ニメタゼパム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニメタゼパム
ニメタゼパムの構造式
臨床データ
胎児危険度分類 X
法的規制 Prohibited (S9)    (AU)    Schedule IV   (US)   III (International)
識別
ATCコード N05
KEGG D01593
化学的データ
化学式 C16H13N3O3 

ニメタゼパム (nimetazepam) は、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の一種。中時間作用型。 日本国内では、エリミンという商品名で発売されている。

適用[編集]

種類[編集]

  • 錠剤:3mg,5mg

副作用[編集]

倦怠感頭痛、集中力低下、動悸、ふらつき、脱力感など

薬物の誤用[編集]

横流しされたニメタゼパムの押収は、日本にほとんど集中しており薬物乱用の主流となっている。

タイマレーシアシンガポールラオス香港インドネシアの薬物押収にも共通している。これらはたいてい不眠症の薬として合法的に輸出されている。日本の組織犯罪シンジケートはニメタゼパムの流通をコントロールしており、少なかれフルトプラゼパムテマゼパムミダゾラムトリアゾラムにも関与している。東アジア東南アジアでは、ベンゾジアゼピン系の中で最も厳しく流通規制が設定され、最も需要が高い[1]

事件[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Devaney, M., Reid, G. and Baldwin, S., 2006. Situational analysis of illicit drug issues and responses in the Asia-Pacific region, Research Paper 12. Australian National Council on Drugs, Canberra.
  2. ^ 向精神薬20万錠が不明、大阪の診療所で…横流しの疑いも 読売新聞 2008年10月19日