梅丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 梅丘
梅丘
梅ヶ丘駅北口
梅丘の位置(東京23区内)
梅丘
梅丘
梅丘の位置
北緯35度39分20.15秒 東経139度39分12.88秒 / 北緯35.6555972度 東経139.6535778度 / 35.6555972; 139.6535778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 北沢地域
面積
 • 合計 0.493km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 8,878人
 • 密度 18,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
154-0022[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

梅丘(うめがおか)は、東京都世田谷区町名。現行行政地名は梅丘一丁目から梅丘三丁目。郵便番号154-0022[2]

地理[編集]

世田谷区の中央部付近に位置し、北沢地域に属する。北で松原、東で代田、南に若林世田谷、西で豪徳寺と接する。地形的には、北に北沢川、南に烏山川に挟まれる形であるが、平坦な部分がほとんどを占める。

梅ヶ丘駅は、地域の北部に位置する。幹線道路は、梅丘通りの終点付近が通る。梅ヶ丘駅周辺の近隣商業地の他は住宅地が多い。

地価[編集]

住宅地の地価は、2016年平成28年)の公示地価によれば、梅丘2-15-4の地点で69万7,000円/m2となっている。[4][5]

歴史[編集]

元々、荏原郡世田ヶ谷村の一部及び松原村飛地の一部で、東京市、世田谷区への編入等を経て現在の形となった。現在も二、三丁目は、世田谷、若林との結びつきが強い。

地名の由来[編集]

梅ヶ丘の名の由来ははっきりしない。元々駅名を付けるときにできた名称で地名はそこからきたものであり、附近の土地の所有者が梅鉢を家紋にしていたことに由来するとされている。しかし、近くに古墳があり「埋めヶ丘」と呼ばれていた事を基にし、「埋め」を「梅」にかえ「梅ヶ丘」としたとする説もある。また、近くにある羽根木公園は梅林で有名だが、これも駅名・地名にちなんで後から植えられたものである。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
梅丘一丁目 2,360世帯 3,959人
梅丘二丁目 1,705世帯 3,405人
梅丘三丁目 752世帯 1,514人
4,817世帯 8,878人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
梅丘一丁目 1~34番
51~54番
60~62番
世田谷区立山崎小学校 世田谷区立世田谷中学校
その他 世田谷区立城山小学校
梅丘二丁目 1~6番
8番
21~27番
その他 世田谷区立山崎小学校
梅丘三丁目 全域

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 梅ヶ丘駅の地価・土地相場・坪単価 - 土地価格
  6. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]