サリドマイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サリドマイド
Thalidomide-2D-skeletal-wavy.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: X
  • US: X
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合55% and 66% for the (+)-R and (–)-S enantiomers, respectively
半減期mean ranges from approximately 5 to 7 hours following a single dose; not altered with multiple doses
識別
CAS番号
50-35-1
ATCコード L04AX02 (WHO)
PubChem CID: 5426
DrugBank APRD01251
KEGG D00754
化学的データ
化学式C13H10N2O4
分子量258.23 g/mol
テンプレートを表示

サリドマイド英語: thalidomide)とは、非バルビツール酸系の化合物で、催眠作用と免疫系の増強・調節作用や腫瘍細胞の自滅誘導作用・増殖抑制作用などを持ち、抗多発性骨髄腫薬、ハンセン病の2型らい反応治療薬としても知られ、現在でも妊婦や妊娠前以外には活用されている[1]

世界では1957年にコンテルガン、日本では睡眠薬イソミン(1958年発売)や胃腸薬プロバンM(1960年発売)として販売されたが、妊婦が服用した場合にはサリドマイド胎芽症の新生児が生まれる世界規模の薬害サリドマイド禍が起きたため、日本では1962年9月に該当商品は販売停止された。その後1965年には、サリドマイドがらい性結節性紅斑に一時抑制効果が確かめられた[2]

サリドマイド事件から40年後の1998年、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ハンセン病に対する医師の処方薬としての使用を承認した[2]。1999年には多発性骨髄腫(骨髄がん)への臨床試験が行われ、日本でも2008年サレドカプセルの商品名で再承認され、使用にあたって「サリドマイド製剤安全管理手順」の遵守の下で処方される[3][4]

概要[編集]

西ドイツグリュネンタール社が開発し、1957年に発売した。

胎児に催奇形性を起こすメカニズムについては、長い間謎に包まれていたが、2010年半田宏東京工業大学)と小椋利彦東北大学)らにより、サリドマイドがプロテアーゼの一つ、E3ユビキチンリガーゼを構成するセレブロン英語版というタンパク質と結合して、その働きを阻害することを発見し、解明された[5][6][7]。その結果、手足の形成を促すタンパク質FGF8が阻害されて、胎児に奇形を引き起こすと考えられている[5]

化学的性質[編集]

サリドマイドは一般名であり、化合物名は3'-(N-フタルイミド)グルタルイミドである。水に溶けにくい針状結晶。無水フタル酸とアミノグルタルイミドの縮合反応により合成できる。分子中に1個の不斉炭素を持ち、R体とS体の鏡像異性体が存在する(R体はCAS番号[2614-06-4]、S体はCAS番号[841-67-8])。

効能又は効果[編集]

日本におけるサリドマイド製剤の効能・効果は、サレドカプセル添付文書によれば以下のとおりである。

光学異性体と薬理作用の関係[編集]

市販のサリドマイドは等量のR体とS体が混ざったラセミ体として合成される。現在の技術ではR体とS体の光学分割による分離、および一方のみを選択的に合成する不斉合成も可能である。

1979年には、R体が催眠作用のみを持ち、S体が催奇性だけを現すという報告がなされたが[9]、1994年の報告は、R体のみを投与しても比較的速やかに(半減期566分)動物体内でラセミ化すると報告している[10][11]

妊婦への副作用[編集]

サリドマイドは、1957年10月に商品名「コンテルガン(contergan)」として西ドイツで市販され、世界の40か国以上で販売された。日本では睡眠薬「イソミン」(単剤)として1958年1月に発売された。その後、胃腸薬「プロバンM」(合剤)として1960年8月に追加発売された。これら薬剤の注意事項に妊婦への処方禁止も無かった。そのため、各国で妊婦でも服用していた。

薬害サリドマイド禍[編集]

妊娠中にサリドマイドを服用した母親が産んだ新生児

ところが、疫学調査(レンツ警告・1961年11月。ただしこの報告は、疫学的因果関係のみでメカニズムは未解明)から先天異常「サリドマイド胎芽症」や胎児死亡といった催奇性と因果関係があると報告された。

ただし、レンツ警告の意義は、「レンツ自らが疫学調査を行い、そのデータを統計学的に処理した上で、具体的な対策(直ちに回収すべし)を示した」ことにある。 疫学調査においては、メカニズムの解明よりも何よりも先に、「目の前にある問題を解決するため、今すぐやるべきことは何か」を解明することが求められている。したがって、レンツ警告に、メカニズムの解明まで求めることは意味がない[12]

