ジフェンヒドラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジフェンヒドラミン
Diphenhydramine 2D skeletal.svg
Diphenhydramine 3D ball.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
商品名 Benadryl, Unisom, Sominex, ZzzQuil
AHFS/Drugs.com monograph
MedlinePlus a682539
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: B
法的規制
依存性 Very low
投与方法 Oral, IM, IV, topical and suppository
薬物動態データ
生物学的利用能 40–60%[1]
血漿タンパク結合 98–99%
代謝 Various cytochrome P450 liver enzymes: CYP2D6 (80%), 3A4 (10%)[2]
半減期 7 hours (children)[3]
12 hours (adults)[3]
17 hours (elderly)[3]
排泄 94% through the urine, 6% through feces[4]
識別
CAS番号 58-73-1 チェック
ATCコード

D04AA32 D04AA33

, R06AA02
PubChem CID: 3100
IUPHAR/BPS 1224
DrugBank DB01075 チェック
ChemSpider 2989 チェック
UNII 8GTS82S83M チェック
KEGG D00669  ×
ChEBI CHEBI:4636 チェック
ChEMBL CHEMBL657 チェック
化学的データ
化学式 C17H21NO
分子量 255.355 g/mol

ジフェンヒドラミン: diphenhydramine、IUPAC名:2-benzhydryloxy-N,N-dimethyl-ethanamine)は、H1受容体拮抗薬の一種で古典的(第一世代)H1拮抗薬である。

末梢及び中枢のヒスタミンと競合的に拮抗することにより炎症気道分泌の抑制、鎮静作用がある。また、イヌやネコでは乗り物酔いの予防薬として使用される[5]。ジフェンヒドラミン塩酸塩(塩酸ジフェンヒドラミン、diphenhydramine HCl)は主に風邪薬鼻炎薬など、抗ヒスタミン剤として用いられるが、顕著な催眠の副作用が問題視されていた。

一方、その副作用を逆に利用したのがドリエルなどの睡眠改善薬睡眠薬ではない)である。ジフェンヒドラミンの鎮静作用に対する耐性は、非常に早く形成され、3日後にはもはや偽薬と同等の効果である[6]。不適切に用いられた場合、弱い精神依存につながることがある[7]。睡眠のステージ3や4あるいはREM睡眠を変化させることはない[8]

1960年代にジフェンヒドラミンが神経伝達物質セロトニンの再取り込みを阻害することが発見され、この発見をきっかけに類似の構造を持ちながら副作用が少ない抗うつ薬の探索が行われた結果、現在米国で広く用いられている選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン(プロザック®)の発見につながった。

副作用[編集]

ジフェンヒドラミンは、強い抗コリン薬である。この作用は副作用につながり、口渇、心拍の増加、瞳孔拡大、尿閉、便秘、高用量では幻覚、譫妄せんもうを起こすことがある。他の副作用として、運動失調、肌の紅潮、かすみ目、鎮静、集中困難、短期的な記憶喪失、視覚障害、呼吸不正、眩暈めまい、易刺激性、瘙痒そうよう、混乱、体温の上昇(通常、手や足)、一時的な勃起障害、興奮性、また高用量では嘔吐である。[9]

急性毒性は致命的となることがあり、心血管虚脱や2~18時間で死につながり、一般的に対症的な手法で治療される[10]

強い抗コリン作用のため、高齢者に避けたほうがいい医薬品リストのBeers listに掲載されている[11]

薬物動態[編集]

医薬品の添付文書においては、中枢神経抑制作用のため他の抑制剤との併用注意などがある[12]

脚注[編集]

  1. ^ Paton DM, Webster DR (1985). “Clinical pharmacokinetics of H1-receptor antagonists (the antihistamines)”. Clin. Pharmacokinet. 10 (6): 477–97. doi:10.2165/00003088-198510060-00002. PMID 2866055. 
  2. ^ Showing Diphenhydramine (DB01075)”. DrugBank. 2009年9月5日閲覧。
  3. ^ a b c Simons KJ, Watson WT, Martin TJ, Chen XY, Simons FE (July 1990). “Diphenhydramine: pharmacokinetics and pharmacodynamics in elderly adults, young adults, and children”. J. Clin. Pharmacol. 30 (7): 665–71. doi:10.1002/j.1552-4604.1990.tb01871.x. PMID 2391399. 
  4. ^ Garnett WR (February 1986). “Diphenhydramine”. Am. Pharm. NS26 (2): 35–40. PMID 3962845. 
  5. ^ 伊藤勝昭ほか編集『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018
  6. ^ Richardson GS, Roehrs TA, Rosenthal L, Koshorek G, Roth T (October 2002). “Tolerance to daytime sedative effects of H1 antihistamines”. J. Clin. Psychopharmacol. 22 (5): 511–5. doi:10.1097/00004714-200210000-00012. PMID 12352276. 
  7. ^ Benadryl Addiction”. eMedTV (2013年9月8日). 2014年3月19日閲覧。
  8. ^ Morin CM, Koetter U, Bastien C, Ware JC, Wooten V (November 2005). “Valerian-hops combination and diphenhydramine for treating insomnia: a randomized placebo-controlled clinical trial”. Sleep 28 (11): 1465-71. PMID 16335333. 
  9. ^ Diphenhydramine Side Effects”. Drugs.com. 2009年4月6日閲覧。
  10. ^ Brunton L, Chabner B, Knollmann B (2011). “Chapter 32. Histamine, Bradykinin, and Their Antagonists”. In Brunton L. Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics (12e ed.). McGraw Hill. pp. 242–245. ISBN 978-0-07-162442-8. 
  11. ^ High risk medications as specified by NCQA’s HEDIS Measure: Use of High Risk Medications in the Elderly (pdf)”. National Committee for Quality Assurance (NCQA). 2014年3月19日閲覧。
  12. ^ 興和創薬 (2011-10). レスタミンコーワ錠10mg 医薬品添付文書 (Report). 日本医薬情報センター. http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00056340.pdf 2014年3月17日閲覧。. 

関連項目[編集]