セロトニン症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)とは、抗うつ薬類を服用中に脳内セロトニン濃度が過剰になることによって起きる副作用である[1]

症状[編集]

症状は3つの主要な神経系に影響を与える。

高体温異常発汗緊張高血圧心拍数の増加、吐き気嘔吐下痢

ミオクローヌス筋強剛振戦反射、緊張と緩和の繰り返し(例: 歯をがちがちさせる)

  • 精神症状

混乱興奮錯乱頭痛昏睡


セロトニン症候群は通常、他のセロトニン作動性の作用を有する薬物との相互作用によって発生する。
また、SSRI に特異的な症候群であるというわけでもない。
発生の原因となる主な例には、

などがあり、そして最も典型的なのが

  • SSRI(更にセロトニン作動性の作用を有するほとんどの抗うつ薬などがこれに加わることも珍しくない)の過量摂取(多くは服薬自殺目的による意図的なものである)

による発症である。

また他にも

セント・ジョーンズ・ワートは、抗うつ作用を有することが各国の研究で実証されている薬用ハーブ薬草)であるが、他の多くの抗うつ薬と同様、臨床的に有意な程度のセロトニン再取り込み阻害作用を有しているため、併用禁忌は SSRI に準じる。

などがこれに加わる。

セロトニン症候群は、どの年齢でもリスクは存在するが、仮に発症した場合に、死亡を含む重篤な有害事象に対する抵抗性の低い高齢者などは特に注意を要する。

診断[編集]

診断は血液検査や画像診断によらず、身体所見と問診が主となる。Hunterのクライテリアが感度特異度に優れておりしばしば用いられる。[2]

また、悪性症候群(NMS)との識別が重要である。
まず、セロトニン症候群はNMS発現の約9日に比べ、24時間以内と比較的速やかに発現する。

身体所見による判断時の特徴は、ミオクローヌスの有無である。
セロトニン症候群ではミオクローヌスが高頻度で起こるが、NMSでは起こりにくい。

治療[編集]

引用・参照[編集]

  1. ^ a b セロトニン症候群 平成22年3月 厚生労働省 (PDF)
  2. ^ Dunkley, EJC; Isbister, GK; Sibbritt, D; Dawson, AH; Whyte, IM. (2003). "The Hunter Serotonin Toxicity Criteria: simple and accurate diagnostic decision rules for serotonin toxicity". QJM 96 (9): 635–642. doi:10.1093/qjmed/hcg109. PMID 12925718.