新日本大阪ジム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新日本大阪ボクシングジム(しんにほんおおさかジム)は、大阪府大阪市西成区に在る日本プロボクシング協会加盟ジム。ジム会長は鈴木太一。

概要[編集]

レフェリーとしても有名であった関西ボクシング界の重鎮・鈴木太一が、大阪新和ジム継承し新進ボクシングジムを開設。後に、新日本プロモーション(新日本木村ボクシングジム)からののれん分けの形で新日本大阪ボクシングジムとなる。最近では、2006年・2007・2010年度に西日本新人王を出している。

鈴木太一は、現役時代にオール拳ボクシングジム(現・オールボクシングジム)所属プロボクサーとして在籍していた。アマチュアの高校時代および大学時代の赤井英和が、在籍していたジムであり、当時から日本ランカーと激しいスパーリングをするなど練習を行っていた。亀田三兄弟の父でもある亀田史郎は当ジムでプロを目指し練習をしている時期があり、次男大毅も、1998年頃から、1年ほど練習生として在籍した後、練習生としてグリーンツダジムに移籍した。

以前は、同じ天下茶屋にグリーンツダがあったが現在は東成区深江南に移転した。ちなみに、グリーンツダボクシングクラブ先代会長津田博明は、ジム開設前に当ジムでトレーナーをしていた。

在籍選手[編集]

A級

C級

  • 藤木孝史
  • 東田恵介

歴代王者[編集]

過去の有名選手[編集]

所在地[編集]

  • 大阪府大阪市西成区天下茶屋1丁目

アクセス[編集]

関連項目[編集]