Category:生理活性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生理活性物質(physiologically active substances)または生物活性物質(Bioactive substances)に関するカテゴリ。

  • 生体物質であるか合成物質であるかを問わず、生物に対して生理作用ないしは薬理作用を発現する物質単体および化合物群の項目を収める。

註)

  • 毒性以外の生理作用を発現しない物質はこのカテゴリの範疇外とする。
  • ビタミンなど直接には生理作用を発現せず、欠乏あるいは過剰時に間接的に病理作用を発現する物質などはこのカテゴリの範疇外とする。

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 13 件が含まれており、そのうち以下の13 件を表示しています。

  • 医薬品(40サブカテゴリ、197ページ)

  • 抗体(1サブカテゴリ、25ページ)

  • (15サブカテゴリ、87ページ)

  • 農薬(7サブカテゴリ、80ページ)

  • ホルモン(4サブカテゴリ、45ページ)

カテゴリ「生理活性物質」にあるページ

このカテゴリには 97 ページが含まれており、そのうち以下の 97 ページを表示しています。