シプロヘプタジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シプロヘプタジン
Cyproheptadine.svg
Cyproheptadine3Dan.gif
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Periactin
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682541
ライセンス US Daily Med:リンク
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: B
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
血漿タンパク結合 96 to 99%
代謝 Hepatic.[1][2] Mostly CYP3A4 meditated.
半減期 8.6 hours[3]
排泄 Faecal (2-20%; 34% of this as unchanged drug) and renal (40%; none as unchanged drug)[1][2]
識別
CAS番号
129-03-3 チェック 969-33-5 (塩酸塩)
ATCコード R06AX02 (WHO)
PubChem CID: 2913
IUPHAR/BPS 277
DrugBank DB00434 チェック
ChemSpider 2810 チェック
UNII 2YHB6175DO チェック
KEGG D07765  チェック
ChEBI CHEBI:4046 チェック
ChEMBL CHEMBL516 チェック
化学的データ
化学式 C21H21N
分子量 287.398 g/mol

シプロヘプタジン(Cyproheptadine)は第一世代抗ヒスタミン薬の一つである。抗コリン作用抗セロトニン作用英語版局所麻酔作用英語版を持つ。商品名ペリアクチン

効能・効果[編集]

皮膚疾患に伴う瘙痒(湿疹・皮膚炎、皮膚瘙痒症、薬疹)、蕁麻疹、血管運動性浮腫、枯草熱、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、感冒等上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・咳嗽 に用いられる[4][5]

禁忌[編集]

下記の患者には禁忌とされている[4][5]

  • 緑内障のある患者
  • 狭窄性胃潰瘍のある患者
  • 幽門十二指腸閉塞のある患者
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者
  • 気管支喘息の急性発作時の患者
  • 新生児・低出生体重児
  • 老齢の衰弱した患者
  • 製剤成分に対し過敏症の既往歴のある患者

副作用[編集]

添付文書に記載されている重大な副作用は、錯乱、幻覚、痙攣、無顆粒球症である[4][5]。5%以上の患者に眠気が現れる。

その他発現し得る副作用には、下記のものが挙げられる[1][2]

  • 鎮静・眠気(多くの場合一過性)
  • 眩暈
  • 協調障害
  • 混乱
  • 鎮静
  • 興奮
  • 神経過敏
  • 振戦
  • 易刺激性
  • 不眠
  • 錯感覚
  • 神経炎
  • 痙攣
  • 陶酔感
  • 幻覚
  • ヒステリー
  • 脱力
  • 発疹、浮腫等のアレルギー症状
  • 発汗
  • 蕁麻疹
  • 光線過敏
  • 急性内耳炎
  • 複視
  • 眩暈
  • 耳鳴
  • 低血圧
  • 動悸
  • 期外収縮
  • アナフィラキシーショック
  • 溶血性貧血
  • 白血球減少症英語版無顆粒球症および血小板減少症等の血液疾患
  • 胆汁鬱滞
  • 下記等の肝障害
  • 心窩部
  • 口腔乾燥症
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 下記等の抗コリン症状
    • 霧視
    • 便秘
    • 口渇
    • 頻拍
    • 尿閉
    • 排尿困難
    • 鼻閉
    • 鼻咽頭部乾燥
  • 頻尿
  • 早期月経
  • 気管支分泌物増粘
  • 胸部圧迫感喘鳴
  • 疲労
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 食欲亢進
  • 体重増加

8〜12mg/日×5日間の服用で成長ホルモンの分泌が抑制されることが示された[27]

過量投与[編集]

過量投与の対処法としては、胃洗浄や嘔吐誘発が推奨される。症状は通常、中枢神経抑制(時に中枢神経刺激)および過剰抗コリン効果である。マウスでのLD50は123mg/kg、ラットでは295mg/kgである[1][2]

作用機序[編集]

シプロヘプタジンは下記の各受容体拮抗薬または逆作動薬として作用する。

受容体・輸送蛋白質 結合親和性(Ki[nM])(特記無き場合はヒト受容体)[28]
SERT 4100 (RC)
NET英語版 290 (RC)
5-HT1A英語版 59
5-HT2A英語版 1.67
5-HT2B英語版 1.54
5-HT2C英語版 2.23
5-HT3英語版 228 (MN)
5-HT6英語版 142
5-HT7英語版 123.01
M1英語版 12
M2英語版 7
M3英語版 12
M4英語版 8
M5英語版 11.8
D1英語版 117
D2英語版 112
D3英語版 8
H1英語版 0.06
H3英語版 >10000
H4英語版 201.5

