メブロカロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メブロカロン
Mebroqualone.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
ATCコード none
PubChem CID: 364842
ChemSpider 323878 チェック
化学的データ
化学式 C15H11BrN2O
分子量 315.17 g·mol−1

メブロカロン(Mebroqualone)は、キナゾリノン系のGABA作動薬である。メクロカロン英語版のアナログで、β型のGABAA受容体アゴニスト活性に由来する同様の催眠/鎮静作用を有する。1960年代に初めて合成された[1]。メブロカロンでは、メクロカロンの3-フェニル環の塩素原子が臭素原子に置き換わっている。ドイツでは1998年に非合法化されたが、その他の情報はほとんどない。この化合物は、ドイツの闇市場で、メクロカロンのアナログのデザイナードラッグとして販売されていたようである[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jackman et al. Journal of Pharmacy and Pharmacology, 1960 , vol. 12, p. 529
  2. ^ Zwölfte Verordnung zur Änderung betäubungsmittelrechtlicher Vorschriften. Bundesgesetzblatt 1998: Part I Number 68, p. 3126. 7 October 1998.