吐き気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吐き気(はきけ)とは、腹部上部に不快感を覚え、嘔吐したくなる症状を促す感覚である。嘔気(おうき)、悪心(おしん)ともいう。むかつきもこれに近い症状である。

原因[編集]

最も頻度の高い原因として自動車による乗り物酔いが挙げられる。胃腸炎[要出典]食中毒に付随して起こる場合も多い。妊娠つわり)や薬の副作用によって吐き気が起こることもある。

治療[編集]

吐き気を改善する為の薬として制吐薬があり、これらの薬はメトクロプラミドオンダンセトロンを含有する。

3205 - Milano, Duomo - Giorgio Bonola - Miracolo di Marco Spagnolo (1681) - Foto Giovanni Dall'Orto, 6-Dec-2007-cropped.jpg

他の用法[編集]

比喩的に、嫌悪感をも指して使う(例文:「あの人のやり方には吐き気がする」)。

関連項目[編集]