日本では1962年(昭和37年)9月に、販売停止と回収が行われた。 西ドイツでは、睡眠薬として市販されていたため、約3,000人と被害が大きかった。また日本では、市販睡眠薬以外に妊婦の「つわり」の症状改善のために、サリドマイドが調剤されたことから、最終的に約300人の妊婦が被害を受けた。

副作用による被害内訳(年表)[編集]

グリューネンタール社のコンテルガンのパッケージ。
  • 西ドイツ - 被害者3,049人
    • 1957年
    • 1961年
      • 6月22日 - ウィドゥキント・レンツ英語版、息子とめいが共にフォコメリアという青年弁護士から相談を受ける。
      • 11月9日 - レンツ博士、本格的な調査開始(助手としてナップ博士が同行)。
      • 11月15日 - レンツ博士、グリュネンタール社へ電話。
        • レンツ警告「コンテルガンに催奇形性の疑い有り、直ちに回収すべし」。
      • 11月18日 - レンツが小児科学会地方会でコメント(ただし、コンテルガンの名前出さず)。
        • つまり、この日、コンテルガンについて学会発表をしたというのは間違い。
      • 11月20日 - グリュネンタール社、レンツ訪問
        • 当日の午後からは、ハンブルク州政府の保健省の代表も加わり、三者会談。
      • 11月24日 - ノルトライン=ヴェストファーレン州内務省(デュッセルドルフ)にて、三者会談(注:11月20日の場合とは、行政側のメンバーが異なる)
      • 11月26日 - グリュネンタール社が製品の回収を開始。
        • 遅くとも11月中には、回収作業を完了したと思われる。
      • 11月30日 - 専門家委員会が開かれる(デュッセルドルフ)。
  • 日本 - 認定被害者309人(最終確認1981年5月)
    • 1958年
      • 1月20日 - 大日本製薬(現在の住友ファーマ)が鎮静・催眠剤「イソミン」の商品名で販売開始。
        • 鎮静・催眠剤イソミン(単剤):25mg錠(1錠中サリドマイド25mg含有)、10%散(1g中サリドマイド0.1gを含有する10倍散)。
        • 同社独自の製法で開発し、製法特許を主張したもの。
    • 1960年
      • 8月22日 - 大日本製薬(株)が胃腸薬「プロバンM」を販売開始。
        • 胃腸薬「プロバンM」(合剤):抗コリン性鎮痙薬の臭化プロパンテリン英語版7.5mg+サリドマイド6mg含有製剤。
        • イソミン(睡眠薬)/プロバンM(胃腸薬)共に、妊婦のつわりに多く使用されたのは確実と思われる。ただし、両剤共に、つわりに対する使用割合は不明。
    • 1961年
      • 12月4日 - グリュネンタール社からの勧告が大日本製薬(株)へ届く。
      • 12月6日 - 大日本製薬(株)・厚生省で協議の結果、販売中止せず(販売継続)。
    • 1962年
      • 1月12日 - 大日本製薬(株)、学術課長を西ドイツに派遣。
        • 注)製薬課長(厚生省)が、西ドイツでレンツ博士に会ったのは、翌年1963年5月のことである。それまでの間、「厚生省から担当官を西ドイツへ調査のため派遣」したという事実はない。
      • 1月30日 - 大日本製薬(株)の学術課長、帰国。(ただし、レンツ博士と面談せず)
      • 2月6日 - 同課長、厚生省に報告。
        • 「レンツ博士の警告には科学的根拠がない」。
      • 5月17日 - 大日本製薬(株)が製品の出荷停止。
        • 朝日新聞夕刊スクープ「自主的に出荷中止/イソミンとプロバンM」。
        • これが、わが国でのサリドマイド事件の第一報とされている。
        • ただし、その内容は、あくまでも出荷中止であり販売中止ではない。
      • 5月18日 - 朝日新聞朝刊「イソミン問題の背景」。
        • 同記事では「悪影響の実例、日本ではない」として、日本国内のサリドマイド被害者の存在を否定。
      • 5月25日 - 厚生省通達「サリドマイド製剤について」。
        • 「国内ではまだ患者についての報告が一件もない」。
      • 5月29日 - 大日本製薬(株)、鎮静・催眠剤「イソミンについて」謹告(新聞各紙)。
        • 「妊娠初期三ヶ月の御婦人は、この間のみ服用をさけられた方が望ましい」。
        • この時点で、結局は、これまでに出荷された製品は回収されることなく、そのまま店頭で販売され続けた。
      • 7月21日 - 梶井正博士の論文、英国の医学雑誌「The Lncet(ランセット)」に掲載。
        • 日本国内のサリドマイド被害者について、初めて公表。(もちろん英文)
      • 8月28日 - 読売新聞スクープ「日本にも睡眠薬の脅威」(梶井論文の紹介)
        • (8月26日:梶井正、北海道の小児科学会地方会で発表、8月27日:読売記者の訪問、8月28日:スクープ記事掲載)
        • やっと、日本国内にもサリドマイド被害者のいることが、明らかにされた。
      • 9月13日 - 大日本製薬(株)、サリドマイド製剤の販売中止(および回収)決定。
        • 一部の製剤は、その後も市中に出回る。回収作業がほぼ終了するのは、1963年春ごろと推測される。
      • 同年末までに被害者がイソミンとプロバンMの製造許可に対し法務局に人権侵害を訴えるが、法務省人権擁護局は「侵害の事実なし」と結論。
    • 1963年
      • 5月 - 厚生省の学術課長、西ドイツでレンツ博士と面会。
        • ただし、面会時間は通訳を交えてわずか30分程度であった。
        • なお、この訪問は、日本からレンツ博士にコンタクトを取った唯一のケースとなった。
      • 6月28日 - 大日本製薬(株)を被告として最初の損害賠償請求訴訟が提訴される。(名古屋地裁)
        • その後、京都、東京が続き、全国で8地裁となった。(東京、岐阜、名古屋、京都、大阪、岡山、広島、福岡の8地裁)
    • 1974年
      • 10月13日 - 原告・被告双方の間で和解確認書に調印(63家族)。
      • 10月26日 - 東京地方裁判所にて和解成立。11月20日までに、東京を含む全国8地裁で順次和解が成立。
  • アメリカ合衆国
    • 1960年
      • 8月1日 - ケルシー博士、FDAで勤務開始(新薬部門の医務官として)。
      • 9月8日 - 米国メレル社、FDAにサリドマイド製剤の発売申請。
        • 薬理学者としてのケルシーの目には、米国メレル社の申請資料は、「安全性を示す動物実験が不十分」に見えたため、「追加データを求め、承認を保留」し続けた[13]
        • その後、多発神経炎に関する新しい論文[14]を読んで、「サリドマイドは成人に神経障害を引き起こすのだから、胎児にはより影響が出やすいということではないのか」と改めて考えたとされる[15][16]
        • (つまり、最初から、催奇形性について注目していたわけではない)
    • 1962年
      • 8月3日、米国メレル社、FDAへの承認申請取り下げ。
      • 8月4日、ケネディ大統領からケルシー博士へ大統領勲章授与。