略語:
RC - ラット
MN - NG108-15マウス

薬物動態学[編集]

シプロヘプタジンは経口投与での吸収率が高く、1〜3時間で最高血中濃度に達する[29]。経口投与時の血中半減期は約8時間である[3]

獣医学領域での使用[編集]

シプロヘプタジンはネコの食欲刺激または気管支喘息の補助治療薬として使用される[30][31]。副作用として、興奮および攻撃性が現れることがある[30]。ネコでの半減期は約12時間である[31]

シプロヘプタジンをウマの下垂体中間部機能不全の治療に応用し、成功している[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c d CYPROHEPTADINE HYDROCHLORIDE tablet [Boscogen, Inc.] (PDF)”. DailyMed. Boscogen, Inc. (2010年11月). 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d PRODUCT INFORMATION PERIACTIN (cyproheptadine hydrochloride)”. Aspen Pharmacare Australia. Aspen Pharmacare Australia Pty Ltd (2011年11月17日). 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ a b Gunja N, Collins M, Graudins A (2004). “A comparison of the pharmacokinetics of oral and sublingual cyproheptadine”. Journal of Toxicology. Clinical Toxicology 42 (1): 79–83. doi:10.1081/clt-120028749. PMID 15083941. 
  4. ^ a b c ペリアクチン錠4mg/ペリアクチン散1% 添付文書” (2013年11月). 2016年4月8日閲覧。
  5. ^ a b c ペリアクチンシロップ0.04% 添付文書” (2013年11月). 2016年4月8日閲覧。
  6. ^ MedlinePlus Drug Information: Cyproheptadine
  7. ^ Rijnders, R. J.P.; Laman, DM; Van Diujn, H (2000). “Cyproheptadine for Posttraumatic Nightmares”. American Journal of Psychiatry 157 (9): 1524–a. doi:10.1176/appi.ajp.157.9.1524-a. PMID 10964879. http://ajp.psychiatryonline.org/cgi/content/full/157/9/1524-a. 
  8. ^ Gupta, S; Popli, A; Bathurst, E; Hennig, L; Droney, T; Keller, P (May 1998). “Efficacy of cyproheptadine for nightmares associated with posttraumatic stress disorder”. Comprehensive Psychiatry 39 (3): 160–4. doi:10.1016/S0010-440X(98)90076-1. ISSN 0010-440X. PMID 9606583. 
  9. ^ Mills KC (October 1995). “Serotonin syndrome”. American Family Physician 52 (5): 1475–82. PMID 7572570. 
  10. ^ Gillman PK (1999). “The serotonin syndrome and its treatment”. Journal of Psychopharmacology (Oxford, England) 13 (1): 100–9. doi:10.1177/026988119901300111. PMID 10221364. 
  11. ^ Hall M, Buckley N (2003). “Serotonin syndrome”. Australian Prescriber 26 (3): 62–3. http://www.australianprescriber.com/magazine/26/3/62/3. 
  12. ^ a b Rossi, S, ed (2013). Australian Medicines Handbook (2013 ed.). Adelaide: The Australian Medicines Handbook Unit Trust. ISBN 978-0-9805790-9-3. 
  13. ^ Berry EM, Maunder C, Wilson M (January 1974). “Carcinoid myopathy and treatment with cyproheptadine (Periactin)”. Gut 15 (1): 34–8. doi:10.1136/gut.15.1.34. PMC 1412931. PMID 4274414. http://gut.bmj.com/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=4274414. 
  14. ^ Moertel, Charles G.; Kvols, LK; Rubin, J (1991). “A study of cyproheptadine in the treatment of metastatic carcinoid tumor and the malignant carcinoid syndrome”. Cancer 67 (1): 33–6. doi:10.1002/1097-0142(19910101)67:1<33::AID-CNCR2820670107>3.0.CO;2-E. PMID 1985720. http://www3.interscience.wiley.com/journal/112674381/abstract. 
  15. ^ Wendy G Mitchell (2006年). “Childhood Migraine Variants”. 2016年4月8日閲覧。
  16. ^ UVA Neurogram: Treatment of Pediatric Migraine
  17. ^ Netdoctor: Periactin
