パロキセチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パロキセチン
IUPAC命名法による物質名
(3S-trans)-3-((1,3-Benzodioxol-5-yloxy)methyl)-
4-(4-fluorophenyl)-piperidine
臨床データ
ライセンス US FDA:link
胎児危険度分類 C。胎盤・胎児移行あり(ラット)
法的規制 劇薬指定
投与方法 経口投与
薬物動態的データ
代謝 主に肝臓のCYP2D6
半減期 約14時間
排泄 64%が尿(代謝物として)、35%が糞便
識別
CAS登録番号 61869-08-7
ATCコード N06AB05
PubChem CID 43815
DrugBank APRD00364
KEGG D02362
化学的データ
化学式 C19H20FNO3 
分子量 374.8 g/mol

パロキセチン(パロキセチン塩酸塩水和物、Paroxetine Hydrochloride Hydrate)は、イギリスグラクソ・スミスクライン社(旧 スミスクライン・ビーチャム)で開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。

同社より商品名「パキシル(Paxil)」で発売されている。日本では2000年11月に薬価収載され、販売が開始された。薬事法における劇薬指定。また、グラクソ・スミスクライン社から2012年1月19日に、同年1月18日付で、徐放性製剤である「パキシルCR(Controlled Release)」錠の製造販売承認を取得したことが発表された[1]。さらに、同年6月22日付の官報で、パキシルCR錠、およびパキシル(パロキセチン)の後発医薬品が薬価収載された。

軽症のうつ病を説明する「心の風邪」というキャッチコピーは、1999年に明治製菓が同社のSSRIであるデプロメールのために最初に用い、特にパキシルを販売するためのグラクソスミスクラインによる強力なマーケティングで使用された[2]。現在では、軽症のうつ病に対する抗うつ薬の効果には疑問が呈されており、安易な薬物療法は避けるよう推奨されている[3]

他害行為と抗うつ剤との因果関係が否定できない症例が確認されたことから、2009年5月に厚生労働省より添付文書の改定を指示され、[重要な基本的注意]「自殺企図」の中に「攻撃性」のリスクが明示された。

パロキセチンの断薬は、危険性の高い中断症候群を引き起こすことがある[4][5]

概要[編集]

適応はうつ病・うつ状態、パニック障害強迫神経症社会不安障害[6]

その他月経前症候群摂食障害にも用いられる。

パロキセチンは、脳内セロトニン神経系でセロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内シナプス間隙に存在するセロトニン濃度が高まり、神経伝達能力が上がる。その結果、抗うつ作用及び抗不安作用を示すと考えられる。

用法[編集]

通常は1日10~20mgから始まり、1週間から2週間ごとに10mgずつ増やす。減らす時はその逆である。減量・中止時には5mgずつ減らしていく場合もある。1日の服用量の上限は、パロキセチンとして、パニック障害では30mg、うつ病・うつ状態では40mg、強迫性障害では50mgであり、毎日夕食後に経口服用する。効果が実感できるようになるまでの期間に個人差が大きく、1週間から1ヶ月程度かかる。強迫神経症や抑うつ性の病気、社会不安障害の人が飲むと、理解や視覚される恐怖が弱まると言う患者もいる。

急に一気に服薬を止めると、気分や体調が悪くなったり、寝込んだり、何らかの拍子にフラッシュバックのような、不安や抑うつなどうつ病が再発したかのような中断症候群が生じる可能性がある。また、不安障害やうつ病の重篤化が懸念されるため、医師の指示なく薬をやめることは危険である。

有効性[編集]

うつ病[編集]

1998年には、公開された文献をメタアナリシスした結果、パロキセチンを含む16種類の抗うつ薬や精神科の薬は、概してうつ病に対する薬の本来の効果は25%で、残りは偽薬効果や自然経過であることが示された[7]

2004年のグラクソスミスクラインによる試験情報の隠ぺいのための裁判の結果、パキシルに関する全臨床試験の情報をインターネットで開示するよう求められた[8]。未公表データがあることでたくさんのデータを集めて、データを解析しても良い結果に傾いてしまうという出版バイアスを除いてデータを解析することが可能となる。