なお、米国のサリドマイド被害者数は、治験によるものなどを含めて10数名と推測されるものの、その数は文献ごとに異なっておりはっきりしない[17][18][19]

  • その他の国家
    • イギリス - 被害者456人
    • カナダ - 被害者115人
    • スウェーデン - 被害者107人
    • 中華民国 - 被害者38人
      • 台湾の被害者は、すべて大日本製薬のイソミンとプロバンMによる。大日本製薬が1億8,350万円の損害賠償金を支払うことで、和解が成立した。

世界での被害者は約3,900人、30%が死産だとされているので、総数はおよそ5,800人とされている。

法改正[編集]

サリドマイド事件は、1962年にアメリカ合衆国連邦法の食品・医薬品・化粧品法の改正につながり[20]、医薬品の承認において「適切で十分に制御された2回の試験」にて有効性を示すことが必要となった[21]。これを受けて、日本でも1967年に同様に改正される[20]

また、サリドマイドでは安全性の試験について捏造や虚偽があったため、アメリカ合衆国で1978年にはGood Laboratory Practiceという、臨床試験における安全性の信頼性を確保するための基準が制定された[22]

再評価[編集]

1965年、イスラエル医師が偶然ハンセン病患者に鎮痛剤としてサリドマイドを投与したところ、ハンセン病患者に多発する難治性の皮膚炎(らい性結節性紅斑)に劇的に効くことが確かめられた。[23]

