ニトロメタカロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニトロメタカロン
Nitromethaqualone.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
340-52-3
ATCコード none
PubChem CID: 63339
ChemSpider 57006
化学的データ
化学式 C16H13N3O4
分子量 311.29

ニトロメタカロン(Nitromethaqualone)[1]は、メタカロン英語版のアナログで、メタカロンと同様の催眠/鎮静作用を持つ[2]。メタカロンと比べると、作用は10倍程度強く、通常、約25mgを投与する[3]。しかし、芳香族ニトロ基は対応するアニリンに代謝され、突然変異原となる[3]。そのため、この毒性への懸念からニトロメタカロンの開発は終了した。

出典[編集]

  1. ^ US patent 3162634, Klosa, J. (Berlin, Germany), "2-Methyl-3-(2'-methyl-3'-chlorphenyl)-quinazolone-(4)", issued 1964-12-22 
  2. ^ Szirmai, A. (1963). "[Pharmacological and Therapeutic Studies with a New Quinazolone Derivative, Nitromethaqualone]" (ドイツ語). Therapeutische Umschau 20: 542–546. PMID 14101319.
  3. ^ a b van Boven, M.; Daenens, P. (1982). "Biotransformation and Excretion of Nitromethaqualone in Rats and Humans". Journal of Pharmaceutical Sciences 71 (10): 1152–1157. doi:10.1002/jps.2600711019. PMID 7143214.