2008年には、世界保健機関とその関連機関が、制裁によって公開されたパロキセチンに関する未公表の試験を結合し40の計3704人からなる二重盲検試験を解析した結果、パロキセチンの本来の効果は効果全体の17%であり、残りは偽薬効果や自然経過であることが明らかになった[9]。これは、SSRIのパロキセチンとフルオキセチン、SNRIのベンラファキシン英語版、ほかの機序の抗うつ薬のネファゾドン英語版の未公表の文献を含めて解析し明らかになった、薬の本来の効果は18%であるとする研究とほぼ一致する[10]

副作用[編集]

概要(添付文書中に記載のある主なものを、承認時発生頻度順に列記。867例中15.0~1.3%)
  • 嘔気(投与初期に出現、多くは2週間程度でおさまる)
  • 傾眠(日中の倦怠感) 
  • 口渇
  • めまい
  • 便秘
  • 頭痛
  • 食欲不振
重大な副作用(発生頻度は1%未満または不詳)
投薬中止時(特に突然の中断時)に以下の報告がある。

これらの副作用は以前から報告が有ったが2003年に取り扱い注意項目として追加された。

頭痛や眠気、吐き気などは、アルコールと一緒に飲むと起きやすくなる。服用中は、飲酒を避けることが望ましい。また妊娠中、服用中に妊娠が判明した女性は、必ず医師に伝える。

離脱症候群[編集]

多くの向精神薬は投与の中止時に離脱症候群を引き起こすことがある。パロキセチンはこのカテゴリの薬品では最も高い確率でインシデントを起こし、また深刻な離脱症候群を引き起こすというエビデンスが存在する[11]。パロキセチンの離脱症候群に共通しているのは吐き気・目眩・立ちくらみ・不眠・悪夢・明晰夢・電気ショック感覚・泣き出しと不安などがある[12][13]。パロキセチンの水溶液を用いることで、非常にゆっくりとした投薬削減が可能であり、それにより断薬症候群を減らすことができるであろう。別の勧告では、一時的にフルオキセチンに切り替える方法であり、それは長い半減期により離脱症候群の重篤度を減少させることができる[4][14][15]

禁忌[編集]

以下に当てはまる患者には、投与不可。

  • パロキセチンに対して過去に過敏症を示した患者
  • MAO阻害剤を服用中か、服用を中止してから2週間に満たない患者
    • 脳内のセロトニン濃度が高まるため
  • 塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)投与中の患者
  • ピモジド(商品名:オーラップ)を服用中の患者
    • チオリダジンのケースに同じ

また、パロキセチン服用中は、セイヨウオトギリソウを含む食品を摂取しない様にする事も肝心である。摂取すれば薬の効用を高めてしまう危険性がある。


剤形[編集]

パキシル(写真は10mg錠)
  • — 5mg /10mg / 20mg

日本国外では40mg錠などもあるが、日本国内では使われていない。また、各社から後発品も販売されている。

商品名[編集]

主な国々での商品名を挙げる。

  • Paxil…日本、アメリカ、カナダ、ブラジルなど
  • Seroxat…オーストリア、ギリシャ、イスラエル、ポーランド、ポルトガル、イギリス、中国など
  • Aropax…オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ブラジルなど
  • Pondera…ブラジルなど
  • Deroxat…スイス、フランスなど
  • Paroxat…ドイツなど
  • Cebrilin…ラテンアメリカなど

訴訟[編集]

10年もの間、グラクソスミスクライン(GSK)は「依存性がない」として薬を販売してきたが、それは多くの専門家ならびに、少なくとも一つの裁判によれば事実に反する[16][17][18]。2001年に英国放送協会(BBC)は、世界保健機関が中止が非常に困難な抗うつ薬にパロキセチンを位置付けたと報じた[19]。2002年にアメリカ食品医薬品局(FDA)は、薬に関する新しい製品警告を公表し、また国際製薬団体連合会(IFPMA)はGSKがパロキセチンに関して市民を欺き、さらに2つの連合における規約基準に違反していたと述べた[20]。『イギリス医学雑誌』は、Social Audit(社会監査)の代表であるチャールズ・メダワー(Charles Medawar)を引用した:「この薬は長い間、安全で中止が簡単だと宣伝されてきた…依存症の原因となるたぐいの耐えがたい離脱症候群を引き起こすという事実は、患者、医師、投資家また同社にとって極めて重要である。グラクソスミスクラインは、10年以上前にパロキセチンの認可が与えられて以来その問題を回避してきたし、同薬は大ヒットし全収益の約10分の1を生み出している。同社は、あまりにも長い間、直接消費者に対して「非依存性」だとパロキセチンを宣伝してきた[21]」グラクソスミスクラインが掲示するパロキセチンの処方情報は、重篤な中断症状を含む中断症候群の発生を認めている[22]