1998年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)がハンセン病の急性症状として、らい性結節性紅斑(2型らい反応あるいはENLともいう)の一時抑制薬として、同時に副作用防止の登録制の管理システムの下で承認した[2]。ハンセン病(らい病)の患者が多いブラジルでも、再びサリドマイドが、らい性結節性紅斑(ENL)一時抑制薬として認可された[注 1]

1989年に、がん患者の体力消耗や食欲不振の原因である、腫瘍壊死因子α (TNF-α) の阻害作用が発見された。また1994年に、サリドマイドには血管新生阻害作用があることがわかった。これは奇形を発生させる原因となっている可能性がある一方、がん組織への毛細血管の成長を阻害するとの仮説から着目され、抗がん作用について、1999年に多発性骨髄腫(骨髄がん)への臨床試験が行われ効果が認められた[24]

サリドマイドが奇形を引き起こすのは、胎児の手足の末端の血管新生が阻害されて十分に成長しないためであると考えられている。この仮説に着目して、抗がん剤としての利用が試みられている。がん細胞は急速に分裂増殖時に、通常行われない新たに血管を引いてきて栄養を補給しようとする血管新生作用をサリドマイドで妨げることで、がん細胞の増殖を抑えようという発想であった(実際のがん患者=骨髄腫瘍では、血管新生作用の阻害は不明で、疫学的には有用と判断され多発性骨髄腫の治療では併用薬として標準治療になっているが、その作用機序の完全な解明までには至っていない[25])。

2005年1月21日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会は、藤本製薬による申請を受けて、サリドマイドを希少疾病用医薬品に指定した。藤本製薬は2005年8月から、サリドマイドを多発性骨髄腫の治療薬として、治験を開始すると明らかにした。同社は2006年6月30日に治験を終え、8月8日、厚生労働省に製造販売の承認申請を行った。

申請を受けて厚生労働省は、安全管理方策について「サリドマイド被害の再発防止のための安全管理に関する検討会」および医薬品等安全対策部会において検討を行い、2008年9月18日に以下の条件の下で、サリドマイドの製造販売を再承認する方針を明らかにした[26]

  • 承認を申請した藤本製薬が、患者・医師・薬剤師を登録し、処方量や服用量を管理する。
  • 妊娠の可能性のある患者には、処方の前に妊娠の有無を検査する。
  • 飲み残さず、不要になったら返却する。

など。

2008年10月3日、厚生労働省「薬事・食品衛生審議会 薬事分科会」は、「藤本製薬によるサリドマイド製剤の治療薬としての製造販売承認を可として差し支えない」と厚生労働大臣へ答申した[27]。2008年10月16日、厚生労働省は、多発性骨髄腫の健康保険適応の治療薬としてサリドマイドの製造販売を承認した。しかし、藤本製薬の発売する同薬は安全管理のためとして、サレドカプセル100は、1錠の薬価が6,570円(同様の安全管理を行うイギリスの10倍程度)となった。

薬害防止への観点から、日本での使用では「サリドマイド製剤安全管理手順」(Thalidomide Education and Risk Management System: TERMS)の遵守が求められている[3]。日本への個人輸入は、医師の指示がない限り禁じられている[28]

研究事例[編集]

その他サリドマイドは、さまざまな疾患への効果が期待されている。

著名な「薬害サリドマイド禍」患者[編集]

荒井貴
父・荒井良の著書『タカシよ手をつなごう』(1965年)『貴への手紙――サリドマイド児成長の記録』(1970年)のほか、テレビでも紹介された。
吉森こずえ
国際年の1つ「国際障害者年」の1981年に「NHK特集[30]で紹介された。料理も足だけでできる。
白井のり子
2006年3月まで熊本市役所に勤務。現在は講演会等で活躍。ドキュメント映画『典子は、今』が制作された。
増山ゆかり
医薬品新販売制度の円滑施行に関する検討会構成員。全国薬害被害者団体連絡協議会に所属し、講演会等で活躍。
トーマス・クヴァストホフ
ドイツバリトン歌手。身長134cm。
マット・フレイザー英語版
イギリスのミュージシャン、俳優。
アルヴィン・ロウ英語版
カナダのラジオキャスター。
トニー・メレンデス英語版
ニカラグア出身のギタリスト。腕が無く、足だけで演奏する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ブラジルでは貧困層でのハンセン病の罹患が多く、無料でサリドマイドが配られている。(日本では新たな患者は年間数名程度)薬のパッケージには「妊婦の使用を禁止するマーク」(ピクトグラム)がついているが、これが中絶薬と誤解され、誤って服用した妊婦から奇形児が生まれるという悲劇が起きている。これはブラジルの貧困層の識字率が低いことが背景にある。

