ヘプタバルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘプタバルブ
Heptabarbital.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  •  ?
法的規制
  •  ?
投与方法 経口[1]
薬物動態データ
生物学的利用能 83%[1]
代謝 肝臓
半減期 6.1-11.2時間[1]
排泄 腎臓[1]
識別
CAS番号
509-86-4
ATCコード N05CA11 (WHO)
PubChem CID: 10518
DrugBank DB01354 チェック
ChemSpider 10081 チェック
UNII V10R70ML23 チェック
KEGG C17725  チェック
ChEMBL CHEMBL468837 チェック
別名 G-475
化学的データ
化学式 C13H18N2O3
分子量 250.294 g/mol
テンプレートを表示

ヘプタバルブ(Heptabarb)は、バルビツール酸系精神安定剤睡眠薬である[2][3]。1950年代頃からヨーロッパで不眠症の治療に用いられてきたが、中止された[2][3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Breimer DD, de Boer AG (December 1975). “Pharmacokinetics and relative bioavailability of heptabarbital and heptabarbital sodium after oral administration to man”. European Journal of Clinical Pharmacology 9 (2-3): 169-78. doi:10.1007/bf00614014. PMID 9299. 
  2. ^ a b C. R Ganellin; D. J Triggle; F.. Macdonald (1997). Dictionary of pharmacological agents. CRC Press. p. 1003. ISBN 978-0-412-46630-4. http://books.google.com/books?id=A0THacd46ZsC&pg=PA1003 2011年11月26日閲覧。. 
  3. ^ a b Index nominum 2000: international drug directory. Taylor & Francis US. (2000). p. 513. ISBN 978-3-88763-075-1. http://books.google.com/books?id=5GpcTQD_L2oC&pg=PA513 2011年11月26日閲覧。.