1992年にパロキセチンがFDAに認可されて以来、およそ5,000人のアメリカ市民がGSKを訴えてきた。これらの人々の大部分は、同薬を非依存性だと明確に宣伝した後、GSKは薬の副作用に先立って—特に上述の議論された離脱症候群を十分に警告していなかったと感じている。

2001年の911事件の後、GSKはアメリカでパキシルのテレビ広告を増やした;2001年10月には、GSKは2000年10月の2倍近くの費用をかけた[23]。 パロキセチンからの離脱の困難さ、さらにGSKによるその隠ぺいは後にABCで報道された[24]

イギリスでは2001年以来、セロクサート(イギリスでの商標名)が処方されていた人々を代表して訴訟が起こされた。彼らは、グラクソスミスクラインが患者情報を軽視したが、同薬に重篤な副作用があったと主張している[25][26]

2004年のはじめに、GSKは消費者による詐欺の訴えを250万ドルで和解することに合意した(当時、年間270億ドルを超えるパキシルの売上のほんの一部である)[27]。法的証拠開示手続きも、パキシルの不都合な研究結果の意図的で組織的な抑制の証拠を暴いた。あるGSKの内部文書には「[小児における]有効性が証明されなかったという記述を盛り込めば、パロキセチンの評判を傷つけ商業的に歓迎されないだろう」と書かれていた[28]

2004年6月には、FDAはパキシルCRの「虚偽あるいは誇大な」テレビ広告に対応して、GSKに対する違反文書を公開した;FDAは、「パキシルCRは、同薬に関連している重大な危険を最小限に抑えているが、[認可された条件を超えて]用途が拡大しているため、この広告は公衆衛生上の懸念がある。[29]」と述べた。GSKはその広告はあらかじめFDAに審査されたと主張したが、再び放映しないと述べた[30]

2007年1月29日、BBCは「パノラマ」という番組で、セロクサートに関するシリーズ4番目のドキュメンタリーを放映した[31]。 タイトルは「臨床試験の秘密」(Secrets of the Drug Trials)で、子供と青年における3つのGSKの小児臨床試験に焦点を当てた。試験のデータは、十代ではセロクサートは効き目がなかったことを示した。また1つの臨床試験は、若年者では服用後に自殺に陥ることが6倍多かったこと示唆した。試験の一つである研究329(Study 329)の結果は[32] 、パロキセチンの安全性と有効性について読者を誤導するやり方で報告されており、科学文献において小児うつ病の薬物の有用性の評価をたびたび歪曲させた[33][要高次出典]

2008年10月に、裁判所文書が訴訟の1つの結果として公開され、GSK「および/あるいは研究者は、臨床試験の間、自殺の危険性のデータを抑制したか隠していた可能性がある」と記されていた。捜査員の一人、「チャールズ ネメロフ英語版エモリー大学の精神医学部の前・学部長は、初のビッグネームの「露見」だった…発覚のさなか2008年10月はじめにネメロフは、35,000ドルだと同校には伝えていたが、2006年にGSKから96万ドル以上を受け取っていたことで学部長を辞した。後の捜査は、2000年から2006年の間の製薬会社からの支払いを合計すると250万以上だと暴いたが、それでも公にされたのは極一部であった」[34]