出典[編集]

  1. ^ 村崎充邦、日本睡眠学会編集「睡眠学の歴史と現況」 『睡眠学』朝倉書店、2009年2月、649-651頁。ISBN 978-4254300901 
  2. ^ a b c 石井則久「サリドマイドのらい性結節性紅斑に対する保険適用に向けて」『日本ハンセン病学会雑誌』第79巻第3号、2010年、 275-279頁、 doi:10.5025/hansen.79.275
  3. ^ a b 各都道府県保健所衛生主管部(局)長あて 厚生労働省医薬食品局審査管理課長よりの「サリドマイド製剤の使用に当たっての安全管理手順の改訂についての医療機関への注意喚起及び周知徹底依頼」 薬食審査発0916第1号 薬食安発0916第1号、平成22年9月16日
  4. ^ 日経メディカル処方薬事典. “サリドマイド関連薬の解説|日経メディカル処方薬事典” (日本語). 日経メディカル処方薬事典. 2020年5月6日閲覧。
  5. ^ a b Ito, T.; Ando, H.; Suzuki, T.; Ogura, T.; Hotta, K.; Imamura, Y.; Yamaguchi, Y.; Handa, H. (2010). “Identification of a Primary Target of Thalidomide Teratogenicity”. Science 327 (5971): 1345–1350. doi:10.1126/science.1177319. PMID 20223979. 
  6. ^ “サリドマイド副作用、関与のたんぱく質発見 東工大など”. 朝日新聞. (2010年3月12日). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529082043/http://www.asahi.com/science/update/0312/OSK201003120005.html 2016年8月25日閲覧。 
  7. ^ 特集記事:サリドマイドの催寄性のメカニズムを解明”. naturejapnjobs (2010年4月22日). 2016年8月25日閲覧。
  8. ^ サレドカプセル添付文書,2021年2月改訂(第2版、効能変更)
  9. ^ G. Blaschke, H. P. Kraft, K. Fickentscher, F. Kohler (1979). “Chromatographische racemattrennung von thalidomid und teratogene wirkung der enantiomere”. Arzneimittelforschung 29: 1640-1642. NAID 30028546973
  10. ^ Knoche, B.; Blaschke, G. (1994). “Investigations on the in vitro racemization of thalidomide by high-performance liquid chromatography”. Journal of Chromatography A 666 (1-2): 235–240. doi:10.1016/0021-9673(94)80385-4. 
  11. ^ Nishimura, Koji; Hashimoto, Yuichi; Iwasaki, Shigeo (1994). “(S)-Form of .ALPHA.-Methyl-N(.ALPHA.)-phthalimidoglutarimide, but Not Its (R)-Form, Enhanced Phorbol Ester-Induced Tumor Necrosis Factor-.ALPHA. Production by Human Leukemia Cell HL-60: Implication of Optical Resolution of Thalidomidal Effects.”. Chem. Pharm. Bull. 42 (5): 1157–1159. doi:10.1248/cpb.42.1157. PMID 8069968. 
  12. ^ 山本明正『サリドマイド事件』(2021年11月)pp.53-54
  13. ^ 「改革 薬害のたび制度を強化(薬を試す ルポ・米国治験事情:2)」『朝日新聞』1994年11月1日付朝刊
  14. ^ Florence A.L.(1960年): Is thalidomide to blame? Brit Med J., 2(Dec.31),1954.
  15. ^ 藤木英雄・木田盈四郎編『薬品公害と裁判 ― サリドマイド事件の記録から』東京大学出版会(1974年)p.29
  16. ^ T.ステフェン・R.ブリンナー/本間徳子訳『神と悪魔の薬サリドマイド』日経BP社(2001年)pp.88-91 ISBN 978-4822242626
  17. ^ M.ミンツ/佐久間昭・平沢正夫訳『治療の悪夢(下)― 薬をめぐる闘い』東京大学出版会(1968年)p.318
  18. ^ 『朝日新聞』1994年11月1日付朝刊
  19. ^ T.ステフェン・R.ブリンナー/本間徳子訳『神と悪魔の薬サリドマイド』日経BP社(2001年)p.93 ISBN 978-4822242626
  20. ^ a b 福田利治、(編集)椿広計、佐藤俊哉、藤田利治「臨床試験とは」 『これからの臨床試験―医薬品の科学的評価‐原理と方法』朝倉書店、1999年、1-33頁。ISBN 4-254-32185-6 
  21. ^ Laurie Burke 著、(翻訳)津谷喜一郎、栗原千恵子 訳「OFF-Label Drug Use: FDAの見解について」 『医薬品適応外使用のエビデンス―Evidence of Off-Label Use of Drug』デジタルプレス、1999年、153-175頁。ISBN 4-925066-01-3 
  22. ^ 藏並潤一「薬理試験とGLPの今後の展望」『日本薬理學雜誌』第139巻第3号、2012年3月1日、 109-112頁、 doi:10.1254/fpj.139.109NAID 10030456393
  23. ^ Sheskin J.: Thalidomide in the treatment of lepra reactions. Clin Pharmacol Ther 1965, 6:303-306. PMID 14296027
  24. ^ 安井耕三、「免疫調節薬サリドマイド:薬理学的効果とその適応」 『日本臨床免疫学会会誌』 2010年 33巻 5号 p.229-233, doi:10.2177/jsci.33.229
  25. ^ 「サリドマイド 多発性骨髄腫への適応に向けて」 薬物療法 TOPICS No. 40 宮崎大学医学部附属病院薬剤部
  26. ^ 読売新聞 2008年9月19日朝刊
  27. ^ サリドマイド製剤の薬事分科会における審議結果等について 厚生労働省報道発表資料、2008年10月3日
  28. ^ 医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって、重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品厚生労働省医薬食品局 監視指導・麻薬対策課 (2012年3月更新). “医薬品等の個人輸入について”. 厚生労働省. 2018年2月18日閲覧。
  29. ^ British Medical Association 2005年No. 54(2005年4月号)P.540-545 膵癌によるカヘキシーへのサリドマイド有効性のランダム化試験報告
  30. ^ NHK特集 旅立とう、いま〜こずえさん20歳の青春〜NHK名作選(動画・静止画) -NHKアーカイブス

