カルチノイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
結腸カルチノイド(粘膜切除術)

カルチノイド: carcinoid)とは、神経内分泌細胞(ホルモン産生細胞)から発生する腫瘍のこと。

現在では神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor; NET)と呼ばれることが多い。

セロトニン産生細胞であるenterochromaffin細胞由来とと考えられている。過剰なホルモン様物質をつくる場合があり、発生する物質からカルチノイド患者の20%未満でカルチノイド症候群が起きる場合がある。ヒトのセロトニンの約90%が存在する消化管に好発する。好発部位は気管支直腸空腸回腸虫垂十二指腸がある。