白井のり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白井 のり子(しらい のりこ、1962年1月27日 - 旧姓名:辻典子)は、熊本県熊本市出身の、熊本市役所に勤務していたサリドマイド胎芽病児である。

1950年代後半にサリドマイド剤を服用した妊婦から、重症の四肢の欠損症(無肢症、海豹肢症、奇肢症、母指三指節症)や耳の障害(難聴、無耳症、小耳症)などを生じた子供が生まれ社会問題となった。白井も母親がサリドマイド剤を服用したことから、その副作用により両腕がない状態で生まれた。また、右目の視力もほとんどない。1980年に熊本市役所に入庁し、日本のサリドマイド被害者として初めて公務員となり話題となる。

1981年松山善三によって製作された本人出演の『典子は、今』というドキュメンタリー的な劇映画は、その身体障害者の社会参加を力強く訴えた作品として注目された。

しかし、映画化されて以後、寄せられた投書で誹謗中傷などが相次いだり、職場へ野次馬が多数押し寄せて職務に支障をきたしたりしたことなどから、講演依頼や取材等一切断ってきた。だが、子育てが一段落し、また自分自身を客観的に見る余裕ができるようになったことから、2005年に講演会出演を初めて引き受けた。2006年3月末をもって熊本市役所を退職。半生記をまとめ上げ、同年5月24日に書籍化・出版した(『典子44歳 今、伝えたい』光文社ISBN 4-334-97501-1)。2007年11月22日には「典子は、今」がDVDとして発売が開始された。その後、講演活動に専念していたが、2014年より休止。

関連項目[編集]

外部リンク・記事[編集]