エボキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エボキシン
識別情報
CAS登録番号 522-11-2
PubChem 73416
ChemSpider 66130
ChEMBL CHEMBL1416006
ATC分類 none[1]
特性
化学式 C18H21NO6
モル質量 347.36 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エボキシン(Evoxine)またはハプロペリン(haploperine)は、睡眠薬および鎮静薬の作用を持つフロキノリンアルカロイドである。Evodia xanthoxyloides[1]Teclea gerrardii[2]等の、オーストラリアやアフリカの様々な植物に天然に含まれている。

出典[編集]

  1. ^ Eastwood, FW; Hughes, GK; Ritchie, E. (1954). “Alkaloids of the Australian Rutaceae: Evodia xanthoxyloides F.Muell. IV. The structures of Evoxine and Evoxoidine”. Australian Journal of Chemistry 7 (1): 87–98. doi:10.1071/CH9540087. 
  2. ^ Waffo, AF; Coombes, PH; Crouch, NR; Mulholland, DA; El Amin, SM; Smith, PJ (2007). “Acridone and furoquinoline alkaloids from Teclea gerrardii (Rutaceae: Toddalioideae) of southern Africa.”. Phytochemistry 68 (5): 663–7. doi:10.1016/j.phytochem.2006.10.011. PMID 17174364.