小宮浩信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小宮こみや 浩信ひろのぶ
生年月日 (1983-09-03) 1983年9月3日(40歳)
出身地 日本の旗 日本東京都練馬区
血液型 A型
身長 175cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 成城学園高等学校
出身 スクールJCA13期
コンビ名 三四郎
相方 相田周二
芸風 漫才(ツッコミ)
立ち位置
事務所 マセキ芸能社
活動時期 2005年 -
同期 ともしげ(モグライダー
ニッチェ
はんにゃ.など
現在の代表番組 アメトーーク!
有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?
ロンドンハーツ
水曜日のダウンタウン
ザ!世界仰天ニュース
カチコチTV
小宮のバチボコラジオなど
過去の代表番組 万年B組ヒムケン先生
浅草ベビ9
浅草うず九
ひねくれ3 など
配偶者 既婚
テンプレートを表示

小宮 浩信(こみや ひろのぶ、1983年9月3日 - )は、日本お笑いタレント漫才師。お笑いコンビ三四郎のツッコミ・ネタ作成担当。立ち位置は向かって左。相方は相田周二

人物[編集]

  • 東京都練馬区出身[1]。血液型A型、身長175cm、体重60kg。家族は祖母と父と妹(母は小宮が高校一年生の時に死去[2])。父は研究員、母は塾講師だった。[2]
  • 練馬区立中村小学校、成城学園中学校高等学校卒業[3]
  • 高校1年の時に母親が亡くなり、この影響から自身は「勉強しても人はいつか死ぬんだ」と思い、以後は勉強をまったくしなくなった[2]。その結果、留年となったが、小宮はこれに関して「周囲が皆『さん付け』で呼んでくれるし、特に恥ずかしくも無かった」と語っている。高校ではフィールドホッケー部に所属していた[3]
  • PS2ゲームソフト『ワールドサッカーウイニングイレブン8』の西東京地区大会で優勝した経験がある。
  • お笑いを始めようと思ったきっかけは、高校で留年して「どうせなら正反対の方に行ってやろう」という反骨心からだった。また、高校2年生の時の文化祭で漫才を披露した時に褒められたことや評判が良かったことも、お笑いの世界に進むきっかけとなっている[4]
  • 「であれ!」や「バチボコ」などの多数の決めゼリフを持っている。
  • お笑い好きの相田に感化されるように、バラエティ番組やお笑い番組を観るようになった[4]
  • 「黙って聞いとけ!」が「たまったヒートテック」に聞こえるなど滑舌が悪く、何を言っているのか分からずに聞き返されると、逆ギレする。
  • 衣装は、青色のジャケット、黒のズボン、斜めストライプのネクタイのスーツ姿が基本。初期はグレーのジャケットだった。
  • 目つきが悪いといわれるため、伊達眼鏡をかけていることが多い[5]
  • 言葉遣いが悪く、先輩の雨上がり決死隊にもタメ口で話すが[注 1]、雨上がりはこれを面白がり、さらには『アメトーーク!』などへの出演が増え、知名度と人気が一気に上昇した。2016年の年間でのドッキリ企画出演本数は13本にのぼり、2017年は18本で2位、2018年は本数が全タレント1位に輝いた。
  • 2022年2月26日(25日深夜)、レギュラー番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)のオープニングトーク内で、同年2月22日に結婚していたことを発表した。事務所の先輩やラジオのスタッフ等には事前に伝えていたが、相方の相田周二にはサプライズ的に発表するため、ラジオの放送当日の発表まで秘密にしていた[6]

評価[編集]

出演[編集]

小宮ピンでの出演を記載。コンビでの出演は三四郎 (お笑いコンビ)を参照。

現在の主な出演番組[編集]

バラエティ[編集]

過去の主な出演番組[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

吹き替え[編集]

  • サボタージュ(2014年) - トム・"パイロ"・ロバーツ〈マックス・マーティーニ〉役[14]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これは、過緊張で余裕がなくなるとそうなってしまう癖だという。
  2. ^ 主に三四郎でのコンビ揃っての出演が多い。
  3. ^ 小宮のみピンでの出演に加え、コンビでもMCでレギュラー出演している。

出典[編集]

  1. ^ 三四郎・小宮、としまえん閉園にショック「バイトもしていた」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2020年2月14日). 2020年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c “「ダウンタウンは品のかけらもない」三四郎・小宮の暴言に松本もツッコミ 高校留年の真相も明かす”. リアルライブ (株式会社アンカード). (2020年3月23日). https://npn.co.jp/article/detail/200002439 2021年1月8日閲覧。 
  3. ^ a b 三四郎・小宮、母校の成城学園へ! 在校生から思わぬ一言”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2019年4月26日). 2020年12月20日閲覧。
  4. ^ a b 日経エンタテインメント!日経BP社)2014年7月号 107ページ『今月のコンテンツガイド』より。
  5. ^ “目に「奇病」を患った「三四郎・小宮」実は伊達メガネだった”. Smart FLASH (光文社). (2019年1月15日). https://smart-flash.jp/entame/60078/ 2021年1月8日閲覧。 
  6. ^ “三四郎・小宮浩信、ラジオ『ANN0』で結婚発表 相田周二は驚き「すごい日だ!」”. ORICON NEWS (オリコン). (2022年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2225963/full/ 2022年2月26日閲覧。 
  7. ^ “天才だと思われている芸人…「無意識でみんな今使ってる」三四郎・小宮が絶賛される理由!”. COCONUTS. (2021年3月26日). https://coconutsjapan.com/entertainment/sanshiro-komiya-ariyoshihiroiki/56385/amp/ 2022年2月15日閲覧。 
  8. ^ “三四郎小宮、徐々にアンガールズ田中に近づいていく…”. COCONUTS. (2021年6月13日). https://coconutsjapan.com/entertainment/komiyahironobu-tanakatakushi/61973/ 2022年2月15日閲覧。 
  9. ^ 【芸人ウケ抜群!】さらば青春の光・森田が凄いと思う芸人TOP3を初告白!!独自の着眼点で芸人たちを大考察!! (YouTube配信). 8 December 2021. 2022年2月15日閲覧
  10. ^ “[https://www.tbs.co.jp/program/owaraishanikusai_20161009.html 『オールスター感謝祭'16秋』の翌日は・・・ 石橋貴明&タカトシ&芸人40名が出演! カラダを張ったクイズバトルに挑む!]” (2016年10月9日). 2022年2月15日閲覧。
  11. ^ “バナナマン日村が若者と向き合う「ヒムケン先生」小峠、小宮も先生として出演”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年4月21日). https://natalie.mu/owarai/news/184479 2020年12月12日閲覧。 
  12. ^ 「ドラゴン桜」三四郎・小宮も相田に続きサプライズ登場!高橋海人の先輩役 コンビ初の同一ドラマ出演 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2021年5月16日閲覧。
  13. ^ “『家政夫のミタゾノ』黒木瞳、Travis Japan松倉海斗、山本舞香らゲスト“56人”一挙公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年8月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2292175/full/ 2023年8月25日閲覧。 
  14. ^ “高田延彦&三四郎・小宮浩信、シュワ最新作「サボタージュ」アフレコで大興奮”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2014年9月30日). https://eiga.com/news/20140930/16/ 2020年12月12日閲覧。 
  15. ^ “三四郎・小宮、『AKB48のオールナイトニッポン』に再び出演決定”. マイナビニュース. (2018年6月6日). https://news.mynavi.jp/article/20180606-642747/ 2022年2月15日閲覧。 

外部リンク[編集]