レポサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レポサール
Reposal.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
3625-25-0 ×
ATCコード N05CA12 (WHO)
PubChem CID: 19254
ChemSpider 10468690 チェック
ChEMBL CHEMBL505851 ×
別名 Reposal, 5-Ethyl-5-(bicyclo(3.2.1)octenyl)barbituric acid
化学的データ
化学式 C14H18N2O3
分子量 262.304 g/mol
テンプレートを表示

レポサール(Reposal)は、1960年代にデンマークで発明されたバルビツール酸誘導体である。精神安定剤睡眠薬抗てんかん薬としての効果があり、主に不眠症の治療に用いられた[1][2][3]

出典[編集]

  1. ^ “[REPOSAL, A NEW HYPNOTIC. I. PHARMACODYNAMIC ACTIVITY]” (Danish). Ugeskr. Laeg. 125: 1735–8. (December 1963). PMID 14103836. 
  2. ^ “[REPOSAL, A NEW HYPNOTIC. II. CLINICAL EFFECTS]” (Danish). Ugeskr. Laeg. 125: 1739–41. (December 1963). PMID 14103837. 
  3. ^ “The metabolic fate of 5-(bicyclo-3,2,1,-oct-2-en-2-yl)-5-ethyl barbituric acid, (Reposal)”. Acta Pharmacol Toxicol (Copenh) 26 (6): 521–30. (1968). PMID 5756387.