ニメタゼパム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニメタゼパム
ニメタゼパムの構造式
臨床データ
胎児危険度分類
  • X
法的規制
識別
ATCコード N05
KEGG D01593
化学的データ
化学式 C16H13N3O3
分子量 295.30 g·mol−1

ニメタゼパム (nimetazepam) は、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の一種。中時間作用型。日本では、1977年より商品名エリミンとして大日本住友製薬から発売され適応は不眠症。2015年8月在庫品の出荷をもってエリミンの販売は終了された[1]

すべてのベンゾジアゼピンは乱用薬物である。向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定されている。麻薬及び向精神薬取締法の第三種向精神薬である。連用後の急激な減量により、痙攣発作、せん妄、振戦、 不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状のおそれがあるため、慎重に徐々に減量する旨が添付文書に記載されている。

副作用[編集]

倦怠感頭痛、集中力低下、動悸、ふらつき、脱力感など

大量連用により薬物依存を生じることがあることが添付文書に記載されている。

乱用[編集]

横流しされたニメタゼパムの押収は、日本にほとんど集中しており薬物乱用の主流となっている。

タイマレーシアシンガポールラオス香港インドネシアの薬物押収にも共通している。これらはたいてい不眠症の薬として合法的に輸出されている。日本の組織犯罪シンジケートはニメタゼパムの流通をコントロールしており、少なかれフルトプラゼパムテマゼパムミダゾラムトリアゾラムにも関与している。東アジア東南アジアでは、ベンゾジアゼピン系の中で最も厳しく流通規制が設定され、最も需要が高い[2]

事件[編集]

出典[編集]

  1. ^ 販売中止予定のご案内
  2. ^ Devaney, M., Reid, G. and Baldwin, S., 2006. Situational analysis of illicit drug issues and responses in the Asia-Pacific region, Research Paper 12. Australian National Council on Drugs, Canberra.
  3. ^ 向精神薬20万錠が不明、大阪の診療所で…横流しの疑いも 読売新聞 2008年10月19日