セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(-さいとりこみそがいやく、英語: Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors; SNRI[1])は、抗うつ薬の種類である。シナプスにおけるセロトニンノルアドレナリンの再吸収を阻害することで、これらの神経伝達物質の濃度を増加させる。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)がセロトニンのみの再吸収を阻害するのに対して、SNRIではさらにノルアドレナリンの再吸収を阻害することによって、興奮神経を刺激する。そのため、興奮に起因した不眠症のような副作用も生じやすい。

日本で販売されるミルナシプラン、デュロキセチン、ベンラファキシンの、精神障害での適応はうつ病である。いずれも薬事法における劇薬である。

日本うつ病学会のうつ病の診療ガイドラインは、有効性に関する様々な報告を併せて解釈すると、有効性と忍容性において、SSRI、SNRI、ミルタザピンを含む新しい抗うつ薬に優劣はつけられないとしている[2]。2013年には18歳未満で効果が確認できなかった海外での研究についての情報が、使用上の注意に記載されている。

薬剤[編集]

ノルアドレナリン神経におけるSNRIの作用機序。

一般名(商品名)という形式で列挙する。

  • ミルナシプラン(トレドミン)、適応はうつ病・うつ状態。
  • デュロキセチン(サインバルタ)、適応は、うつ病・うつ状態に加え、糖尿病性神経障害に伴う、あるいは線維筋痛症に伴う疼痛である。
  • ベンラファキシン(イフェクサー)、適応はうつ病・うつ状態。
海外

有効性[編集]

日本うつ病学会のうつ病の診療ガイドラインは、有効性に関する様々な報告を併せて解釈すると、有効性と忍容性において、SSRI、SNRI、ミルタザピンを含む新しい抗うつ薬に優劣はつけられないとしている[3]

2013年、日本の厚生労働省は、大うつ病性障害に対し、18歳未満に投与しても効果を確認できなかったとして、添付文書を改訂し医師に慎重な投与を求めるよう日本製薬団体連合会に要請した。対象は「トレドミン」「サインバルタ」、他はSSRIが4製品、NaSSAが2製品の計8製品である[4][5]

出典[編集]

  1. ^ 日本語における「ノルアドレナリン」(またはドイツ語の"Noradrenalin")と英語における"norepinephrine"(ノルエピネフリン)の名称の相違については、アドレナリン#エピネフリンという名称を参照のこと。
  2. ^ 日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン (Report) (2012 Ver.1 ed.). p. 28-30. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf. 
  3. ^ 日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン (Report) (2012 Ver.1 ed.). p. 28-30. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf. 
  4. ^ 18歳未満「効果確認できず」=抗うつ剤の注意改訂要請—厚労省」The Wall Street Journal 日本語版(時事通信社配信)2013年3月29日。
  5. ^ SSRIなど抗うつ薬6種類の「使用上の注意」改訂を要請」厚生労働省2013年3月29日。

関連項目[編集]