  18. ^ Migraines in Children and Adolescents
  19. ^ Klimek A (1979). “Cyproheptadine (Peritol) in the treatment of migraine and related headache”. Ther Hung 27 (2): 93–4. PMID 494146. 
  20. ^ Cohen AJ (June 1992). “Fluoxetine induced yawning and anorgasmia reversed by cyproheptadine treatment”. The Journal of Clinical Psychiatry英語版 53 (5): 174. PMID 1592848. 
  21. ^ Ashton AK, Weinstein WL (May 2002). “Cyproheptadine for drug-induced sweating”. American Journal of Psychiatry英語版 159 (5): 874–5. doi:10.1176/appi.ajp.159.5.874-a. PMID 11986151. http://ajp.psychiatryonline.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=11986151. 
  22. ^ Andersen JM, Sugerman KS, Lockhart JR, Weinberg WA (December 1997). “Effective Prophylactic Therapy for Cyclic Vomiting Syndrome in Children Using Amitriptyline or Cyproheptadine”. Pediatrics英語版 100 (6): 977–981. doi:10.1542/peds.100.6.977. PMID 9374568. http://pediatrics.aappublications.org/cgi/content/abstract/100/6/977. 
  23. ^ Long-term trial of cyproheptadine as an appetite stimulant in cystic fibrosis | Wiley Online Library
  24. ^ Cyproheptadine, Human Health Effects”. Toxicology Data Network (2003年). 2012年11月8日閲覧。
  25. ^ Taylor, D; Paton, C; Shitij, K (2012). Maudsley Prescribing Guidelines in Psychiatry (11th ed.). West Sussex: Wiley-Blackwell. ISBN 978-0-47-097948-8. 
  26. ^ Silver, H; Blacker, M; Weller, MPI; Lerer, B (February 1989). “Treatment of chronic schizophrenia with cyproheptadine”. Biological Psychiatry 25 (4). doi:10.1016/0006-3223(89)90206-0. 
  27. ^ Rosskamp RH, Haverkamp F, von Kalckreuth G (May 1990). “The effect of cyproheptadine on plasma growth hormone (GH) and on somatostatin response to GH-releasing hormone in man”. Horm. Metab. Res. 22 (5): 295–7. doi:10.1055/s-2007-1004905. PMID 1971804. 
  28. ^ Roth BL, Driscol J (2011年1月12日). “PDSP Ki Database”. Psychoactive Drug Screening Program (PDSP). University of North Carolina at Chapel Hill and the United States National Institute of Mental Health. 2013年10月26日閲覧。
  29. ^ Lindsay Murray; Frank Daly; David McCoubrie; Mike Cadogan (15 January 2011). Toxicology Handbook. Elsevier Australia. p. 388. ISBN 978-0-7295-3939-5. http://books.google.com/books?id=KDOeIldGWxQC&pg=PT388 2011年11月27日閲覧。. 
  30. ^ a b Dowling PM (February 8, 2005). “Drugs Affecting Appetite”. In Kahn CM, Line S, Aiello SE (eds.). The Merck Veterinary Manual英語版 (9th ed.). John Wiley & Sons. ISBN 0-911910-50-6. http://www.merckvetmanual.com/mvm/index.jsp?cfile=htm/bc/190302.htm.  Retrieved on October 26, 2008.
  31. ^ a b Dowling PM (February 8, 2005). “Systemic Therapy of Airway Disease: Cyproheptadine”. In Kahn CM, Line S, Aiello SE (eds.). The Merck Veterinary Manual (9th ed.). John Wiley & Sons. ISBN 0-911910-50-6. http://www.merckvetmanual.com/mvm/index.jsp?cfile=htm/bc/190907.htm.  Retrieved on October 26, 2008.
  32. ^ Merck Vet Manual. “Hirsutism Associated with Adenomas of the Pars Intermedia”. 2011年4月24日閲覧。

関連項目[編集]