GSKによるパキシルに関する不都合な研究結果の抑制—さらに法的証拠開示手続きが暴いた—は、Alison Bassによる2008年の著書『副作用—検事、内部告発者、そして審理中にもベストセラーの抗うつ薬』(Side Effects: A Prosecutor, a Whistleblower, and a Bestselling Antidepressant on Trial)の題材である。同書、2人の女性の生活記録—検事と内部告発者—は、パキシルの研究とマーケティングの手口を明るみに出した。同書は、トップアイビーリーグの研究機関である巨大製薬会社グラクソスミスクラインと、市民を保護するために定められた政府機関の間の結び付き—弱い子供たちの健康と安全を間違いなく危険に曝した矛盾した関係を示した。『副作用』は2009年のNASWの社会における科学賞を受賞した[35][36]

2012年、アメリカ司法省(Justice Department)は、GSKが子供向けにパキシルを販売促進したことを含めた罪状を認め、30億ドルの罰金を支払うことを公表した[37]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ディヴィド・テイラー,キャロル・ペイトン編『症例で学ぶ精神科薬物療法―向精神薬の使い方』
  • 精神障害の診断と統計の手引き(DSM-IV)日本語版
  • 小野真吾、天保英明「SSRIと他の薬を容易に併用してはいけない!」『治療』85号 673-675頁 2003年
  • 「パキシル錠10mg/パキシル錠20mg」添付文書(2008年5月改訂(第15版))

