アカシジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アカシジア(akathisia)は、錐体外路症状(EPSという)による静座不能症状のことを言う。ドパミンD2受容体拮抗作用を持っている抗精神病薬による副作用として出現することがある。高力価な作用を持つ薬物ほどこの症状が出現しやすくなるという。依存性物質、例えばベンゾジアゼピン離脱症候群など[1]からの離脱の際に生じる身体的な症状でもある。アカシジアは神経伝達物質ノルエピネフリンのレベル増加によることが発見された。ノルエピネフリンは攻撃覚醒覚醒を制御するメカニズムに関連している[2]

典型的なアカシジアの症状。(食事中の患者は、立ったままで食べるようにと指示を受けています。)

さらなる研究はまだ行われていないが、それはまた脳内のNMDAチャンネルの中断、と関与する可能性がある。これはノルエピネフリンの相乗及び調節効果の両方を持っている。

症状はレストレスレッグス症候群と同じ症状である。主な症状は、座ったままでいられない、じっとしていられない、下肢のむずむず感の自覚症状であり、下肢の絶え間ない動き、足踏み、姿勢の頻繁な変更、目的のはっきりしない徘徊(タシキネジア)などが特徴である。また心拍数の増加、息切れ、不安、いらいら感、不穏感等も見られる。アカシジアに伴って、焦燥、不安、不眠などの精神症状が出ることもある[3]

アカシジアは、急性アカシジア、遅発性アカシジア、離脱性アカシジア、慢性アカシジアに分類される[4]。最も頻度の高いのは急性アカシジアで、原因薬剤の投与開始・増量後、または中止後6週間以内に現れる。投与開始後3か月以上経ってから発現するものを遅発性アカシジア、3か月以上薬剤が投与されており、その中断により6週間以内に発症するものを離脱性アカシジアという。アカシジアの症状が3ヶ月以上続くと、慢性アカシジアなどと呼称されることもある。

アカシジアは主に向精神病薬の副作用として現れるため、元来の精神疾患に伴う治療抵抗性の精神症状や不安発作と誤診されやすい。長期的に適切な処置がされないままで悪化し、自傷行為や自殺に繋がる可能性もある[5]

アカシジアによる異常行動は、自己判断での薬の増量または中止によって悪化する恐れがある。

原因[編集]

アカシジアは大抵抗精神病薬の副作用として起こる。

  1. 抗精神病薬[6]
    1. ハロペリドール(セレネース・リントン)、リスペリドン(リスパダール)、アリピプラゾール (エビリファイ)、ピモジド(オーラップ)、トリフルオペラジン(ヨシトミ・ミツビシ)、ペルフェナジン(PZC)、プロクロルペラジン(ノバミン)、ブロムペリドール(インプロメン)、チミペロン(トロペロン)
    2. アミスルピリドアセナピン(日本未発売)
    3. ズクロペンチキソールクロルプロマジン(ベゲタミンA/B)などの鎮静抗精神病薬は一般的に少ないといわれる。
  2. SSRI
    1. フルオキセチン (プロザック)、フルボキサミン(ルボックス・デプロメール)、セルトラリン(ジェイゾロフト)など[7]パロキセチン(パキシル)の使用についても記されている[8]。アカシジアはSSRI誘発性の自殺が発生するメカニズムとして研究されている[7]
  3. 他の抗うつ薬
    1. 三環系抗うつ薬四環系抗うつ薬トラゾドン (デジレル・レスリン)、ミルナシプラン(トレドミン)
  4. 他の向精神薬
    1. バルプロ酸ナトリウム(デパゲン)- 抗てんかん薬。タンドスピロン(セディール)- 抗不安薬、ドネペジル(アリセプト)- 抗認知症薬。
  5. 特定の制吐薬
    1. とりわけメトクロプラミド(プリンペラン)・プロクロルペラジン(ノバミン)・プロメタジンなどのドーパミンブロッカー。
  6. 消化器用剤。
    1. ラニチジンファモチジンクレボプリドスルピリドドンペリドンメトクロプラミドイトプリドオンダンセトロンモサプリド
  7. 抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬
    1. シプロヘプタジンジフェンヒドラミンオキサトミド
  8. 血圧降下薬
    1. マニジピンジルチアゼムレセルピンメチルドパ
  9. 抗がん剤
    1. イホスファミドカペシタビンカルモフールテガフールフルオロウラシル
  10. その他
    1. ドロペリドールフェンタニルインターフェロン等の製剤[9]

その他には以下のケースがある。

治療[編集]

アカシジアは原因となった薬物の減薬・断薬、他の薬物投与によって減らすことができるが、薬物投与は治療者が神経生理学や薬物動態についての幅広い知識を持ち合わせていないならば多くの時間を費やすだけで非生産的である。アカシジアの第一選択治療は、通常はプロプラノロールビペリデンである。ベンゾジアゼピン系などのクロナゼパムもある程度有効である。 ベンズトロピントリヘキシフェニジルも使用することができる。

ある研究では ビタミンB6が神経遮断薬誘発性アカシジアの治療に有効であることが示された[11]

N -アセチルシステインもまたRCTでアカシジアにプラスの効果を示した[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://journals.lww.com/psychopharmacology/Citation/2003/04000/Psychic_Akathisia.15.aspx
  2. ^ http://books.google.com/books?id=AQeQa5AtpXoC&pg=PA215&lpg=PA215&source=bl&ots=_AZBdDkZOg&sig=cyrLwQRUUijGlvTRNVpmKoLJmpc&hl=en&ei=C9HMTI3mJ5DSsAPbhNzzDg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CBcQ6AEwAQ#v=onepage&q
  3. ^ 向精神病薬マニュアル 第三版 融 道男
  4. ^ Miller CH, Fleischhacker WW : Managing Antipsychotic-Induced Acute and Chronic Akathisia. Drug Safety 22:73-81 (2000)
  5. ^ Iqbal N, Lambert T, Masand P : Akathisia: Problem of History or Concern of Today. CNS Spectr 12(9 Suppl 14):1-16 (2007)
  6. ^ Diaz, Jaime. How Drugs Influence Behavior. Englewood Cliffs: Prentice Hall, 1996.
  7. ^ a b Hansen L (2003). “Fluoxetine dose-increment related akathisia in depression: implications for clinical care, recognition and management of selective serotonin reuptake inhibitor-induced akathisia”. J. Psychopharmacol. (Oxford) 17 (4): 451?2. doi:10.1177/0269881103174003. PMID 14870959. 
  8. ^ Healy D, Herxheimer A, Menkes DB (2006). “Antidepressants and violence: problems at the interface of medicine and law”. PLoS Med. 3 (9): e372. doi:10.1371/journal.pmed.0030372. PMC 1564177. PMID 16968128. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1564177. 
  9. ^ 厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 「アカシジア」平成22年3月
  10. ^ http://healthcenter.pterrywave.com/ADHD/Drugs.aspx
  11. ^ Lerner V, Bergman J, Statsenko N, Miodownik C (2004). “Vitamin B6 treatment in acute neuroleptic-induced akathisia: a randomized, double-blind, placebo-controlled study”. The Journal of clinical psychiatry 65 (11): 1550?4. doi:10.4088/JCP.v65n1118. PMID 15554771. 
  12. ^ [1] "N-acetyl cysteine as a glutathione precursor for schizophrenia--a double-blind, randomized, placebo-controlled trial."

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]