フェノバルビタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェノバルビタール
Phenobarbital.png
Phenobarbital3d updated.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: D
法的規制
投与方法 経口, 直腸, 非経口(筋肉注射静脈注射)
薬物動態データ
生物学的利用能 >95%
血漿タンパク結合 20 to 45%
代謝 肝臓 (大部分はCYP2C19)
半減期 53-118時間
排泄 尿または糞便
識別
CAS番号
50-06-6
ATCコード N05CA24 (WHO) N03AA02 (WHO)
PubChem CID: 4763
DrugBank APRD00184
ChemSpider 4599 チェック
UNII YQE403BP4D チェック
KEGG D00506
化学的データ
化学式 C12H12N2O3
分子量 232.235 g/mol

フェノバルビタール(Phenobarbital、略号:PB)は、バルビツール酸系抗てんかん薬である。日本ではフェノバールの名で販売される。適応は、不眠症・不安の鎮静や、てんかんけいれん発作である。抗不安薬睡眠薬といった用途では、現在ではより安全なベンゾジアゼピン系に置き換えられた[1]。てんかんにおいても、フェノバルビタールは第一選択薬ではない[2]。またベゲタミンの成分の1つであった[4]

連用により薬物依存症、急激な量の減少により離脱症状を生じることがある[5]。医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律における劇薬習慣性医薬品である。向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定される。麻薬及び向精神薬取締法における第三種向精神薬である。

作用機序[編集]

GABAA受容体に作用し、中枢神経系における抑制系の増強により興奮を抑制する。作用の発現は遅く持続的である(長時間作用型)。

適応[編集]

日本における適応は以下である[3]

薬物動態学[編集]

バルビツール酸誘導体間で交差耐性が認められ[7]シトクロムP450など解毒酵素遺伝子発現を誘導する作用が強い[7]

フェノバルビタールは過量投薬のリスクが高く、治療薬物モニタリングが必要である[8]。なお、例えば炭酸水素ナトリウムを投与するなどことによって尿をアルカリ性にした場合、フェノバルビタールの尿中への排泄が速くなることが知られている[9]

副作用[編集]

バルビツール酸系は治療域と毒性域が近く、過剰摂取時に致命的となりえるため[11]、特に抗不安薬睡眠薬といった用途では、現在ではより安全なベンゾジアゼピン系に置き換えられた[1]。また、急速に耐性を生じ離脱を急速に進めた場合、交感神経系の過剰亢進によるけいれん大発作に注意が必要とされている[1]

日本では2017年3月に「重大な副作用」の項に、連用により薬物依存症を生じることがあるので用量と使用期間に注意し慎重に投与し、急激な量の減少によって離脱症状が生じるため徐々に減量する旨が追加され、厚生労働省よりこのことの周知徹底のため関係機関に通達がなされた[5]。調査結果には、日本の診療ガイドライン5つ、日本の学術雑誌8誌による要旨が記載されている[12]

診療ガイドライン[編集]

2010年のてんかん治療ガイドラインにおいても、フェノバルビタールの優先度は低いため、第一選択の薬としては推奨されていない[2]。中止の際には漸減が原則であり、急な中止は、けいれん重積を生じる[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. pp. 18-19. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf.  (HTML版 introductionが省略されている
  2. ^ a b 日本神経学会(監修) 『てんかん治療ガイドライン2010』 医学書院、2010年ISBN 978-4-260-01122-8
  3. ^ a b c d 『今日の治療薬』 水島裕、南江堂、2000年、22版、736頁。ISBN 9784524221479
  4. ^ A錠:40mg、B錠:30mg。[3]
  5. ^ a b 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長, “催眠鎮静薬、抗不安薬および抗てんかん薬の「使用上の注意」改訂の周知について (薬生安発0321第2号)” (pdf) (プレスリリース), https://www.pmda.go.jp/files/000217230.pdf 2017年3月25日閲覧。 、および、使用上の注意改訂情報(平成29年3月21日指示分)”. 医薬品医療機器総合機構 (2017年3月21日). 2017年3月25日閲覧。
  6. ^ てんかん、自律神経発作、精神運動発作[3]
  7. ^ a b 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018
  8. ^ 日本臨床薬理学会 『臨床薬理学』 医学書院、2011年、第3版、78頁。ISBN 978-4260012324
  9. ^ その9 バルビタール系薬物
  10. ^ 『化学大辞典』 東京化学同人1989年、1、1968頁。ISBN 9784807903238
  11. ^ 用量最大200mg/dayに対し[3]ラットLD50(経口)162±14mg/kg[10]
  12. ^ 医薬品医療機器総合機構 (2017年2月28日), “調査結果報告書” (pdf) (プレスリリース), 医薬品医療機器総合機構, http://www.pmda.go.jp/files/000217061.pdf 2017年3月25日閲覧。 
  13. ^ 同『てんかん治療ガイドライン2010』102頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]