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ Kathryn Schulz (2004年8月22日). “Did Antidepressants Depress Japan?”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2004/08/22/magazine/did-antidepressants-depress-japan.html?pagewanted=4 2013年1月10日閲覧。 
  3. ^ 日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害2012 Ver.1 (Report) (2012 Ver.1 ed.). 日本うつ病学会、気分障害のガイドライン作成委員会. pp. 20-23. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf 2013年1月1日閲覧。. 
  4. ^ a b Haddad P (2001). “Antidepressant discontinuation syndromes”. Drug Saf 24 (3): 183?97. doi:10.2165/00002018-200124030-00003. PMID 11347722. 
  5. ^ Tonks A (February 2002). “Withdrawal from paroxetine can be severe, warns FDA”. BMJ 324 (7332): 260. doi:10.1136/bmj.324.7332.260. PMC 1122195. PMID 11823353. http://bmj.com/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=11823353. 
  6. ^ パキシル錠10mg、パキシル錠20mg添付文書 (PDF)”. グラクソ・スミスクライン (2009年10月改訂). 2009年10月24日閲覧。
  7. ^ Kirsch, I., & Sapirstein, G (1998-06-26). “Listening to Prozac but hearing placebo: A meta-analysis of antidepressant medication. Prevention and Treatment”. Prevention and Treatment 1 (2): Article 0002a. doi:10.1037/1522-3736.1.1.12a. オリジナルの1998-08-15時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/19980715085305/http://journals.apa.org/prevention/volume1/pre0010002a.html. 
  8. ^ Gardiner Harris (2004年8月26日). “Maker of Paxil to Release All Trial Results”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2004/08/26/business/26CND-DRUG.html 2013年1月10日閲覧。 
  9. ^ Barbui C, Furukawa TA, Cipriani A (January 2008). “Effectiveness of paroxetine in the treatment of acute major depression in adults: a systematic re-examination of published and unpublished data from randomized trials”. CMAJ 178 (3): 296–305. doi:10.1503/cmaj.070693. PMC 2211353. PMID 18227449. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2211353. 
  10. ^ Kirsch, I., Deacon, B. J., Huedo-Medina, T. B., Scoboria, A., Moore, T. J., & Johnson, B. T (February 2008). “Initial severity and antidepressant benefits: A meta-analysis of data submitted to the Food and Drug Administration”. PLoS Medicine 5 (2): e45. doi:10.1371/journal.pmed.0050045. PMC 2253608. PMID 18303940. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2253608/. 
  11. ^ Anti-depressant addiction warning”. BBC News (2001年6月11日). 2010年5月21日閲覧。
  12. ^ Skaehill, Penny A.; Welch, E.B. (1997年10月). “Clinical Reviews: SSRI Withdrawal Syndrome”. American Society of Consultant Pharmacists. 2007年8月15日閲覧。
  13. ^ Bhanji NH, Chouinard G, Kolivakis T, Margolese HC (2006). “Persistent tardive rebound panic disorder, rebound anxiety and insomnia following paroxetine withdrawal: a review of rebound-withdrawal phenomena”. Can J Clin Pharmacol 13 (1): e69?74. PMID 16456219. http://www.cjcp.ca/pdf/CJCP_04-032_e69.pdf. 
  14. ^ [2]
  15. ^ [3]
  16. ^ “Judge: Paxil ads can't say it isn't habit-forming”. USA Today. (2002年8月20日). http://www.usatoday.com/news/health/2002-08-20-paxil-ads_x.htm 2010年5月21日閲覧。 
  17. ^ http://www.socialaudit.org.uk/4606-BAUM%20HEDLUND.htm
  18. ^ Paxil is Forever, City Pages, Oct 16 2002
  19. ^ “Anti-depressant addiction warning”. BBC. (11 June, 2001). http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/1382551.stm 2013年1月11日閲覧。 
  20. ^ “HOT flashes”. Friend Indeed, A. (2002年). http://findarticles.com/p/articles/mi_qa4070/is_200206/ai_n9121579 
  21. ^ Tonks A (February 2002). “Withdrawal from paroxetine can be severe, warns FDA”. BMJ 324 (7332): 260. PMC 1122195. PMID 11823353. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1122195/. 
  22. ^ Paxil (paroxetine hydrochloride) prescribing information glaxosmithkline
  23. ^ Drug Makers Find Sept. 11 A Marketing Opportunity”. Psychiatric News (2001年3月1日). 2010年7月12日閲覧。
  24. ^ Withdrawing from Antidepressants Can be Dangerous
  25. ^ Garfield, Simon (2002年4月29日). “The Chemistry of Happiness”. London: The Guardian. http://society.guardian.co.uk/mentalhealth/story/0,,707016,00.html 2007年9月9日閲覧。 
  26. ^ Stayton, Jonathan (2008年1月22日). “Punk rocker sues over anti-depressant”. The Argus. http://www.theargus.co.uk/news/generalnews/display.var.1984445.0.punk_rocker_sues_over_antidepressant.php 2008年1月23日閲覧。 
  27. ^ Angell M (2009年1月15日). “Drug Companies & Doctors: A Story of Corruption”. New York Review of Books 56 (1) 
  28. ^ Kondro W, Sibbald B (March 2004). “Drug company experts advised staff to withhold data about SSRI use in children”. CMAJ 170 (5): 783. doi:10.1503/cmaj.1040213. PMC 343848. PMID 14993169. http://www.cmaj.ca/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=14993169. 
  29. ^ FDA Warning Letter fda
  30. ^ “Company News; F.D.A. Asks Glaxosmithkline To Stop Running A Paxil Ad”. The New York Times. (2004年6月12日). http://www.nytimes.com/2004/06/12/business/company-news-fda-asks-glaxosmithkline-to-stop-running-a-paxil-ad.html 2010年3月27日閲覧。 
  31. ^ “Secrets of the drug trials”. BBC. (2007年1月29日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/programmes/panorama/6291773.stm 2007年8月15日閲覧。 
  32. ^ Keller MB et al (July 2001). “Efficacy of paroxetine in the treatment of adolescent major depression: a randomized, controlled trial”. J Am Acad Child Adolesc Psychiatry 40 (7): 762–72. doi:10.1097/00004583-200107000-00010. PMID 11437014. 
  33. ^ Paxil Study 329: Paroxetine vs Imipramine vs Placebo in Adolescents, Healthy Skepticism International News, January 2010
  34. ^ Samson K (December 2008). “Senate probe seeks industry payment data on individual academic researchers”. Ann. Neurol. 64 (6): A7–9. doi:10.1002/ana.21271. PMID 19107985. 
  35. ^ http://www.nasw.org/mt-archives/2009/09/scienceinsociety-journalism-aw-1.htm
  36. ^ Bass, Alison (2008), Side Effects: A Prosecutor, a Whistleblower, and a Bestselling Antidepressant on Trial, Algonquin Books of Chapel Hill.
  37. ^ Thomas, Katie; Schmidt, Michael S. (2012年7月2日). “Glaxo Agrees to Pay $3 Billion in Fraud Settlement”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/07/03/business/glaxosmithkline-agrees-to-pay-3-billion-in-fraud-settlement.html 

外部リンク[編集]