参考文献[編集]

  • 平沢正夫著『あざらしっ子 ― 薬禍はこうしてあなたを襲う』三一新書(1965年)
  • M.ミンツ/佐久間昭・平沢正夫訳『治療の悪夢(下)― 薬をめぐる闘い』東京大学出版会(1968年)
  • 増山元三郎編『サリドマイド ― 科学者の証言』東京大学出版会(1971年)
  • H.シェストレーム・R.ニルソン/松居弘道訳『裁かれる医薬産業 ― サリドマイド』岩波書店(1973年)
  • 藤木英雄・木田盈四郎編『薬品公害と裁判 ― サリドマイド事件の記録から』東京大学出版会(1974年)
  • 全国サリドマイド訴訟統一原告団・サリドマイド訴訟弁護団編『サリドマイド裁判 第三編』サリドマイド裁判記録刊行委員会(1976年)
  • 高野哲夫著『戦後薬害問題の研究』文理閣(1981年)ISBN 978-4892590474
  • 浜六郎・別府宏圀・坂口啓子編『くすりのチェックは命のチェック ― 第1回医薬ビジランスセミナー報告集』日本評論社(1999年)ISBN 978-4535981690
  • 全国薬害被害者団体協議会編『薬害が消される! ― 教科書に乗らない6つの真実』さいろ社(2000年)ISBN 978-4916052117
  • T.ステフェン・R.ブリンナー/本間徳子訳『神と悪魔の薬サリドマイド』日経BP社(2001年)ISBN 978-4822242626
  • 川俣修壽著『サリドマイド事件全史』緑風出版(2010年)ISBN 978-4846110031
  • 御代川貴久夫著『科学技術報道史 ― メディアは科学事件をどのように報道したか』東京電機大学出版局(2013年)ISBN 978-4501628208
  • 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団『日本の薬害事件 ― 薬事規制と社会的要因からの考察』薬事日報社(2013年)ISBN 978-4840812498
  • 栢森良二著『サリドマイド 復活した「悪魔の薬」』PHPエディターズ・グループ(2021年)ISBN 978-4909417749
  • 山本明正著『サリドマイド事件 ― 世界最大の薬害/日本の場合はどうだったのか』Akimasa Net(2021年)ISBN 979-8752252303

取り扱った小説[編集]

アーサー・ヘイリー著『ストロング・メディスン』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikinews-logo.svg ウィキニュースに関連記事があります。サリドマイドの治療実験開始