • 関信越支店営業第一部、関信越支店営業第二部
    • 〒103-8405 - 東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号(現在は解体)
  • 横浜支店(神奈川県エリア担当)
  • 名古屋支店(東海地方エリア担当)
  • 名古屋支店営業第一部、名古屋支店営業第二部
    • 〒460-0026 - 愛知県名古屋市中区伊勢山二丁目11番33号(NITTOビル)
  • 大阪支店(関西地方エリア担当)
    • 〒541-0047 - 大阪府大阪市中央区淡路町二丁目5番6号(現在は解体)
  • 大阪支店営業第一部、大阪支店営業第二部
    • 〒541-0047 - 大阪府大阪市中央区淡路町二丁目5番6号(現在は解体)
  • 京都支店(京滋北陸地方エリア担当)
  • 大阪支店兵庫営業部(兵庫県エリア担当)
  • 中国支店(中国地方エリア担当)
  • 四国支店(四国地方エリア担当)
  • 九州支店(九州沖縄エリア担当)
  • 九州支店営業第一部、九州支店営業第二部、九州支店営業第三部
    • 〒812-0007 - 福岡県福岡市博多区東比恵二丁目20番20号(現在は解体)

研究所・製剤研究所・工場[編集]

  • かずさ研究所
  • 横浜研究所
    • 〒227-0033 - 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1000番地(現:田辺三菱製薬株式会社 横浜事業所)
  • 大阪研究所
    • 〒573-1153 - 大阪府枚方市招提大谷二丁目25番1号(現在は解体)
  • 製薬技術センター
  • 鹿島工場
    • 〒314-0255 - 茨城県神栖市砂山14番地6(現:沢井製薬株式会社 鹿島工場)

営業所[編集]

  • 札幌第一営業所
  • 札幌第二営業所
  • 札幌第三営業所
  • 札幌第四営業所
  • 旭川営業所
  • 函館営業所
  • 釧路営業所
  • 宮城第一営業所
  • 宮城第二営業所
  • 青森営業所
  • 岩手営業所
  • 秋田営業所
  • 山形営業所
  • 福島第一営業所
  • 福島第二営業所
  • 中央営業所
  • 病院第一営業所
  • 病院第二営業所
  • 病院第三営業所
  • 城北第一営業所
  • 城北第二営業所
  • 城南第一営業所
  • 城南第二営業所
  • 城西営業所
  • 国立第一営業所
  • 国立第二営業所
  • 三鷹第一営業所
  • 三鷹第二営業所
  • さいたま第一営業所
  • さいたま第二営業所
  • 川越第一営業所
  • 川越第二営業所
  • 千葉第一営業所
  • 千葉第二営業所
  • 千葉第三営業所
  • 船橋営業所
  • 松戸営業所
  • 群馬第一営業所
  • 群馬第二営業所
  • 水戸営業所
  • つくば第一営業所
  • つくば第二営業所
  • 栃木第一営業所
  • 栃木第二営業所
  • 山梨営業所
  • 新潟第一営業所
  • 新潟第二営業所
  • 長岡営業所
  • 長野営業所
  • 松本営業所
  • 横浜第一営業所
  • 横浜第二営業所
  • 横浜第三営業所
  • 厚木第一営業所
  • 厚木第二営業所
  • 名古屋第一営業所
  • 名古屋第二営業所
  • 岡崎第一営業所
  • 岡崎第二営業所
  • 尾張営業所
  • 岐阜第一営業所
  • 岐阜第二営業所
  • 三重第一営業所
  • 三重第二営業所
  • 静岡営業所
  • 沼津営業所
  • 浜松営業所
  • 富山営業所
  • 石川営業所
  • 福井営業所
  • 大阪第一営業所
  • 大阪第二営業所
  • 大阪第三営業所
  • 大阪第四営業所
  • 北摂第一営業所
  • 北摂第二営業所
  • 堺第一営業所
  • 堺第二営業所
  • 京都第一営業所
  • 京都第二営業所
  • 滋賀営業所
  • 奈良第一営業所
  • 奈良第二営業所
  • 和歌山営業所
  • 神戸第一営業所
  • 神戸第二営業所
  • 姫路第一営業所
  • 姫路第二営業所
  • 西宮営業所
  • 広島第一営業所
  • 広島第二営業所
  • 福山営業所
  • 山陰営業所
  • 岡山第一営業所
  • 岡山第二営業所
  • 山口第一営業所
  • 山口第二営業所
  • 香川営業所
  • 徳島営業所
  • 愛媛第一営業所
  • 愛媛第二営業所
  • 高知営業所
  • 福岡第一営業所
  • 福岡第二営業所
  • 北九州第一営業所
  • 北九州第二営業所
  • 久留米営業所
  • 佐賀営業所
  • 長崎営業所
  • 熊本第一営業所
  • 熊本第二営業所
  • 大分営業所
  • 宮崎営業所
  • 鹿児島第一営業所
  • 鹿児島第二営業所
  • 沖縄営業所

関連会社[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • ウェルファイド コリア株式会社
  • 三菱製薬(広州)有限公司
  • 三菱製薬研発(北京)有限公司
  • 三菱ファーマアメリカ社
  • 三菱ファーマヨーロッパ社
  • 三菱ファーマドイツ社
  • MPヘルスケア ベンチャー マネジメント インク

主要製品[編集]

医療用医薬品[編集]

政治との関わり[編集]

  • 2003年から2006年まで「民主党」に政治献金をおこなっていた。

在籍した人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]