吉富薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉富薬品株式会社
Yoshitomiyakuhin Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 吉富
本社所在地 日本の旗 日本
541-8505
大阪府大阪市中央区道修町三丁目2番10号
(田辺三菱製薬株式会社 本社ビル内)
設立 2000年平成12年)4月1日
業種 医薬品卸売業
法人番号 6120001085717 ウィキデータを編集
事業内容 医療用医薬品のプロモーション販売会社
代表者 代表取締役社長 石川享
資本金 3億8500万円
純利益 13億3100万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 43億0800万円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 230名
決算期 3月31日
主要株主 田辺三菱製薬株式会社 100%
外部リンク 吉富薬品株式会社
テンプレートを表示

吉富薬品株式会社(よしとみやくひん、英文:Yoshitomiyakuhin Corporation)は、医療用医薬品のプロモーション販売会社及び田辺三菱製薬株式会社の100%子会社である。

会社概要[編集]

  • かつては、1940年昭和15年)8月1日に会社設立した武田薬品工業株式会社の100%関連会社「吉富製薬株式会社(よしとみせいやく)」より、「精神科医薬品事業本部」の流れを汲む大手製薬会社企業であった。
  • 1998年平成10年)4月1日からは、「株式会社ミドリ十字」との実質上救済合併など数々の変遷を経ているが、精神科の処方箋医薬品における「吉富」のネームバリューが強く、幾度かの合併・再編を経ても「吉富」の名は現在まで尚残っている。
  • なお、「旧:吉富製薬株式会社」は福岡県築上郡吉富町に事業所を置いていたが、この事業所は、数度の統合を経て、現在は「田辺三菱製薬株式会社 吉富事業所」及び「田辺三菱製薬工場株式会社 吉富工場」となっている[2]
  • 親会社である田辺三菱製薬株式会社以外で製造された薬品(特に精神科の薬)についても、「プロモーション提携」の形で販売等に携わっている商品がある。
  • また、ニプロ株式会社の子会社であるニプロESファーマ株式会社(2013年(平成25年)より「田辺製薬販売株式会社」が行ってきたが、2017年(平成29年)10月1日に商号変更)が販売するジェネリック医薬品のうち、精神科医薬品については、製品名に「ヨシトミ」が入るようになり、新薬同様にプロモーション提携も行われている。

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)
    • 4月1日 - 「ウェルファイド株式会社」(旧:吉富製薬株式会社)の精神科医薬品事業本部、「トミジェック吉富株式会社」、「株式会社エイパム」の3社を事業統合し、『吉富薬品株式会社』を会社設立。
  • 2001年(平成13年)
    • 10月1日 -
      • 21世紀が始まった三菱グループ系列の大手製薬会社企業「三菱東京製薬株式会社」と、存続会社である武田薬品工業株式会社の100%子会社「ウェルファイド株式会社」が企業合併して「三菱ウェルファーマ株式会社」に会社設立となり、同社の子会社となっていた。
      • 同時に当社が手がけていた一般科領域の後発品事業を「三菱ウェルファーマ株式会社」に移管し、精神科領域(抗精神病薬抗うつ薬睡眠薬など)のプロモーションに特化。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月1日 -
      • 業務部を「企画管理部」に改称変更。
      • 営業本部の各エリアを「北海道営業部、東北営業部、首都圏営業部、関東営業部、東海営業部、関西営業部、京北営業部、中四国営業部、九州営業部」に改称変更。
    • 10月1日 -
      • 営業本部内の「学術企画室」と「営業推進室」を「学術企画部」と「営業推進部」に名称変更。
  • 2007年(平成19年)
    • 10月1日 -
      • 1678年創業以来の存続会社であった老舗企業「田辺製薬株式会社(TANABE SEIYAKU CO., LTD.)」と、三菱ケミカルホールディングスグループ(三菱ケミカルHD)の100%子会社「三菱ウェルファーマ株式会社(Mitsubishi Pharma Corporation)」が企業合併して現在の大手製薬会社企業「田辺三菱製薬株式会社」に会社発足となり、同社の子会社となる。
      • 首都圏営業部」を分割して「東京第一営業部」と「東京第二営業部」、「神奈川営業部」を新設。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月1日 -
      • 「安全性情報室」を「安全性情報部」へ改称変更。
  • 2009年(平成21年)
    • 10月13日 -
      • 親会社である田辺三菱製薬株式会社の本社グループ移転に合わせ、当社の所在地も「田辺三菱製薬株式会社」の仮本社であった。「旧:田辺三菱製薬株式会社 淡路町ビル」に入居した本社を大阪府大阪市中央区淡路町二丁目5番6号から大阪府大阪市中央区北浜二丁目6番18号(淀屋橋スクエアビル)に新築移転。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月1日 -
      • 関西営業部」と「京北営業部」を事業統合し、『近畿・北陸営業部』に新設。
  • 2015年(平成27年)
    • 3月9日 -
      • 道修町に『田辺三菱製薬株式会社』の新本社ビル社屋が完成したことに伴い、当社の所在地も大阪府大阪市中央区北浜二丁目6番18号から大阪府大阪市中央区道修町三丁目2番10号(現在地)に移転。
    • 4月1日 -
      • 北海道営業部」と「東北営業部」が事業統合され、『東北・北海道営業部』を新設。
      • 「神奈川営業部」を廃止し、「関東営業部」及び「東京第二営業部」に再編する。
  • 2019年(平成31年/令和元年)
    • 4月1日 - 組織変更に伴い、安全性情報部と企画管理部を事業統合し「企画管理部」とする。学術企画部と営業推進部を事業統合し「営業推進部」とする。

事業所一覧[編集]

2019年(令和元年)12月1日時点
  • 本社
  • 営業本部
    • 〒541-8505 - 大阪府大阪市中央区道修町三丁目2番10号

営業部[編集]

  • 東北・北海道営業部
  • 関東営業部
  • 東京第一営業部
  • 東京第二営業部
  • 東海営業部
  • 近畿・北陸営業部
  • 中四国営業部
  • 九州営業部

営業所[編集]

  • 北海道第一営業所
  • 北海道第二営業所
  • 東北第一営業所
  • 東北第二営業所
  • 東京第一営業所
  • 東京第二営業所
  • 埼玉営業所
  • 神奈川営業所
  • 静岡営業所
  • 東海第一営業所
  • 東海第二営業所
  • 大阪第一営業所
  • 大阪第二営業所
  • 京都第一営業所
  • 京都第二営業所
  • 北陸営業所
  • 中国第一営業所
  • 中国第二営業所
  • 四国営業所
  • 福岡・沖縄営業所
  • 佐賀・長崎営業所
  • 熊本・大分営業所
  • 鹿児島・宮崎営業所

過去の事業所[編集]

  • 北海道営業部
  • 東北営業部
  • 神奈川営業部
  • 関西営業部
  • 京北営業部

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]